2010年、バンクーバーに移住してまずこの街の中華料理の質に感激。さらに今までほとんど知らなかった世界「地域別の中国の料理」が体験できることにも気がついた。地域別の中華っていったいどんな料理があるんだ?調べれば調べるほど深みにはまっていく。多すぎ・・・。
ということで、調べつつ、実際に食べに行きつつ、ゆっくり学んでいくことに。ただし中国系住民約20%の街とはいえやはり中国から遠く離れた海の果て、「本場と同じ味」は期待しませんが。
昔々第2外国語で習った中国語(つまりほとんど基礎にもならない)を元に、メニューを読むための中国語も少しずつ学び始めました。そしていつかは中国長期食めぐり旅行がしたい。

ベトナム料理、韓国料理も行きます。日本料理?特に興味ないのよ。お上品すぎてパンチがないし、生の魚ってのが苦手で。
外食は週2くらい、しかも夫も私も小食なのでほんとにゆっくり少しづつしか進まないのが悩みの種です。

After I moved in Vancouver(2010), I was impressed from the quality of Chinese food in this city. And I realized that I can experience the world of "Chinese regional cuisine" that I knew very little about. What's Chinese regional cuisine actually? The more I search, the more I sink in the depth.Too much...
so I decided to learn slowly while I go and try the dish.
Of course, even though 20% of the population is the Chinese in this city, it's far away from china. So I don't expect them to be all "authentic".
I learned Mandarin far in the past as a general education subject (means doesn't be not even a base). Now I started to learn Mandarin to read menu. Someday, I have to travel all over China and eat their local foods all around!

I also go to Vietnamese restaurants and Korean. Japanese? Well, I'm not so interested in it because for me it tastes too delicate and has no "kick". And, also because I don't like raw fish!!
We dine out only about twice a week and the problem is that me and my husband don't eat so much so it doesn't progress very fast.

2011年02月20日

El Pulgarcito


前日のタコスでいまいち腑に落ちなかった、&メキシカンの勢い(?)が付いた私たちは、以前から気になっていたちょっと入りにくい雰囲気の近所のメキシカンに思い切って行ってみた。

El Pulgarcito

内装は実に飾り気がなく「ボロ食堂」と言う言葉がぴったり。お客はほかに1カップル、スペイン語を話している。うーん私はこういうの大好きだ。熱帯の国を旅行しているような気分になる。
まあこの常連だけっぽい雰囲気が入りにくかったんだろうな。

ところでこの店は「メキシコ料理とエルサルバドル料理」とうたっている。ということはエルサルバドル人が調理してるんだろうな。メキシコ料理は良くメキシコ以外のラテンアメリカ人がやっているとどこかで読んだ。
ここでもメニューを見ても何もわからない(メキシコに行ったことあってもだいぶ昔なので料理名は全部忘れたという夫は当てにならない)。
そんなわたしたちが助かることに、日替わり特価メニューがあって、日曜日はtostadaとあるのでよくわからんがこれに決めた。その下にはたしかおすすめエルサルバドル料理とか書いてあってpupusaのcurtido添え、pupusaはトウモロコシ粉の生地に肉とチーズと何たらかんたらが詰めてあって、curtidoはキャベツをわずかに発酵させたピクルスで・・・もうこれでいいです!なんか中身の選択肢があって、たしか「肉と豆」ってのを選んだような気が・・・。

pupusa

pupusa.jpgpupusa2.jpg

tostada

tostada.jpg

おおー!tostada、うまそうだー!!pupusa地味だ! ということで地味なほうから・・・。
おいしいけど、中身も地味に豆・・・。豆ペースト(ピューレ?)の味だけで、肉やチーズはいったいいずこ・・・。うーん、豆ペーストにとうもろこし粉ねぇ、好みによるけど、ちょっとホクホク感が過剰かも。私はあまり豆の大ファンではないので、公正な感想は出てこない。皮はトウモロコシと言ってもあまりそんな味はしなく、普通におやきみたいな感じ。
curtidoはあっさりしてマイルドな酸っぱさで、きつい味の酢漬けが苦手な私もおいしく食べれた。とはいえ味はふつーにキャベツで、特にすごいものではない。

そしてtostada。これはもう見た瞬間から脳内モルヒネが漏れてくる。こういう、ぐちゃっと肉と野菜がのってソースまでかかったうまい食べ物を食べると私の脳は脳内モルヒネが働いてとろけてしまう。他にはピビンパ、ドネルケバブがライスの上にのったものなど。
しかしtostada、ようは平たいタコスなのかなとふと思った。
皮はぱりっと硬いトウモロコシ粉の生地。これぞトウモロコシ!という香ばしい風味がする。食べにくくてかぶりつくと鼻の頭にべちゃっと付いてしまうのだがもう脳内モルヒネが出ているのでかまってられない。レタスの下に肉があって何が入ってるのか良くわからなかったけど堪能させてもらった。このトウモロコシの香りが私がタコスに求めていたものだ!

pupusaとtostada、それぞれ一皿約5ドルちょいだった。なるほどtostadaは確かにお値打ちだ。

ところで夫はtostadaの肉が(調理されてからが)古くて、胃にもたれたと言ってたけど・・・。私は何も感じなかった。まあ気にしないで今後も行きたいと思うが、夫は嫌がるかも。

Because I was not convinced about the tacos I had, I decided to go to another Mexican in neighborhood that we have noticed but had been feeling hesitation to go in.

The ambience is no-frill. It reminds me a diner or coffee shop in tropical countries, which I like. The restaurant declares that they serve Mexican and Salvadoran. So I guess they are Salvadoran.
But I didn't have any idea what to pick on the menu. Not even my husband who has been to Mexico but forgot everything because was long time ago.

Thankfully, there was a "daily special" on the menu, says that Sundays special is "Tostada". We still didn't know anything, but decided to get it. Under the daily special, there says "Salvadoran speciality" pupusa (made from corn and stuffed with beans and cheese)with curtido(slightly fermented cabbage) on the side.

Wow! tostada looks gorgeous! Pupusa looks....sober! So I would start from the sober one.
Well, it looks sober and tastes sober. Tastes of beans which is I'm not a big fan of. So I cannot say something very fair but cornmeal and beans combination makes dry and mushy bite....The taste didn't have corn flavor at all.
Curtido was like very mild sauerkraut. I liked it.

Then, tostada. This kind of food makes my brain produce endorphin, this kind like pibimbap, kebab on the rice and all those which is mixed of everything and topped with sauce.
I got impression that tostada is sort of tacos.
The shell was crispy hard and had wonderful corn flavor.This is what I was expecting for tacos!

These were about $5 each dish. I felt tostada had excellent value.

My husband felt tostada's meat was old and heavy on the stomach but I didn't feel anything..... Would he agree if I say we eat again there? Well, I'll try.
【関連する記事】
posted by バンクーバー三昧 at 11:47| Comment(35) | TrackBack(0) | その他、エスニック等 others, ethenic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

タコスTacos at La Taqueria Taco Shop


La Taqueria Taco Shop


レビューサイトでタコスで探すと必ずここの名前が挙がる。評価が高い店だ。
タコス4つで10ドル。好きなものを選べるのだが、わからないので「それぞれ違うのを4つ」と言って選んでもらった。

taqueria.JPG

すみません、何が何か覚えてません。牛肉と豚肉とヤギと・・・タンもあったっけなぁ・・・。左奥のはパイナップル入り、左手前は赤たまねぎの酢漬けのせ。セルフでソースをかける。ソースはワカモレとチポトル、ハラペーニョ。
メキシコ料理もまったくの初心者なので評価はできない。しかしなんか違和感を感じた。それぞれの具がすべて完成された料理でありこれはこれでこの店の特製なんだろうけど・・・ちょっとソースをかけまくって味をわからなくするのがもったいないような、味が濃く肉気のある具なのでパンかご飯で食べたいような・・・(だからトルティーヤ2枚重ねなのか)。
夫に言うと、案の定、メキシコの屋台で売っているやつはもっと単純な料理を具にするということだ。

もうひとつ、私の中のメキシコ料理としてのイメージと違うところがあった。その話は次に続く。

I don't know anything about Mexican food but... I felt in this taco shop, each fillings itselves are like very completed main courses. I felt a bit "mottainai", it's a Japanese word to say "feeling sin to don't use up" ( there's more detail on wikipedia. ) In this case, I mean like "it's too good to add so many sauces". Well...sauces are self service so I can even avoid but...It's another "mottainai"!
I talked this doubt to my husband, and he confirmed that the taco vendors on the streets in Mexico use less seasoned meat so you add tastes with sauces.

Each tacos had double tortilla. I think it's to don't waste the thick taste of meat. They know what customers want.
There was another thing that I felt something missing from what I was imaging as Mexican food. Continues to next post....
posted by バンクーバー三昧 at 11:15| Comment(23) | TrackBack(0) | その他、エスニック等 others, ethenic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

糯米鶏Lou mai kai at Kam wai dim sum


Kam wai dim sum

連日チャイナタウンに行く合間に食べたもの。ちょっとしたスナックを、と思って以前から調べていた点心屋を訪ねた。ここは以前とても安く食べれる飲茶レストランで、いつも行きたいと思っていたのだが、とうとう行く前にレストランは閉じられてしまって、冷凍庫で冷凍点心を売る横でわずかな種類の暖かい蒸し点心を売る店と言う形に縮小されてしまった。その情報はレビューサイトで得ていたので軽く食べれるスナックのつもりで行った。

なるほど店はカフェテリア形式になってレジで保温器の中の蒸し物を取ってもらってお金を払ってから自分でテーブルに運ぶ。お茶も水も出ない。うーん、店にとっては非常に楽だ。レストラン経営に疲れてしまったのだろうか(笑)、つい1年前まで同じ身の上だったのでいろいろ勘ぐる夫。ガラスの保温器には蒸し餃子、シュウマイ、ブタマン類が並べられている、その下に糯米鶏/ローマイカイ(蓮の葉で糯米と鶏を包んで蒸したもの)を見つけてあ、これ食べた事ないや、と即決。夫はシュウマイ(どうせシェアするけど)。

kam-wai loumaikai.jpg

でかい。これでなんと2.5ドル(210円くらい)(税別だったっけ?)である。
シュウマイは4個で2ドル。
kam-wai suimai.jpg

私たちはもちろんおなかいっぱいになった。多分若い人でも一人で糯米鶏ひとつは食べられないんじゃないか、もち米はお腹にたまるから。もしかしてこれは私たちがバンクーバーで食べた中でもっとも、量に対して価格の安い外食の中のひとつ!?味も合格である。
しかしやはり安いだけあって糯米鶏の具は鶏肉の小さなかけらひとつと中華ソーセージのかけら、かろうじてひき肉がまあまあ大目に入ってるだけ。シュウマイも作りおきして長く置いていたのだろうか、皮がすぐはがれてきた。それにしても味は十分おいしい。

同じく安食堂でも栄養バランス(ちょっとカロリーオーバーだけど)を考えると同じチャイナタウンのKent's kitchenのオカズ2種類+チャウメンのほうがよい。(5ドルで2食分はある)

でも点心は点心、飲茶でなくてもちょっと蒸し点心を(フトコロをまったく傷めず)つまみたいってときにお勧めです。
バンクーバーではわざわざ中華街まで行かないと食べれないものなんてないけど、安い食事はもっと発掘できそうかも。

Kam wai dim sum used to be a popular cheap yum cha restaurant. I've never been here when they were a restaurant and always wanted to. And once I thought to come...too late! Now it became a frozen dim sum shop with a cafeteria that you can buy some already steamed hot dim sum and eat-in. Thank to one reviewer's post on restaurants review site, I found this information before I go with an expectation.

So I went there to just pick some snacks while we were in Chinatown.
I never had lo mai kai before so as soon as I found, I went for it. My husband chose siu mai. But anyway, we share.
This is big for $2.5! So big that we got full with this and siumai because glutinous rice makes you feel stuffed. 4 siu mai was $2. Well, as the cheapness, in the lou mai kai there was only one little piece of chicken, one little piece of Chinese sausage and so-so amount of minced meat. The siu mai skin was almost falling off because it could be already cooked long time ago. But the taste was good enough!

For equal cheapness, I prefer the balanced nutrition food( with a bit of over-calorie) in Kent's kitchen in same Chinatown. It offers 2 types of food and chow mein for $5, big portion of almost for 2 person.

But when you want to pick some little dim sum quickly, without service and without hurting your wallet, I would recommend this Kam wai. I feel that in Chinatown, there could be more cheap foods if I dig out.
posted by バンクーバー三昧 at 09:56| Comment(72) | TrackBack(0) | 飲茶 Yam cha | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

春節Chinese new year


バンクーバーでは中華街で春節のパレードが毎年行われるが、正確な旧暦の元旦があった次の日曜日にすることになっているらしい。さすがに旧正月は公共の祝日にはならないか(笑)いまのところ。
パレードの2日前から中華街のショッピングセンターInternational Villegeではステージが設けられ、さまざまな出し物が催される。というわけで3日間ちょっとずつのぞいてきた。出し物はタップダンスとかモダンダンスとか関係ないもの多数あったためアジアっぽいものに絞って行った。

1日目Chinese Dance by Senior Chinese Society of Vancouver
dance1.jpg

dance3.jpg

dance2.jpg

dance4.jpg

dance5.jpg

2日目Chinese Instrumental Performance by Yang Ling Chinese Music School

biwa.jpg

koto.jpg

3日目Thai dance by Vancouver Thai Dance Club

thai dance.jpg

thai dance2.jpg

この後太極拳があったけど夫が飽きてきたのでパス。(子供みたいだな)
中国のダンスはたくさんのバージョンと衣装が見れてよかった。素人目にも習い事の先生と生徒さんだなというのがわかってしまう。楽器もお琴で結構ダイナミックな演奏をしてたお嬢さん一人を除いて生徒さんというかんじだった。

そしてパレード。なんか想像では大きい獅子が一匹練り歩くだけって思ってたけどなんと長い長いパレードだった。バンクーバー警察とか政治団体とか全然関係ないやん!ってグループがたくさん混ざってるからだった。その合間に華僑会とか越僑会とかもでてきて、合間合間に小さめの獅子がたくさんうろうろしてた。ずっと見てたわけでなく出し物を見に行ってたりしたので大きい獅子はもしかして見逃したのか?

parade.jpg
posted by バンクーバー三昧 at 15:29| Comment(8) | TrackBack(0) | イベント・レジャー Events, leisures... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

湯圓Tangyuan at Crystal mall food court


水煮魚を食べた後の私は全身が甘いものを欲していた。思えばタイ料理や韓国料理、北インド料理など私が好きな「辛い料理」には糖分がたくさん使われている。水煮魚が食べにくかったのも甘みがなかったからかも。逆に言うと糖分を使った料理は甘みで辛味が緩和されるので私でも食べれるのかもしれない。

メトロタウンというエリアにいてクリスタルモールに近かったので、前から気になっていたクリスタルモールのフードコートの中国デザート屋で湯圓(白玉団子のシロップ入り)を食べることにした。
実はSzechuan houseのメニューに醪糟圓子(甘酒に入った白玉?)があるのを見つけて惹かれたのだがなんせおなかいっぱいだし7ドルもするのでまた大量に来るに決まってるので断念。クリスタルモールまで歩いていってさらにぶらぶらして何とかおなかを減らしてやっとありついた。

湯圓だって初めてである。店のメニューはほかに豆腐花や甘い白きくらげ・・・ああなんと食べたことのないものが多いのか、あれもこれも食べなきゃと思ってるともどかしい。カキ氷もある。夏にでも食べてみよう。

tangyuan.jpg

シロップは生姜が効いている。黒ゴマの餡が香しい。しかしもうちょっと甘さ控えめだともっとうれしいんだけど。
たしか2.7ドル(230円くらい)。7分待ってくれと言われ、7分後きっかりに出てきた。使い捨て容器に入ってて、大きい団子が4つと、餡の入ってない小さな白玉がたくさん沈んでいた。これも食べ切れなくて持ち帰り。
店の名前は控え忘れた。場所はフードコートの一番奥、小龍包で有名なWang's Shanghai Cuisineの向かい。

After I ate Szechuan boiled fish, whole my body wanted something sweet. I noticed that spicy food I like, like Thai, Korean, North Indian cuisine, contain a lot of suger. Maybe this suger makes me eat chilli hot dish with pleasure and Szechuan boiled fish didn't.

So I went for Crystal mall's Chinese dessert stall in food court. I knew what I want. Tangyuan,汤圆 glutinous rice ball in hot syrop that I noticed last time.
I found 醪糟圓子, glutinous rice ball in sweet rice wine, in Szechuan house restaurant menu but it's $7, I was sure that it's gonna come again the big portion, and we were already full. So we went to the Crystal Mall, walk around the mall and got ready to eat.

Even tangyuan for me is first time. They have other things like tofu pudding, white fungus...and more. Ah!... How many things I never ate! I mean, how many things I want to try in this world. Anyway, there's also shaved ice which I wanna try in summer.

The syrop had nice strong ginger flavor. Filling had fragrant black sesame paste. But for my preference, it should be less sweet.
Was about $2.7. They said to wait 7 minutes and came up exactly after 7 minutes. In the small disposable bowl, there were 4 balls with filling and many tiny balls without filling. Even this, we couldn't finish so took back.
I forgot stall's name but it's in the right end of the food court, across the famous "Wang's Shanghai Cuisine".

2011年02月09日

参考サイト The sites I refer



レストランを決めるに当たって参考にしているサイトをご紹介します。

Urbanspoon
レビューサイト。他にもいくつかあるけど、なんとなくこれが見やすい。サクラ投稿対策とかもちゃんと管理されている様子。

HSBC Chinese Restaurant Awards 
(英語)
銀行が主催する賞。バンクーバー都市圏内の中華料理だけが対象だけど、中華料理の中でカテゴリーがいろいろ分かれているんです。まあ広東料理が中心だけど。店に与えられる賞と、それぞれの料理に与えられる賞がある。
店は「北方・上海部門(たぶんここで言う北方は広東以北の中国)」、「広東飲茶部門」、「高級料理店部門」、他にカジュアル、火鍋、茶餐廳、麺粥店、ベーカリー、チャーシュー店などのカテゴリーに分かれている。
料理はスープ、前菜、牛肉、豚肉、鶏肉、アヒル、ハト、エビ、ロブスター、麺、粥、フードコート部門・・・などなど。
つまり参考にする賞がとても多く、いろいろ行く楽しみがある。(もちろんダブって賞を取っている店も多いけど。) しかも大半がお手ごろな価格で食べれる庶民的な店の庶民的な料理である。
2011年の料理賞
2011年のレストラン賞

Chowtimes
(英語)
間違いなくバンクーバー食べ歩きブログの第一人者。すばらしい。夫婦で、いつもいつも行ったことのないレストランにばかり行って、事細かに感想を書いているブログです。考えてみれば、私の代わりに自腹で先にレストランに行ってくれて、一眼レフできれいに写真とって、詳細を報告してくれるんですよ。なんてありがたい・・・。(有名なサイトなのでいくつものレストランから無料招待の誘いがあるのに、公平でありたいために断っているそうなんです。)レストランの数もものすごい。バイブルです。勉強になります。
行く店はたいていこのサイトで決めます。なので私のブログで紹介した店はすべて載ってますし、これから上げる店も同じことでしょう。

Absolutely best of Vancouver's food blog. Really excellent! One couple goes to eat always in defferent restaurants and reports every single deteils. For free! I wonder how can they sacrefice their life to spend their money and time to try the restaurants you are thinking to go, take wonderful photo with SLR, and report for you! They have so many restaurants filed. For me it's like bible. They are very careful and have a big knowlegde about food.

Mostly I decide restaurants I want to go on this blog. So every restaurant I report on my blog is already there. And I guess as well the future report.

吃尽天下@広州

広州に在住ながら中国全土を食べ歩かれている方のブログです。(日本の食べ・飲み歩き情報も別ブログでされています)
もっともっと中華料理の種類を知りたい、名前を覚えたい、写真を見たい、と思いながら参照した日本語サイトは数知れないけど、こちらのブログが一番・・・インパクトがあり、詳しく、多岐にわたり、写真も多く、表現が面白く、日本で知られていないものがよく取り上げられてて、しかも簡体字とピンインで名前も付けてくれてる!
それだけではなくこちらの夫婦、非常に食に探求的で、食べたことないもの、日本では食用と考えられないものにも果敢に挑戦しています。すごいと思うのはご本人たちの意識ではけして「果敢に挑戦」しているわけではなく、偏見なくおいしいと噂のものを食べているだけであり、本当においしかったら何度も食べてらっしゃる。一度「挑戦」して「食べたぞ!」と得意げになっている人はありがちだけど、そういうのとは一線を画してます。食べ物を差別しないんですね。そして自然体でありながら積極的。それはなんというかもうタオイズムの領域でしょう。しかも奥さんまで同じだからすごい・・・。
実はうちの夫も何でも食べる部類です。でもアジアの旅行経験が少ないので経験値では及びませんし、中国に放ってみたところではたして酒徒さんの境地までたどり着くかどうか・・・。
私ももっと勇気を出して真似したいけど・・・勘弁してほしい食べ物もあります(笑)。

(Japanese site)
This couple is unbelievable! They live in Guangdong but travel many areas in China, and try EVERYTHING. They eat really everything and have no prejudice. Provides photo, Chinese name and pin yin.

バンクーバー日記 〜雨ときどき晴れ〜
バンクーバー在住の女性です。食べ物が中心のブログではないのに、レストラン情報が充実してて、かなりの食通な方だとお見受けします。なかでも「中華、飲茶」カテゴリーはとてもとても参考にさせていただいてます。実際にこのブログで知って行ったお店もあります。それにちらちらと書かれる食事情に関しての豆知識がなるほどなぁ〜と感心させてくれます。

タムタムの世界の中華料理情報
コンテンツのひとつ「中華料理メニューガイド」だけでもすごい情報量。四大料理に加え南方系は細かく分かれています。料理の中国語名、写真、説明があって図鑑のようになっています。英語がついてるのがありがたい。
posted by バンクーバー三昧 at 15:21| Comment(11) | TrackBack(0) | はじめに to begin | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

Szechuan boiled fish

(長くなったので日本語・英語に分けました。日本語バージョンはすぐ前の日記です)

Szechuan house restaurant in Burnaby

(For the picture, please see the report below this one.)

We tried "Szechuan boiled fish" for the first time. In the restaurant we went for the first time.
Hmm...I don't know what to say.
I couldn't enjoy it.
Is it because of restaurant food quality? Or problem of my tolerance to chili? Or to Szechuanese peppercorn? Is it trainable?

I'm not familiar with Szechuan cuisine.
I'm not even so tolerant to chili. Yes I can eat chili hot food, but not too much. I couldn't eat some dish in the past. For example, som tum in Isaan, samosa in north India.( but I was finishing most of the dishes I order in these countries)
My husband is a kind of person that bites whole fresh chili pepper.

This was not completely the first time I had real szechuan dish. In Shanghai we went for Szechuan hotpot. It was spicy from red chili and szechuan peppercorn. And oil!! There was thick layer of oil. I gave up and ate only from white part of "dual pot". My husband is much more chili person, but couldn't stand that much oil. So he scooped out and it filled up a grass and there was still more.
I did not enjoy that time too.
Also we experienced the muddy taste of the river fish in Shanghai. We couldn't like it.

Were we too optimistic that we tried authentic Szechuan boiled fish after this experience?
Chili's spiciness, peppercorn's anesthetic, amount of oil, fish's muddy taste and portion in the bucket-like bowl...all of them are what we experienced and puzzled in China.
Of course fish muddy taste was not much like in Shanghai and even the chili and peppercorn's amount could have been reduced since they have seen us "foreigner".
But for us, was a big hurdle.

Add to that, the fish was salty and it had particular texture. On the other hand, soy sprout was bland. We didn't know if we liked all those factors.
I was eating rice with a little bit of fish to get full, but after a bit I had enough. My husband as well. He can eat chili, but not so much used to Szechuan peppercorn. A level that adding the powder a bit to the Mapo tofu, not as a MAIN ingredient like this LOL!

But is it only our problem?
My husband said the fish is frozen, doesn't have depth in the taste. So could be the restaurant's problem too.
In addition, the toilet was dirty and messy, as well the kitchen we glanced partially. We haven't got very good impression from the restaurant.

Anyway, we are too "unmatured" to judge the Szechuan dish so quickly.

At this point, I started to think...how can I evaluate "authentic" cuisine while I have no experience about that cuisine before? We don't understand anything. And we are even in the country far away from. Could be nonsense?
Well...isn't it better to begin with general, popular, even "Cantonized" restaurants than going to authentic "hidden gems" that experts recommend?
Also it's important to try all the dish in one Cantonese restaurant. Whatever, we are just at the entrance.

So, we couldn't finish the dish and took away home (of course scooped only fish and sprouts from oil LOL). I enjoyed a bit better when it got cold at home because hotness got milder.
about $23 Incl. tax, one dish and one portion of rice.
We feel bad that we couldn't try more dishes.

The problem is, I liked their menu very much. As you can see on the review site, the menu has many things unusual. I want to try more. But I have just said that I have to go for more general restaurants, so I would say "someday".
posted by バンクーバー三昧 at 12:11| Comment(659) | TrackBack(0) | 四川系 Sichuan and around | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

四川水煮魚に初挑戦 at Szechuan house


Szechuan house restaurant in Burnaby

初めて「水煮魚」を食べた。店も初めての店だ。オーセンティックな四川料理を出すと定評のある小さな家庭的な店である。
ううむ・・・何と言えばいいか・・・。
結論から言うとあまり楽しめなかった。店の腕のせいか、私の唐辛子への耐性か、それとも花椒への耐性か、それは鍛えられるものなのかそれとも相性か・・・。

そもそも四川料理に親しみがあるわけではない。
まず私は唐辛子にそれほど強いわけではない。日本人にしてはそれなりに食べるが、まったく平気と言うわけには行かない。とても食べられなかったものではイサーンで食べたソムタム、インドのサモサで1度づつ経験がある。
夫は生唐辛子をかじって食べる人間だから辛さは平気だ。

四川料理がまったく初めてなわけではない。上海で食べた火鍋の、二つに分けられたうちの赤い汁、あれが四川風だったに違いない。辛さにすぐにギブアップして、白いほうばかり食べた。さらに油の量!分厚い油の層が張っていて、辛味は平気でも油は気に入らない夫は油をくみ出していたが、コップ1杯使っても収まらなかった。このときも正直言って楽しんだとはいえない。

上海では魚の泥臭さにも閉口した。どんなに生姜と香菜を積んでも口に残る泥臭さ。私たち二人ともどうがんばっても泥臭さのよさを理解できないという結論に達した。
これらを踏まえながらあえて水煮魚に挑戦した私たちは甘かったのか。

boiled fish1.jpg

boiled fish2.jpg

唐辛子の辛さ、花椒のしびれ、魚の泥臭さ、洗面器大の鉢いっぱいの量、どこまで続いているのか見えないほどの油。すべてが中国で経験した戸惑いの再現だった。もちろん魚の泥臭さは上海と比べそれこそ雲泥の差で控えめだったし、多分唐辛子も花椒も外国人と見て手加減されていることだろう。
それでもハードルが高かった。
それらに加えて魚の塩辛さ、そして大豆もやしの味のなさと極端な噛み応え。
魚を少しとご飯のほうばかり食べておなかいっぱいにしたが正直途中でいやになった。

夫のほうも唐辛子は食べれても大量の花椒は慣れていない。麻婆豆腐に粉をぱらぱらかけて香りを楽しんでいた程度なのだ。
しかしこれは私たちの問題だけなのか?
夫はまず魚は冷凍だと判断した。味に深みがないとも言った。店側の問題もあるのではないかと。
ちなみにこの店は外観はいいのだが中は大変貧相な感じだ。しかも日曜の昼時に客はまばら。トイレに行った夫がこっそり「トイレは汚いしきちんとしてない。厨房もチラッと見えるけど同じ感じだ」と言った。厨房をきちんとしない店は味もいい加減だとは言うけれど・・・。

とにかく早急に判断するには私たちは四川料理に対して未経験すぎる。

ここで思ったんだが、ここがオーセンティックだあそこはオーセンティックではないと言ってレビューをチェックする私、本場のものを食べたこともないのにオーセンティックなものを追い求めていったい意味があるのか?外国にいる以上はまず偽者を知り、そして人が本物だと言っているほうを試して初めてああこれが本物かとわかるものではないのだろうか。
四川料理だけでなく、上海で1週間ほど過ごしたからって上海料理なんてさらっと触れただけだし、タイだって2ヶ月ほど旅行したがタイ料理の何がわかったわけでもない。
そして所詮は現地からかけ離れているのだからいくら「オーセンティック」であっても「本物」ではない。

私たちより通な人たちがオーセンティックだと噂する穴場を訪ねるより、まずは広東ナイズされた一般的なポピュラーな店に行ってみるべきか。
それにひとつの広東料理のレストランですべての料理を食べてみるというのも理解を深める上で重要だろう。まだまだ私たちは入り口に立ったばかりである。

というわけで半分ぐらい残して持ち帰りした(もちろん魚ともやしだけすくって)。ちなみに冷めたら辛味がマシになるため家では割と食べれた。
結局この1品しか食べられなかった。水煮魚とご飯一人分、税込み約C$23。小食で二人だけだから仕方ないけど初めていくレストランで1品しか食べずに帰るというのはなかなか悔しいものだ。

さらに困ったことにこのレストラン、メニューがとても興味深い。(リンク先のレビューサイトでメニューが見れます。)
ほかではないようなレアな四川料理(と見られる珍しい料理)が並んでいる。店の印象は消して良くなかったにかかわらずこれらを全部試してみたいのだが・・・・。まずは一般的な店からと言ったばかりなので、「そのうち」ということにしておこう。
posted by バンクーバー三昧 at 16:18| Comment(740) | TrackBack(0) | 四川系 Sichuan and around | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

Peaceful restaurant

Peaceful restaurant 和平飯店

刀削麺と拉麺が売りの店である。日曜のランチタイム、狭い店内は満席で、私たちより後から来た客は待たされていた。客層は80%非・東アジア人(見た感じ)。
厨房はガラスで仕切られていて職人が麺を伸ばしてるのが見える。職人はムスリム帽をかぶっている。同じ厨房では豚肉も調理されているのに心情は如何に・・・。彼は夫がじーっと見てるとわざわざ見えやすいように向いてくれたり、カメラを取り出したらカメラに向かって麺を伸ばした状態で止まってくれたりして非常に協力的だった。

peaceful.jpg

と、ここでカメラのバッテリー切れ!!せっかくいい写真を撮らせてくれそうだったのに!
すみません、料理の写真無しです。

Northern Chineseと表に掲げられているものの、メニューは例のごとくごたまぜの風呂敷広げすぎ。Northern Chinese=南方系以外の料理と思わなければいけないらしい。
前回の魯肉飯からも思うんだけど、全般に中華料理はメニュー多すぎ。得意料理だけにもっと絞ってくれれば地雷踏むこともないのに・・・。
とりあえずまあなんとなくだけどここは北方系と西安方面の品が多いかなと見当がついた。とりあえずまだ海外で食べたことないし、北京料理の麺といえば、ということで安易だが炸醤麺にしておく。それと事前調査ではbeef roll牛肉をクレープで巻いたようなものが一番人気があるということでそれを頼んだ。

まず牛肉巻きがきた。生地はさくさくしたパイ系で、わずかにコシもある。細切れの牛肉とねぎを甜麺醤のようなもので和えて生地ではさんで巻いている。後から店のメニューを見たらHoisin sauceとある。しかし食べてるときは甜麺醤としか思えなかった。
なるほどうまい。が、もう少し甘さ控えめでもいいかも。

店はさっきからずっと満席なせいか炸醤麺はかなり待たされてから来た。肉味噌と葱ときゅうりの細切りの乗った中華版ミートソース。ところでメニューには刀削麺か拉麺が選べると書いてあったが注文のときうっかり指定し忘れていた。といっても考えてなかったので聞かれてもかなり迷ったと思うのだが。そしたら拉麺になっていた。さっきから職人は拉麺しか作ってないから、これが主力製品ということか。
店の人が麺を切りましょうかと聞いてきた。夫は麺の長さを自分で確かめたかったのか、即座にいいですと断っていた。店の人は「では良く混ぜて食べてください」と言って去った。そこは心得ているので夫は混ぜに混ぜていたが、小皿に取り分けてくれるときに麺が長すぎて終わりがない。結局フォークかなんかで切った(フォークで食べてたんだっけ、それともスプーンが付いてたのか・・・覚えてない)。

麺は非常に弾力があり茹で加減もいい。もちっとしたかみごたえ。夫は「ほらー、中国人は麺をくたくたにゆでるなんて誰が言った」とか言ってたけど。そりゃ私が言ったけど、麺が売りの店はちゃんとアルデンテに茹でるんだね。
肉味噌との絡み具合もいい・・・けど、微妙に濃いかな。混ぜる前にひとさじ分よけてたらぴったしちょうどいいかなと言う感じ。でもこれもこれで味噌が効いていていい。なんだか名古屋の味噌煮込みうどんを思い出させる味だなぁ。

微妙に失敗だったのはこの組み合わせ、どちらもみそと肉と葱で、同じ味付けだった・・・あれだけ多いメニューの中からなぜよりによって同じ味のものを選んでしまったのか・・・。ちょっとショック。

会計約C$15。全部食べようと思えば食べれたかもしれないけど無理せず持ち帰りに。(食べ切れなくて微妙に残るのが嫌。)

麺は満足度が高かったし、メニューにはまだ面白そうなものがラインアップされているのでまた来る。北方餃子も食べたいし、麺類だけでなくおかずも試したい。

ちなみにバンクーバーにはもうひとつ同じ趣向の店があってこちらも刀削麺と拉麺を店内で見せて作っている。
Legendary noodle house 
この店も一度行ったけどこれまたおいしい。どちらも一度だけしか行ったことがないのでどちらが上と言うことは私にはできない。両方とも再訪したい。ちなみにPeaceful restaurantは牛肉巻きで、Legendary noodle houseは羊肉スープ麺でHSBCのChinese Restaurant Awardsを受賞している。
posted by バンクーバー三昧 at 12:02| Comment(1032) | TrackBack(0) | 華北、西北の料理 Northern and Western Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

Sun yee cafe

sun yee cafe新恰餐廳

近所の典型的な香港カフェ(茶餐廳;WIKI)。
(近所といっても徒歩20分くらい。)

カフェといっても麺類や普通の一品料理や西洋料理やトーストなどの普通のカフェメニュー等など何でもあり。日式ラーメン、うなぎの蒲焼まである。カフェのクセに朝11時からの営業で、朝食はない。
今まで2回ほど行った。中華のゆで鶏やホイコーローや麺類など試してみたがどれもなかなかいい線行ってた。人気があって昼食時はいつも満員である。客層は98%(←見た感じ)東アジア系。
それでまあメニューがやたらと多いのでお持ち帰り用メニューを家に帰ってじっくり読んでいた(趣味です)。
で気がついたのだが香港カフェとはいってもメニューの表紙に「台式簡餐」とある。そしてメニューには「台式小食」「台式小火鍋」というカテゴリーもある。なので実はこれ台湾系なのではないかと思ったのだ。

これは台湾料理を試してみなければ、と、息巻いてある日の昼食に再訪。事前に台湾の小吃を調べていてお目当ては決まっている。
魯肉飯と煮卵だ。調べたところでは「醤油と砂糖で柔らかく煮込んで味がしみたぶつ切り肉のご飯のせ」と「肉を煮込んだ同じ汁で煮込んだこれまた味がしみた煮卵」を煮汁ごとご飯に載せたものということ。写真をみてなんとなく味を想像する。

魯肉飯+鹵卵
Taiwanese meat sauce and marinated egg on steamed rice
luroufan.jpg

と・・・きてみたら想像と大違い、飯がやたら多い。肉をつまんで食べてみると・・・薄い。味が異様に薄い。上品というのでもなくただ薄い。ちゃんと五香の香りはするが決定的に醤油、砂糖が足らない。ちっともおかずにならない。ご飯がアマル君である。卵はというとごらんのとおり真っ白のただのゆで卵。煮汁は大量のご飯にしみこんですっかり薄められているのでもう味はないのと同じ。魯肉飯食べたことのある人、普通この料理ってちゃんとご飯に合うように味付けされたものですよね?
結局ご飯が食べれずに肉だけ食べた。

その横で夫は入ってきたときによその人が食べていたものに一目ぼれして頼んだ料理が大当たり。

鱼扣煲
fish hot pot
braised fish.jpg

魚は鱈でした。
この、中国語の「煲」、普通、土鍋で煮込んだ煮物料理だけど、多くの訳がいい加減な店ではHOTPOTと表記されてるけど、HOTPOTって火鍋の訳なんだよね。火鍋と一緒にしたら中国語が読めない客は混乱するじゃないかと思う。braised in clay pot が正確な訳と思うけど、お構いなしなのかねぇ。これだけでなく全般に中華料理店のメニューは説明が少なくて、来てのお楽しみ的な要素が濃い。これはもともと中国語でもそうなのかもしれない。

この料理に戻るけど、「煲」って煮物かと思ってたけどこの料理はなんと煮汁がまったくなく、炒めた様なかんじ。というか揚げてから味をつけて土鍋に入れて炒め煮したのか・・・こういうバージョンもあるのか。
扣というのは碗に入れて蒸すという意味らしいから関係ないような・・・。

とにかくうまかった。手がかかっている感じで味の濃さもちょうど、ご飯を食べようと思ったら食べれるけどそのままでもおいしいって感じ。ただ量はさすがに魚を使ってるだけあって控えめ。(9ドルくらいだった。)多く見えるけど丸揚げしたにんにくとか魚の骨とかぶつ切りショウガを積み上げていくと土鍋の半分ぐらい満たす。
というわけで今日はお持ち帰りなし。でもお腹はいっぱいになった。合計15.35ドル+チップ。

この店はどうもhit and missだな・・・まあしかし打撃的な失敗作は今回だけだったので、今後もこの店でのメニュー冒険は続く。もちろん台湾料理は避けとこう・・・。いや、確かに台湾カフェなのかもしれないが、魯肉飯は屋台料理なので茶餐廳に期待するものではないのかも。

On their menu, it's written "台式簡餐" which I guess it means "Taiwanese light meal". And their menu has Taiwanese category. So I thought this is Taiwanese cafe. And I went for representative Taiwanese snack luroufan.

Their luroufan was disappointing. No taste.No soy sauce. Can you see the egg? Not marinated at all. Too much rice. The sauce which has no taste went into this rice mountain and disappeared totally!
I've never been to Taiwan but I think real Taiwanese luroufan has to be more tasty and in thick sauce to mach with rice. Isn't it?

Fish hot pot was very good. They used cod.
By the way, they translated 煲 "hot pot".I think they should say it's "braised in clay pot" because "hotpot" is the word for 火鍋. It confuses the customer who doesn't read Chinese. But many Chinese restaurants do like this.They explain the dish in English as simple as possible! You surprise when the dish comes. But maybe this is Chinese way.

In this cafe, it seem to be hit and miss. But till this luroufan, we had 4 dishes in the past and they've never been failed. So I'll keep going back.
I still believe this is Taiwanese cafe because of the sign "台式簡餐" and the menu. But luroufan is kind of street food in Taiwan, only luroufan-specialized joints make good luroufan. So maybe this is not the dish I should order in a Taiwanese cafe.

posted by バンクーバー三昧 at 13:45| Comment(1445) | TrackBack(0) | 中国南方料理 Southern Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。