2010年、バンクーバーに移住してまずこの街の中華料理の質に感激。さらに今までほとんど知らなかった世界「地域別の中国の料理」が体験できることにも気がついた。地域別の中華っていったいどんな料理があるんだ?調べれば調べるほど深みにはまっていく。多すぎ・・・。
ということで、調べつつ、実際に食べに行きつつ、ゆっくり学んでいくことに。ただし中国系住民約20%の街とはいえやはり中国から遠く離れた海の果て、「本場と同じ味」は期待しませんが。
昔々第2外国語で習った中国語(つまりほとんど基礎にもならない)を元に、メニューを読むための中国語も少しずつ学び始めました。そしていつかは中国長期食めぐり旅行がしたい。

ベトナム料理、韓国料理も行きます。日本料理?特に興味ないのよ。お上品すぎてパンチがないし、生の魚ってのが苦手で。
外食は週2くらい、しかも夫も私も小食なのでほんとにゆっくり少しづつしか進まないのが悩みの種です。

After I moved in Vancouver(2010), I was impressed from the quality of Chinese food in this city. And I realized that I can experience the world of "Chinese regional cuisine" that I knew very little about. What's Chinese regional cuisine actually? The more I search, the more I sink in the depth.Too much...
so I decided to learn slowly while I go and try the dish.
Of course, even though 20% of the population is the Chinese in this city, it's far away from china. So I don't expect them to be all "authentic".
I learned Mandarin far in the past as a general education subject (means doesn't be not even a base). Now I started to learn Mandarin to read menu. Someday, I have to travel all over China and eat their local foods all around!

I also go to Vietnamese restaurants and Korean. Japanese? Well, I'm not so interested in it because for me it tastes too delicate and has no "kick". And, also because I don't like raw fish!!
We dine out only about twice a week and the problem is that me and my husband don't eat so much so it doesn't progress very fast.

2011年04月05日

On lok


On Lok Restaurant & Won-Tun House

うちの近くだけど近所というほど近くない。何度も前を通って気になっていたワンタンと麺粥の店。
昔からある古い店らしい。内装も古そうな感じである。驚くのが白人率の高さ。歴史の長い中華レストランは白人が多い。

テーブルは全体に小汚く隅に食べ残しが残されていた。しばらくして来た食器が汚くて替えて貰ったものの、次に来たものも同じ・・・。
とりあえずワンタンを。

2011 044on.jpg

中身はエビと、ミンチではなく、小さく切った豚肉。豚の歯ごたえがはっきり感じられてなかなかよかった。しかしスープはなぜか微妙に苦く、あまりおいしくはなかった。

入るときに目に付いた張り出したメニューで、Cod fillet chop sueyというのがあったのでそれを頼んでみる。8ドルちょい。チョプスイというのは北米では定番の中華料理で、肉といろんな野菜を炒めてたっぷりとろみをつけたもの。あまり目新しいような料理ではないが、こちらに来て食べたことないので一度食べてみようと思った。

2011 045on.jpg

それと外食でも野菜を、と思っているところなので、ゆでレタスのオイスターソース。

2011 049on.jpg

稀有するまでもなくチョプスイに野菜がたっぷりはいってたけど。それとご飯も頼んだ。ご飯は香ばしいジャスミン米だった。

さて、チョプスイの「鱈の切り身」を食べ初めてすぐに、妙な泥臭さが口に広がった。野菜をあれこれ食べて口直ししてからもう一度挑戦してみるも、やはり魚を食べると泥臭さがする。これは、鱈ではない。こちらでよく売っている安い淡水魚、ティラピアかバーサだ。
まあ面倒なのでここで黙っていてもう二度と来なかったらいいじゃない・・・なんて言ってたけど、夫は一言言わなければ気がすまないらしく、ウェイトレスを捕まえてこれは何の魚かと聞いていた。
当然「タラです」という答えが返ってきたわけだが。(そりゃ料理名がタラのチョプスイなんだからそう答えるわな)

2011 048on.jpg

それで引き下がらずに「これはタラじゃないから厨房に聞いてきて」と頼んでいたが「タラって言ったでしょ」と怒ってしまって聞き入れてもらえない。アジアではよくあることだけど。
もう一度呼び止めると怒りながらようやくキッチンスタッフを呼んでくれた。料理人はタラだと主張しながら生の魚が入ったボウルを持ってきて見せてくれた。正直言って私には白身魚の切り身というだけで判別できない。

まあ取り替えろと要求したわけではないし、むこうはタラだといって引き下がらないので、「もういいよ、どっちにしてもおいしいから」とまとめた夫。普通に会計して(税込み22Cドル+チップ)帰った。出るときに2,3人のスタッフのそばを通っても無視されたよ。

夫は見せてくれた生のはタラではないと言う。過去にも夫はフィッシュ&チップスの店で(冷凍でないと事前に聞いて)出された魚を「冷凍だ」と言って店の人は「冷凍じゃない」と言ってお互い譲らなかったというトラブルを起こしている。その時は夫一人の意見だし、冷凍であろうとなかろうと同じ魚なんだし味は私レベル(魚の賞味レベルの低い日本人=一般カナダ人)ならわからないことなんだから細かいこと言わなくてもいいじゃないかと思って傍観していたのだが。
しかし泥臭さはさすがに私にもわかる。
なんにせよひどく白い目で見られたのでやっぱり黙ってたほうがよかったとは思うけどね。


Every time we pass by, we thought we have to try once On lok.
It's old wontun restaurant. When we walked in, were surprised how many westerns there were.

Interior was old and dirty-ish. Even the table was not cleaned properly. When the table wears came, were not washed well, so we asked to change it. But the replacement was almost same.

We ordered wontun soup because it's wontun house.
The filling was shrimp and pork, pork was not minced, was diced and quite chunky. I liked. But soup was not very tasty.

When we walked in, we saw the board for today's special. One of these was Cod fillet chop suey. Actually, we didn't know what to order in wontun restaurant other than wontun. And we have never ordered chop suey in Canada because we always went for something new. So I thought this is the chance. We ordered cod fillet chop suey. Was $8 and something.
And lettuce with oyster sauce for veggie. And rice. Rice was fragrant jasmine rice.

Soon after start eating chop suey, I felt muddy taste in my mouth. I thought my mouth was wrong. I ate some vegetable to fix my mouth, then tried again the fish. Muddy again. This is fresh water fish, tilapia or basa. My husband's opinion was same. We both don't like these muddy fish.
I said well... it's not something un-edible, I would not say anything and not gonna come to eat again. But my husband always "try"s.

He asked the staff what this fish is. Of course, she answered "cod". Naturally, all the serving staff would answer like her because its name is "cod fillet chop suey"LOL.
Then, he said "Ask to the chef because this is not cod". She didn't seem she wants to. My husband asked again, then she got upset. She kept doing her things. (This happens in Asia a lot)

After a bit, again, my husband caught her and asked to call the chef. Then finally she took the chef. The chef gave same answer; "this is cod". The nice thing is he went back to the kitchen and took the raw fish fillets in the bowl to show us. This is honest behavier, we appreciate. But it was not cod, according to my husband. Me, I cannot tell anything by the look, just it was white meat fish.

My husband was seafood chef long time in Italy. He says even though in Italy there aren't tilapia nor basa, nor even cod, now he knows them well after working in some restaurants in Canada; he can tell if it's cod or not, just by taking look at fillets.

But the chef didn't admit that was not cod. Finally my husband said, "OK,OK, anyway it's good dish. Thank you very much". Then the chef left. We paid with tip normally and went out. (22$ with tax before tip)
When we left, everyone ignored us.

That's why I didn't want to say anything.
In the past my husband has done similar fuss in a fish & chips. It was after few month we landed in Canada. He complained that they used frozen fish even though he made sure before ordering that is not frozen. And the restaurant didn't admit the complain. Now he realizes that in Canada, everywhere you go, they use frozen fish for the safety, even if it's fresh. But that time he was too strict.
I was watching it thinking this is just a no name fish & chips and no one cares if it's fresh or frozen. That was only his opinion from tasting, that fish was frozen. I wasn't bothered by the taste. If I (less fish eater Japanese) wasn't bothered, I think it's OK for almost everyone.

This case, even I felt the wrong taste. Was clear. But anyway, I still think it was better to don't say anything if I knew that they don't replace the dish nor compensate in any way, plus I had to go through their cold attitude.

posted by バンクーバー三昧 at 07:25| Comment(87) | TrackBack(0) | 中国南方料理 Southern Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

About the disaster in Japan

It has been 2days after the first massive quake in Northeast Japan. Then there have been tsunami, after quakes, after tsunamis, fires, explosion in nuclear plant and radiation leak... There was even new quake in Nagano and Ibaraki that was called from the first quake.

By the official announcement, dead 889 and missing 639 at the moment. But on the other hand, one town of the devastated area claimed that they cannot know 10000 resident's safety. If this is only one case of wide area, I afraid dead will rise up unimaginably.

Japanese news says they detected radioactive contamination from 190 residents. I wish damage won't expand any more. This is enough.

I'm from Osaka pref which is far away from the area. None of my family, relative or friends were involved seriously. But they are horrified and feeling helpless at what is happening in the other side of Japan mainland.

And me too cannot stop just watching TV and internet imagining how desperate if there were my family, my home...

I told my family that Canadian TV has been broadcasting this disaster spending all the time of the news and special programs, and how people concern about.
They are appreciating for that.

It will be dilate the next update since I will be watching news.

日本で起こった大地震の第一波から2日たちました。それ以来これまでに起こっているのが津波、余震、余震の津波、火事、そして原子力発電の爆発、放射能漏れ・・・。誘引されて長野、茨城が震源の地震も起こったようです。もうたくさんです。これ以上被害が大きくならないことを願うしかありません。

発表では今現在の死者、行方不明者は1500人程度なんですが、1万人の消息が不明だと言う町もあるそうで、実際の犠牲者数は桁が違うのではないのではないのでしょうか。
私の実家は大阪であり家族・友人の中に被災した人はいませんが、あまりにすさまじい被害にみんな非常に心配し、無力感を感じています。私もあの中に家族がいたらと思うと・・・。

被害にあわれた方々にはかける言葉も見つかりませんが、カナダの隅から心配していますし、カナダのテレビはずっとこの報道を続けていて、カナダ人もとても気にかけています。

しばらく報道から目が離せないので更新は滞ります。





posted by バンクーバー三昧 at 11:00| Comment(53) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

Japanese @Tentatsu

Tentatsu

久しぶりに日本食でも行こうと。近所の、中国人経営の日本食レストランTentatsuに行った。以前行ったときなかなかよかった。サラダドレッシングなんか和風ドレみたいなのがかかってきてほうほう、ちゃんと日本食してるなと感心した。夫は鮭のカマを食べてえらく喜んでいた。

焼き物に味をしめて今度はさばの塩焼き。4ドル。

2011 030tentatsu.jpg

火の通し加減はパーフェクト(夫談)。青魚が苦手な私もおいしいと思った。ちなみにさばはこの辺でとれないのかな?冷凍でしか見たことない。

しばらく肉が続いたせいか、魚を渇望してたのか夫。スシデラックス。14ドル。

2011 034ten.jpg

内容は、マグロ鉄火巻き、カリフォルニアロール、特製ロール、いくら、トビコ、甘エビ、うなぎ、たい、サーモン、まぐろ、はまち。カリフォルニアロールと特製ロールは、中身を多くしただけでほぼ同じもの。
味は、うーん、魚の批評は私あまりできないけど、日本の安い回転寿司レベルと思ったかな。でもトビコと甘エビはよかった。

外食でもなるべく野菜を食べようと思っていたので、ほうれん草のゴマ和え4ドルをたのんでみた。

2011 036ten.jpg

トンデモ日本食キターと思ったけど、

2011 038ten.jpg

混ぜたらちゃんとゴマ和えになった。ちゃんと味も白味噌を使ったゴマ和えの味だった。

あと1ドルの味噌汁も頼んでみたけど、インスタントっぽかった。さすがに。
揚げ出し豆腐も食べたくてしょうがなかったんだけど、おなかいっぱいだったので持ち帰りで頼んだ。3ドル。
そしたら汁をソース用容器に分けてくれていた。

2011 042ten.jpg

ていうか豆腐ちっさい。揚がり具合はさすが中国人、しっかり衣でパリパリ。でも汁はダシ味がしなかった。削り節が豆腐にかかっていたので助かったけど。やっぱりダシ味を期待するような料理は日本人経営の店で食べるほうが無難だろう。
日本食への渇望はまったくないと思っていたものの、逆にちゃんとした日本料理店で食べたくなってきたかも・・・。

まあとにかくテンタツのお勧めは焼き魚です。焼き魚は間違いない。

Long time no see the Japanese restaurant. So we went to Tentatsu which is closest Japanese restaurant from where we live. This is Chinese owned Canadian style Japanese restaurant, but they are always popular and we liked last time we tried.

Last time my husband liked the grilled salmon neck, so this time he tried other grilled; mackerel. $4.
He was very happy this time as well. He said the way it was cooked was perfect. I usually don't like blue fish ( or shinny fish or red meat fish such as mackerel, sardine, anchovy etc...), but I liked grilled like this well.

Then -I think he was craving after fish- he suggested ordering sushi deluxe. $14
Tuna roll, California roll, house roll, ikura(salmon roe), tobiko(flying fish roe), shrimp, cooked eel, tai(red sea bream), salmon, tuna, hamachi(younger yellow tail).
Tuna roll and California roll was almost same thing. These sushi taste, I cannot criticize fish so much but...was like conveyor belt cheap sushi in Japan. But I liked shrimp and tobiko.

We are trying to eat more veggies even when dining out, so we ordered spinach tossed with sesame (horensou no goma ae).
(The picture above) Wait! Who is familiar with this dish would think this is not goma-ae! We both were stunned for a bit, thinking we ordered something we are not supposed to. But I realized...then I stirred very well.(The next picture)

It became a perfect goma-ae! It even taste of decent goma-ae with white miso. ( to make goma-ae at home, I usually just season with soy sauce and sprinkle sesame over. But if you make a paste from white miso and ground sesame, and toss with spinach, it totally grades up to a decent version.)

There are quite much of izakaya-like dishes on their menu. I wanted to try their age dashi tofu badly. But we were stuffed, so we ask for it to go. This dish normally is 1-2 big cube of deep flied tofu soaked in half a bowl of dashi soup-sauce.
We opened this back home, surprised! The sauce was in a sauce cup. Nice care!

But they cut tofu too small.... But the coating was kept crisp, well deep flied (thank to Chinese technology). The sauce didn't taste of dashi but because they sprinkled the katsuo powder over, it tasted similar.

I think if you expect proper dashi taste, better to go to Japanese owned Japanese restaurant.
...I was not craving for Japanese food till now, but now I'm stimulated the will to try authentic Japanese restaurant in Vancouver.

Anyway, Tentatsu is also decent reasonable Japanese restaurant. I recommend their grilled fish is the best.

posted by バンクーバー三昧 at 11:13| Comment(18) | TrackBack(0) | 日本食 Japanese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

Kam ja tang @Dae Bak Bon Ga

Dae Bak Bon Ga

この日は韓国料理にしようと決めていたのだが、雪が降っていたのでうちから少々遠くてもバス1本で行けるところにした。もちろんレビューの評点がそこそこなのも確認して。

テーブルはガスコンロつきで、本格焼肉店っぽい。

メニューは焼肉以外のものもかなり多かった。カムジャタン(豚の背骨とジャガイモの煮込み)は前から食べてみたかったので決まったが、もうひとつがなかなか決まらない。もちろんカムジャタン一人分とはいえ私と夫の場合二人分になるのはわかるが、何かもうひとつ頼まなければならないのに値段が低くて量も少なさそうなものが見当たらない。迷った挙句面倒くさくなってランチセットにしてしまった。
ランチセットは牛か豚か選べるのだがもうひとつが豚なのでこれは迷わず牛にした。

2011 pulgogi.jpg

で、来たのは何の変哲もないプルコギ。人生で何度も食べたことのあるプルコギ。バンクーバーで外食するたびに何か新しいものを食べてやろうと意気込んでいる私たちの場合、ランチセットは選んではいけない品だったのだと思い直して反省。
ま、うまいはうまかったけど・・・。
セットはほかにバンチャン(副菜)とご飯とテンジャンチゲが付く。テンジャンチゲ、普通。

2011 banchan.jpg

バンチャンも普通。キムチ、甘く煮たジャガイモ、茎わかめ、豆もやしの4種類。キムチはほのかに酸っぱいちょうどいい漬かり具合だった。茎わかめは結構生臭かった。家でも安いわかめを買うとこういう生臭い匂いがすることがあるが、どういう違いで生臭さが発生するのだろう・・・。


で、カムジャタン。
豚の背骨はさすがにうまかった。私にとっては初めて食べた部位である。よく煮込まれていてとろけるように柔らかく、骨からほろりと取れる。ゼラチン質が多いため煮込まれてもパサパサする感じがない。ゼラチン質はほどよく肉と混ざっていて、豚足のようにゼラチンばかりくどく感じることはない。そういえば豚足でも膝のほうはこんな感じだ。かなり好みである。

2011 kamjatang.jpg

2011 kamjatang up.jpg

上からエゴマがかかっている。辛さは私にはけっこう辛い。
ジャガイモがごろりと入った料理、と認識していたが、ここのは申し訳程度にコロリという感じだった。
そしてスープ自体の味がいまいち。豚から出たであろう出汁をのばしてしまったのか、非常に旨みが薄い。豚だって柔らかくておいしかったものの、やはりある程度うまみは汁に溶けていってしまった後、っていう感じがしたし。すっごいのばして他の料理に使っちゃってるんじゃないだろうかと。

量は骨が多いとはいえさすがに全体的に多い。もちろん持ち帰り覚悟で頼んだものだけど、全体的に半分くらい余った。
全部込みで27Cドルくらいだった。
いつかまた行くにしても遠い先でしょう。

Dae Bak Bon Ga's each tables have gas grill for the BBQ, seems full-dress Korean BBQ restaurant.
They even have many different things other than BBQ on the menu. right away, I targeted on "Kam ja tang". But we had to choose another dish. After struggling to decide, I felt giving up and picked "lunch special, beef or pork". I chose beef because the other dish was pork.

But I regret about lunch special. From that large selection, it was bit ridiculous to pick lunch special. Because what appeared was just a usual pulgogi, nothing special.
It even tasted usual pulgogi, I had many times in my life. Anyway, it was good.
It came with rice, doen jang chigae (soy bean paste soup) and 4 Banchan: kimchee, potato in sweet sause, wakame stem and soy sprouts. Was all tasted average.

Kam ja tang is pork back born stew with potato. It came with TULKKAE(Perilla frutescens var. frutescens; kind of shiso) seeds sprinkled over. What I know about is potato in kam ja tang is whole big potato. But this restaurant's one had very small little potato chunks. Anyway, I don't care about potato so much.

The pork back born, I had it first time, was marvelous.
The meat around was so tender. It was gelatinous, but balanced with meat, not like pork feet which I feel too gelatinous. Was more like pork knuckle which I like very much. So I liked it. It was so tender that meat comes off from the bone very easily. So it must have been cooked long time.

But the soup was something very bland. It tasted very weak watery stock seasoned with only chili pepper. Where has umami from the bone and meat gone?? I guess they stewed long time the back bone, then weaken with water, took away the excess for other uses.

The portion was big. We took back like half of the whole meal. Cost around $27 altogether.
We might go back but in the far future.
posted by バンクーバー三昧 at 15:57| Comment(63) | TrackBack(0) | 韓国料理 Korean | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

Pho & cha gio @Thai Hang Vietnamese

Thai Hang Vietnamese Restaurant

レビューで評判がよいベトナム料理。近所なのにまだ行ったことがなかった。
とりあえず始めてのベトナム料理店に入るときは、牛肉フォーとチャーゾー(揚げ春巻き)。比較するためだからだけど・・・でも中華では初めての店に行くごとに同じもの頼んだりしないよね、なんでだろ。
都合のよいことにフォー「大」とチャーゾー一巻きのセットC$8があるのでそれで、種類は煮込んだ牛肉と牛肩バラ肉。それと前菜(副菜?)の豚のグリル1枚C$2.5

2011 007chagio.jpg

チャーゾーはもちろんライスペーパーだったけど、パリパリを通り越して、がりがり?ちょっと固かった。夫はこういう極端なのが好みみたいで喜んでいた。これ持って帰って冷蔵庫に入れてもずっとパリパリ感が残るんだろうな。中は潰したタロが結構はっきり感じられる、微妙にもそっとした感じ。でもまあおいしい。

2011 008grillpork.jpg

グリル、香ばしくて甘辛くておいしいです。でもこれもどこの店でも同じかな。
(写真撮る前に切ってしまった)

2011 004pho.jpg

フォー、前から気になってたんだけど日本ではフォーというと幅の広い平麺、でもカナダではあまり広くない微妙な平麺。wikiも見たけど日本版では平麺と明記してるのに英語版では形状については言及されてない。(ベトナム行ったけど・・・昔のことで、麺の形まで覚えてないっす)しかしそれならフーティウとどう違うのか・・・疑問です。

麺はゆで具合もちょうどよかったし、汁もおいしかった。薄すぎずくどすぎず、汁だけいくらでも飲めちゃう。化学調味料も感じなかった。でもフォーってどこで食べてもおいしいんだよな・・・比較のしかたがいまいちわからない。比較のために食べてるのに情けない。もっと修行します。

特筆すべきはそのお得さだろうか、大だからとはいえとても一人では食べきれない量のフォーで、肉ももう飽きるほど乗っていた(二人で食べまわした後、最後は肉だけ残った。だから持ち帰りはこの肉と豚のグリル半分くらい) 豚のグリルだってちゃんとレタスときゅうりの上に載ってきたし。
あと、何も言わずともシェア用の小皿を持ってきてくれた。

マイナスは店全体がやや暖房が効いていなかったのと、食器は寒いところにおいているのか超冷たかった。そのせいか熱々で来たフォーもどんぶりに熱を奪われてすぐ冷めていったし、小皿に乗せたら完全にぬるくなってしまった。

うちからはもうひとつのベトナム料理Le doのほうが近いし、そこも同程度にうまい。あともう一軒同じエリアに未訪問Le petit Saigonがあってそっちにも行かなきゃだし・・・ただ気になるのは私たちが行ったときもらったのはほぼ麺とご飯ものだけのメニューだったんだけど、レビューサイトでメニューを見ると1ページ分メニューが多く、また違ったベトナム料理が載っている。これは夜のメニューなんだろうか、夜にも行ってみたいと思う。

I always want pho and spring rolls in the Vietnamese restaurant I go first time. To compare...but, I don't want to order always same thing in the different Chinese restaurants...Don't know why.
There was menu for us, 1 big pho and 1 spring roll set $8. I chose well done beef slices and beef brisket on the pho. Plus 1 piece of pork grill $2.5.

The spring roll was of course the Vietnamese rice paper one. But was super crispy, over. It was more hard side. You can leave in the fridge and eat later days, still will keep the crisp. My husband liked this. Filling was a bit mushy that you can feel mushed taro clearly, but was good.

Grilled pork was good as many other Vietnamese. (The photo was taken after we cut in pieces)

Noodle was cooked precisely. Soup was good, not too light not too heavy. I can drink only the soup forever. I didn't feel MSG. But...where ever you eat, pho is always good. I don't really get how to compare it. I have to be trained more! LOL

Special thing here is they offer good deal. The big bowl of pho topped with a lot of beef. As a result of sharing between me and my husband, only slices of beef was left in the bottom because we had enough of those. Was that much a lot.
Even the $2.5 pork grill had came with bed of lettuce and cucumber.

The minus was the whole restaurant was not heated well, and bowls were cold that seems they keep in a cool place. So hot pho got cooler quickly.

In the neighborhood, there's Le do which is closer to us, and Le petit Saigon which we have to try. But there's something I have to clear. Their menu had almost only noodles and rice dish. But on the menu that you can see on review site, there's another page of menu that has many other Vietnamese cuisine. They didn't gave us this menu when we went in. It could be night menu. I think we have to go at night as well...



posted by バンクーバー三昧 at 07:42| Comment(638) | TrackBack(0) | ベトナム料理 Vietnamese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

甜酒湯丸sweet rice wine @President plaza food court



ダイソーで買い物を終えた後向かったのはさらに隣の建物、President plaza。ここは1階にT&Tと専門店街があってその上にフードコートがある。ここのフードコートも5,6軒ほど、こじんまりしたものだ。またまたおなじみのブログで見た「台湾シャオピン(焼餅)の店」と、「天津巻きの店」が目的。が、シャオピンの店は朝昼のみの営業(これはすでに知っていたけど)で、着いた3時ごろにはもう店じまいしていた。惜しい。で、天津の店へ。

O’Tray
2011-photo 241tianjinroll.jpg
2011-photo 242tianjin.jpg

煎餅果子 Tian jin wrap $3.75

ラップというよりクレープか。正直言って、小麦粉を水で溶いたクレープに卵を載せてくるっと平たくしてチリソースかけて、パリパリの何かをのせて、ネギをのせて畳んだだけのもので、味も特に驚くほどのものではなかった。ちょっとパサ着いた感じだった。パリパリのものも多分小麦粉の生地を揚げたものだが、多分これがなければあまりにつまらなすぎて食べにくいものになっていただろう。ていうかおばちゃんの手さばきを見るために$3.75払ったといっても差し支えない。

この天津巻きを食べている間に、なんとなく甘いものが欲しいなと思いながら目に止まったこれ。

Red Lantern

2011-photo 244red lantern.jpg

正月十五 桂花甜酒湯丸

ふむふむ、正月十五日に食べる甘酒の団子?おなかはいっぱいだったけどちょっと面白そう、と思って持ち帰りで注文してみた。3.5ドル。
この前の湯圓同様、結構待たされる。

2011-photo 247keika.jpg

それでも熱々で来たのでやっぱりできたてを一口・・・おおー、甘酒のいい香り! どぶろくを作ったことがあるけど、仕込んで2,3日後に出てくる麹の甘い香りだ。ご飯の粒が見えるがそれはバーチャルご飯、中身は完全に発酵して分解されているので抜け殻のようなもの。食べてもご飯の味はしない。

ちいさな白玉団子が入って、溶き卵も混ざっている。汁はやはりやや激甘ぎみだが湯圓と違い甘い餡がない分食べやすい。そういえばこれって、まだ食べたことないけど四川料理の「醪糟圓子」と同じもの?
甘いシロップの中に溶き卵って、最初ちょっと変に思ったけど、少ないせいか卵の味はしなかったので大丈夫だった。そもそも菓子ケーキ類はみんな卵が使われてるんだし、フレンチトーストなんて卵と砂糖の味がモロにするものまであるじゃないか。

そしてこのとき気がつかなかったのだが持ち帰って底をすくっていたら・・・名前どおり、桂花(きんもくせい)登場! 

2011-photo 255keika.jpg

確かに麹以外の甘い香りはしていたのだが。少しアルコールのにおいがしたのは甘酒からかと思ったが、桂花陳酒からだったのかも。
非常に満足、「あたり」の一品だった。どこの料理かと聞いたら「サンハイの南のほう」と上海なまりの英語で答えてくれました(笑)

中国のいろんな地方の料理を一箇所で味わえる、中華系フードコート。今回も収穫は多かったです。ああこれが近くにあったら毎日来て全部食べたい・・・。



After shopping in Aberdeen centre, we went to the next. President plaza.
I wanted to try Taiwanese shaobing if it were open. This one I knew it opens only for morning and lunch time, so I tried. It was around 3PM. Sadly, was shut. Well, this time I was not so disapointed because I knew.

So I went to O'Tray for another snack.
Tian jin wrap was more like crepe. Was just a crepe of flour and water, put egg over and spread, spread chili sauce, something crispy and green onions. Tastes nothing special. A bit dry-ish. But I think $3.75 was worth to see the woman's great hand work.

I wanted something sweet...
And I found a sign hand written in Chinese "15th day of new year. Sweet osmanthus, sweet rice wine and rice balls $3.5" on the counter of the vendor called Red lantern.
So I went for it.

We have sweet rice wine in Japan too, also we drink on new year. Do you know how SAKE is made? Sake is made by function of fungus called "koji (Aspergillus oryzae)". This fungus eat the starch of the rice, and produce sugar, yeast eats this sugar and produce alcohol. But this case, for the sweet wine, before the alcohol fermentation starts, human stop it by heat to kill those microorganism. Then only sugar remains.
This is traditional non alcohol drink. It has really nice sweet smell and taste like light yogurt. But now people don't drink often. I know this smell because I have experienced making sake(doburoku) at home in Italy.

So I was curious how's Chinese version. It came very hot and had smell of really nice sweet rice wine. There was glutinous rice balls without filling, egg seems cooked by dropping in the syrup, osmanthus I found at the bottom, and rice. The rice is virtual rice. It's fermented totally and melt in the syrup as sugar, so it's like an empty skin. It doesn't taste of rice.
I felt they add more sugar. Was too sweet to be only natural sugar from rice fermentation. But because rice balls didn't have sweet filling, total dish didn't be over sweet.

The egg in the sweet syrup looks a bit wired to me at the beginning, but I got used to it soon because it was little, so didn't taste of anything. In the first place, we use the egg in the sweets, all the cakes, biscuits, crepes...there's french toast which you even FEEL the egg and sugar! So, why not in the syrup!

I felt a bit of alcohol and I thought was from rice wine, but it could be from osmanthus flower liquor.
This was a "hit". Very satisfying sweet hot dish.
So I asked where this dish came from, woman answered "south of Sanghai" which is Shanghai in Shanghainese pronunciation sh becomes s. ...Lovely.

Oh I would eat everyday and try all dishes in Chinese food court like this only if I live closer....
posted by バンクーバー三昧 at 11:14| Comment(222) | TrackBack(6) | 上海料理 Shanghai cuisine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

siu yuk @Parker place



さてこのParker placeにある焼臘店(チャーシューとかの中華のロースト肉をいろいろ売っているところ)でローストポーク(焼肉:シウユック)を買うのを最初から計画していた。これもいつも見ているブログで見ていたから・・・。

2011-photo 235siumei.jpg
Parker place焼臘店

2011-photo 238rostpork.jpg
siu yuk

中華のローストポークは皮をぱりぱりになるまで揚げ焼きにしたものだ。ねっとりしたタレをつけて焼くチャーシューとは好対照だ。初めてシウユックを食べたのは去年バンクーバーでだが、あまりのおいしさに「ポルケッタなんかメじゃないだろぉー」と叫んだ。

ポルケッタというのはイタリアの食べ物で似たような方法で丸焼きにされた豚だが、シウユックほど丹念に油をかけないのか皮はいまいちサクサクしておらず噛み千切れないし、身も硬くパサパサして味がない。シウユックは皮は完全にサクサクとなっていて食べれる。身はもっちりして味がしっかりついてる。イタリアのポルケッタにさんざん失望した後に出会ったシウユックにはちょっと東洋の優越性を感じてうれしかった。イタリア人の夫も同意。

さて肝心のこの店の味はというと・・・以前チャイナタウンで買ったと同レベルかなと思う。わざわざリッチモンドまで来て買って帰るものでもないかと。そのときの味に感激した印象が強いので今回はちょっと普通に感じた。皮はパリパリで身はまあ普通。硬くもないけどジューシーでもない。何ポンド買ったか覚えてないけど、これで6Cドルくらい。
もうひとつリッチモンドには人気のある焼臘店があって、そちらではばら肉のみでシュウヨックを作っているという話なので次はそちらを試したい。


Parker place has the famous Chinese roast shop. Popular for roasted pork. Again, Chowtimes reccomendation. When I ate first time Chinese roasted pork (siu yuk) in Vancouver last year, I was very impressed and claimed "This is superior to PORCHETTA!!". My Italian husband agreed. There are differences. Porchetta has very hard skin that you can't bite off, maybe because Italian work less on the pouring oil over the pig. Porchetta's meat is hard and dry compare to siu yuk. This is considering from all porchetta I had in Italy from 5,6 different vendors.

However, parker place sui yuk didn't impressed me as my first experience of sui yuk (was from Lee Loy in Chinatown). Maybe was too strong impression on the first time. The skin was very crispy, the meat was not hard but not so juicy.
I would expect more "pork belly roast" from HK BBQ master for the next visit.
posted by バンクーバー三昧 at 09:52| Comment(1349) | TrackBack(0) | 中国南方料理 Southern Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

車仔麺cart noodle @Curry kitchen


リッチモンドというのはバンクーバー市の隣の市であるが、さらに移民の多い町であり、特に中国系住民は実に人口の40%を占める。街の印象は道が広くロードサイド店舗、巨大ショッピングセンターが立ち並び、非常にアメリカ的な光景なのに、看板はほとんどすべて中国語併記・・・。不思議な光景である。

もちろん中華料理も激戦区でHSBC Chinese restaurant awardsを取ったのもほとんどがリッチモンドのレストランである。つまりいい中華はリッチモンドにあるという話だ。もちろんうちからはやや遠いので、なるべくバンクーバー内のレストランから選んで行っているのだが、もしリッチモンドに住んでいたらアジア食めぐりではリッチモンドを出なくても済んでしまうだろう。

もちろん行きたいレストランもたくさんあるのだが、フードコートも見逃せない。屋台はアジア料理の醍醐味ではあるがここカナダでは屋台は非常に限られている。そのかわりアジア系のフードコートがところどころにあるが、とくにリッチモンドは10ヶ所近くの中華フードコートがあるという。まあ本当の屋台のように出す料理が細分化されたものではなく、ひとつの店舗でもレストランのようにいろんな料理を出しているのだが、少なくとも庶民的な雰囲気は味わえる。

ということで今日はダイソー(カナダでは2Cドル(泣)。でも品揃えは日本のダイソーといっしょ。つまり日本の日用品が欲しくなったらここへ)に行くついでにフードコートめぐり。ダイソーのあるショッピングセンターから徒歩圏内にすでに5つほどのフードコートがある。つまりフードコートのあるショッピングセンターがほぼ隣同士で建っているのだ。
比較的小さいものだがそのうち3つのフードコートへ。

Empire centre
非常に小さいフードコートで、店舗は6,7店程度か。この中にフードコート賞をとった煲仔飯の専門店があるという情報で来たのだが・・・なんと、フードコートなんてどーせ週7営業だとたかをくくって営業日を確認してこなかったら・・・見事に閉まっていた。あとで確認したら日曜休業でした。フードコート、あなどれないな!!

その中で食事の店は2店舗ほど開いていたのだが1店舗がえらい人気。看板には「牛什」「蛇羹」とあるが海南チキンを食べてる人も多い。うーん、蛇のスープ、気になる・・・積極的に食べたいとは思わないけど一度も食べたことないし、一応ブログで「食べました」と買いとけばカッコつくかも(不純だ)。フードコートで蛇っていうとこがバンクーバーの中華ワールドをあらわしていて面白いし。夫も蛇か〜、食べようかな〜って感じ。

踏ん切りがつかず隣のモールのフードコートも見てみるってことに。

Parker place
ここもそんな大きくない。ここでも他ブログに載ってたおいしいという店発見。車仔麺の店。夫がショーケースのおいしそうなモツに惹かれて結局ここにした。
Curry kitchen

カレーやさんじゃないんだけど・・・と思ってみてたら車仔麺のうえからカレーソースをかけてるバージョンも売られていた。
うちらはオーソドックスに・・・

2011-photo 233organs.jpg

細麺の上に牛筋、ハチノス(牛の胃)、小腸の3種類トッピング。選ぶ具の数が多くなるにつれて値段も上がる仕組み。これは6Cドルくらい。具は他にはすり身団子系が多い。おっちゃんは豚の皮と大根もおまけしてくれた。
どれも味がしみてうまい!ダシがよく出ていて八角やシナモンが効いた醤油ベースの汁が香しい。二人で汁まで全部食べて大満足〜。
で、これにカレーかけたらモツカレーになるんだろうか、カレーもやっぱり麺入りなんだろうか・・・。

夫はこのあと「蛇も食うぞ」とか言ってたけど、モールを出たころには満腹神経がやっと伝わってきたようで、「やっぱり食えん・・・」と断念していた。

We went to Richmond for daiso and to eat in "James snack" which specialize on clay pot rice. I didn't check the open time and day because I thought "food court, huh...they open 7days a week". Instead, it was shut. On Sunday!? You can't make light of the food courts!!

In front of James snack, there was another vendor, which people were lining up. On the sign, it says beef and snake soup. But many people had Hainanese chicken. For me snake was more worth to pay attention. Snake in the food court!
Anyway, we decided to see also next building's food court, Parker place.

My husband was attracted by the show case of organs at Curry kitchen. This vendor also I have seen on Chowtimes, seems good.
This vendor makes 車仔麺 cart noodles, various noodles with various toppings. There were many types of meat balls but we like more organs. So we chose tendon, tripe and intestine. 3 types of toppings costs around $6, more toppings you choose, more price goes up. generous vendor man gave us a big piece of daikon and pork skin too.

It was really good. Stock was boiled long time, soy sauce based and had accent of star anise, cinnamon and other spices. We enjoyed till the last drop of soup in the bottom.

My husband was saying "I can eat more. Let's go for the snake soup!", but when we came out of food court, his repletion nerve started to transmit finally. Then he gave up.

posted by バンクーバー三昧 at 11:04| Comment(163) | TrackBack(0) | 中国南方料理 Southern Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

らーめんramen @home

2011-photo 202ramen2.jpg

T&Tという中国食材の大きなスーパーで売っている「日本式生ラーメン」。ほんとに日本の生ラーメンの味。同じメーカーからはいろいろな中国麺が出ていてどれもうまい。400g入りで、値段は覚えてないけど1.5Cドル前後だった。つまり麺はおいしい麺が手に入るんだから、濃縮スープを日本でネット購入して持ってきたらいいと思う。あいにく私は手持ちがないのでこれを買っても焼きそばか缶の鶏がらスープ(あまりおいしくない)使用の汁ラーメンか、つけ麺というところだ。
が、上海ビレッジからのお持ち帰りで本物の豚骨スープ(博多の乳化して白濁したのとはちょっと違うけどね)が手に入ったので、慌ててT&Tに寄って麺を購入。スープには塩気と醤油を少々足して、具はそのまま具にして、さやえんどうも入れてみた。

2011-photo 207ramen.jpg

うまい〜。久々のほんとのラーメン。
テーブル汚くてすんません。

I usually buy this "Japanese noodle" in T&T supermarket. This is really same as fresh ramen noodles you buy in Japan. So who goes to Japan, good to buy only concentrate soup (maybe a bit difficult. Easy with on-line), take back to Vancouver and eat with this fresh ramen!!
This time, I got back left over soup from Shanghai village. So good! Pork stock ramen!
Ignore the mess on the table please. I'm not very Japanese on these things.
posted by バンクーバー三昧 at 16:07| Comment(123) | TrackBack(0) | 日本食 Japanese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

瓦罐煨湯crock soup at Shanghai village


Shanghai village憶江南

バンクーバーの上海料理を検索していたときに見つけて気になっていた店。なんかこのスープが名物らしいな、食べてみたいな、と思ってたので行ってみた。
入り口に見本(?)がおいてある。タンドールのような大きな窯にスープの壷を置いて煮るという事。

2011-photo 169tandor2.jpg2011-photo 168tandor.jpg

このスープはいくつも種類があってメニューにはその中の4種を日替わりで用意している、それ以外は予約のみ受け付ける、という説明書きがあって、それは知っていたので予約よりも4種類のほうが選びやすいかな、と思って来たのでウェイトレスに聞いてみた。(ここのスタッフは今まで行った中華料理のなかで一番捕まえにくかった。満席というわけではないのに。中国旅行も含めワーストサービス)

ところがところが!聞いてみると厨房に戻って聞いてくると言うではないか。なに?名物料理じゃないのか?それで戻ってきて4種類をちゃんとメモして教えてくれたので、そのなかから一番興味深い「ハトの薬膳スープpigeon with herbal」というのを選んだ。それで待っていたらなんとまた戻ってきて「できない」というではないか。できるのは最初のから2種類減らした2種類のみだと。うーん、こういう理不尽、アジア旅行では良く味わうけどなぁ。
ここで「このcrock soupというのはどうみても人気メニューではない。何か違うものを選ぶべきでは」とは思ったものの、次この店に来るときは暖かい季節になっているかもしれない。やはり寒いときに食べておきたい。一度スープを食べたら気が済むんだ。そう思って選びなおした。ribs with mushroomだ。
その前にこんなものを注文した。

2011-photo 164 beans.jpg

前菜のソラマメの雪菜(高菜のような中国の漬物)和え(すみません、英語、中国語名忘れた。写真が載ってて即決したので)。

写真ではソラマメの比率がもっと多かったような・・・。でもおいしい。ごま油で和えてある。雪菜はスーパーで買うやつより何倍もおいしかった。漬物のよい香りがすごくするのに塩味は控えめ。あまりにうまみが強いので化学調味料も入ってるかなと思うが、味を阻害するほどではない。もしかしたら店の手作りかもしれない。
ところで皿の左側に注目!この料理には唐辛子は一切入ってません、それなのにこの赤い跡は何か・・・きっと他の料理を運んでるときに手について、その手でこの皿を持ったのだろう。まあ気にしない気にしない。

そしてこの店では会計が20ドルを超えるごとにサービスでシャオロンパオが付いてくる。(最初にソラマメとハトのスープを注文した時点で持ってきたもの。後で豚のスープになって会計が減って20セントほど20ドルに足りなかったんだけど、タダには変わりなかった。まあ当然だけど)

汁たっぷりのシャオロンパオはもうすでにクリスタルモールのフードコートで経験済みなので、とくに欲しいとは思わなかったけど・・・

2011-photo 165 xiaolog.jpg2011-photo 167xiaolong2.jpg

ここのもなかなか。7つのうち二つほど、持ち上げるときに底が破れてしまった。惜しい。しかしサービスにしてはええもんもってくるのう。

そして思ったより早く、スペアリブスープが来た。
しまった、マッシュルームって、いろんな種類のきのこかと勝手に思ってたけど、メニューの中国語をよく見てみるとしいたけって明記してるわ。ほんとにしいたけのみ。しかも干ししいたけ。ちょっとがっくり。これだから英語と中国語って常に両方チェックすべきなんだよな。

2011-photo 170 soup.jpg2011-photo 172soup2.jpg

スープの味は・・・、もう純っ粋な豚骨ダシ。家で豚骨ダシを作ったことはないけど、家で作ったらこんな風になるだろうなという味。中国調味料は生姜以外何も入っていない。万国共通でありそうな豚のスープ。中華らしさがなくてちょっと物足りない。最初ハトの薬膳が食べれると思っただけによけいに。しかしほっとする味ではある。
イタリア人の夫は子供時代に食べたおばあちゃんが作る豚のスープにそっくりだと言っていた。昔イタリアでは年に1,2度、各家庭で豚を1匹つぶしては、ソーセージなどの保存品を作ったり、食べれるところは余すことなく消費していた。その骨の利用法がこの豚骨スープだったのだ。最近このおばあちゃんがなくなったばかりで、おばあちゃんの思い出話でなんとなくこのスープも味わい深く思える。

スペアリブは、脂の乗っている部分はいいけど、脂身のない部分もあってひどくパサ付いて飲み込むにも苦労した。これはかなり煮込んである。注文してから来るまでの時間でできるものではない。そういえば、スープ壷はまったく煤などは付いていなく、ほんとに窯で煮たのかどうか怪しい。スープはすでに大きな鍋で煮込まれてあって、それを壷に取り分けたにすぎないに違いない。

まあ全体に味は悪くなかった。夫はかなりハトに心を奪われていたみたいで、心残りだったかもしれない。メニューに載っていたハトの燻製とかもかなり気になった。まあバンクーバーにはほかにも行くべき上海料理店はあるので、この店にまた戻るかどうかはわからない。
それから夫よ、ハトは広東料理で食べようね。

税込みチップ込みで約25Cドル(約2200円)。大量のスープとソラマメが少し余って持ち帰り。スープは家でラーメンにして楽しませてもらった。

I thought this restaurant's speciality is this crock soup because they display this sort of tandor to cook the crock soup. But when we asked the waitress what 4 soups they have today, she didn't know. She came back and gave us 4 name of the soups. We picked pigeon herbal soup, then she came back again telling us they can't make pigeon soup and the dish you can choose was reduced to 2 types! Should have turned down the soup and order something else, but I wanted to try once and this is the season to enjoy soup! So I picked "pork rib and mushroom crock soup"

Service was very slow and it took so long to catch staffs. Oh, I never mentioned about restaurant's services on my blog because me and my husband both don't care. But this place was worst of all the restaurants include our trip to China.

Before that, we orderd broad beans with xuěcài(pickled mustard green). This was very good. Tossed with sesame oil. Seems that broad beans ratio is a bit less than the picture on the menu, but it's alright. Xuecai had nice fragrance of pickled vegetable (familiar to me because Japanese have same type of pickles). Very mildly salted. I think they make this xuecai, because it's much better than the ones we buy at shop.
By the way, look at the left side of the dish. This dish does not contain any chili. So what's that red trace? Probably he/she didn't wipe the thumb when hold something red food, the waitress or the chef. Well, let's don't guess too much LOL

This restaurant gives free xiaolongbao every $20 order. We already found very good xiaolongbao in the crystal mall so were not very interested in but....Also they make quite good ones. Very good treat.

Soup came quicker than we thought. There were only shiitake mushrooms, shiitake was mentioned in on the menu, only in Chinese. (I didn't check and was expecting like...many mushrooms.) And it was dried shiitake.
Soup was 100% pure thick pork born stock. Nothing Chinese seasonings. I was a little bit disappointed even though the soup tastes very good. Maybe it was influenced from "herbal soup" mind which we had to change order.

Anyway, it was gentle heart-warming simple home cooking taste. Actually my husband said it is exactly same as his grandma's pork soup he had in his childhood in Italy. As you know, old days in Italy (or still now but diminished), each family kill one pig per year or half, make sausages and many things using up every parts. Pork born soup was the way to use bones.

Spare rib seems cooked long time so was dried and tough on the lean side. Fatty part was melty and good. So this is already prepared before order. And the soup pot was not dirtied by wood or charcoal. So I think it was just cooked on the burner and poured in the pot and took to our table.

Whatever, all the food we had was good. But we have to try many other Shanghai restaurants around Vancouver.
Total was about $25 incl. tax and tip. We had so much left overs to take back and at home I enjoyed ramen in this stock!!

posted by バンクーバー三昧 at 13:18| Comment(32) | TrackBack(0) | 上海料理 Shanghai cuisine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。