2010年、バンクーバーに移住してまずこの街の中華料理の質に感激。さらに今までほとんど知らなかった世界「地域別の中国の料理」が体験できることにも気がついた。地域別の中華っていったいどんな料理があるんだ?調べれば調べるほど深みにはまっていく。多すぎ・・・。
ということで、調べつつ、実際に食べに行きつつ、ゆっくり学んでいくことに。ただし中国系住民約20%の街とはいえやはり中国から遠く離れた海の果て、「本場と同じ味」は期待しませんが。
昔々第2外国語で習った中国語(つまりほとんど基礎にもならない)を元に、メニューを読むための中国語も少しずつ学び始めました。そしていつかは中国長期食めぐり旅行がしたい。

ベトナム料理、韓国料理も行きます。日本料理?特に興味ないのよ。お上品すぎてパンチがないし、生の魚ってのが苦手で。
外食は週2くらい、しかも夫も私も小食なのでほんとにゆっくり少しづつしか進まないのが悩みの種です。

After I moved in Vancouver(2010), I was impressed from the quality of Chinese food in this city. And I realized that I can experience the world of "Chinese regional cuisine" that I knew very little about. What's Chinese regional cuisine actually? The more I search, the more I sink in the depth.Too much...
so I decided to learn slowly while I go and try the dish.
Of course, even though 20% of the population is the Chinese in this city, it's far away from china. So I don't expect them to be all "authentic".
I learned Mandarin far in the past as a general education subject (means doesn't be not even a base). Now I started to learn Mandarin to read menu. Someday, I have to travel all over China and eat their local foods all around!

I also go to Vietnamese restaurants and Korean. Japanese? Well, I'm not so interested in it because for me it tastes too delicate and has no "kick". And, also because I don't like raw fish!!
We dine out only about twice a week and the problem is that me and my husband don't eat so much so it doesn't progress very fast.

2011年04月19日

pasta with rapini @home

今中華料理にはまってるのはなんか種類が多くて研究(?)しがいがありそうなのと、それが豊富な街に住んでるからなんだけど、実は一番好きな食べ物はトマトソースのパスタである。イタリアに7年住んで半分自分のソウルフードになってしまってるからかもしれないから、あと7年ここに住み続けたら、なんと答えるか楽しみでもある。

そんなわけで家で作るのはパスタが多い。
トマトソースは写真とってないのでまた別の機会に回すとして、今日はチーメ・ディ・ラーペのパスタ。チーメとは先端、つまりつぼみのことで、ラーペは蕪、しかしつぼみを食べるための品種の蕪なのだ。日本の菜の花によく似ているが、イタリアではつぼみだけではなく結構下のほうの葉っぱまで付いて売られている。

これが大好物で、カナダでも売ってたらいいなと思っていたんだけど、やはりカナダ!何でもあるカナダ万歳!

2011-photo 070rape.jpg

スーパーでラピーニという名で売られている。冬の安い時期では1ポンド(約450グラム)で2.5ドルほど。緑が濃く新鮮なものが手にはいるかは入荷状況によるから、新鮮なときに買う。

イタリアよりは結構高くつくけど、イタリアで売られているでっかいごつい葉っぱがワサワサ付いてるのより廃棄部分が少ないし、物価と比べても悪くはない。しかもイタリアのものよりほろ苦くて味が濃い。それにイタリアが冬だけなのに対してこちらでは年中売っている。

この野菜ほんとに味が濃くて旨みが強い。そしてアブラナ科の野菜特有の、かすかにカラシのような鼻に抜ける風味、そしてほろ苦さ、歯ざわり。イタリアでは主に家庭で食べられるのでレストランで見つけるのはすこし難しいかもしれないが、晩冬から春先にイタリアを訪れるなら探してでも食べてほしい。ただしイタリアでは火を通しすぎる感があるので一番なのは自分で買ってさっと湯がくことだけど。
私の中でこの野菜は最強であり、中国野菜にもつぼみを食べるものはいくつかあるけど、まだこれよりおいしいと思ったものはない。

下処理は、まずつぼみをその下に生えてる小さい葉っぱごと折って(5〜10センチ)、残った茎から葉っぱを除いて、茎の固い筋を切り目から引っ張って除く(大体で)。ものによって茎が硬くて下から何センチか捨てなければならないものもあるので、折りながら判断する。
葉っぱはざく切り、茎も5〜10センチくらいに切る。
塩水を入れて沸騰した鍋に葉っぱ、茎、つぼみの順に入れてゆがく。あっという間に火が通るのですぐにあげる。

このままオリーブオイルをかけて食べるのもうまいけど、フライパンににんにくと唐辛子を入れて熱したオリーブオイルたっぷりの中に、ゆでたパスタとともに投入してすばやくジャッとやって食べるのが最高。
イタリアでのラーぺのパスタの定番はオレキェッタという耳型のパスタだが、他の生パスタでもいい。オレキェッタは中力粉を使った卵無しの白いもちっとしたパスタなので、うどんによく似た触感だからよくうどんでも代用する。

オリーブオイルとにんにくの旨みも合わさってるので、旨すぎて飽きずに延々といくらでも食べれる。

2011-photo 067pasta.jpg

(写真のはにんにくを揚げた熱々のオリーブオイルを、ゆでたパスタとラーペを入れたボウルに直接かけまわしてよく和えるというもう一つの作り方でやったもの)

I used to eat CIME DI RAPE when I was living in Italy. I liked so much this vegetable. So I was wondering if there is even in Canada.... Thank Canada! There are everything! They are sold as "rapini"(cute naming!).
They are much expensive than in Italy, but the parts I have to throw away are much less. Anyway in Canada, many vegetables are more expensive than Italy. And they are sold all year round despite in Italy we could buy only in winter!

Typical pasta to make rapini pasta in Italy is ORECCHIETTA, the wheat flour short pasta without egg, shaped like ear. It has chewy texture like udon. So often I substitute orecchietta by udon.
Just fly garlic and chili in olive oil, add boiled udon and boiled rapini. Simple. This makes me eat forever without stopping.

(pasta bowl on the picture is made by the recipe that pouring hot olive oil with garlic into boiled pasta and rapini then stir well)
posted by バンクーバー三昧 at 12:45| Comment(1168) | TrackBack(0) | 洋食 Western | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。