2010年、バンクーバーに移住してまずこの街の中華料理の質に感激。さらに今までほとんど知らなかった世界「地域別の中国の料理」が体験できることにも気がついた。地域別の中華っていったいどんな料理があるんだ?調べれば調べるほど深みにはまっていく。多すぎ・・・。
ということで、調べつつ、実際に食べに行きつつ、ゆっくり学んでいくことに。ただし中国系住民約20%の街とはいえやはり中国から遠く離れた海の果て、「本場と同じ味」は期待しませんが。
昔々第2外国語で習った中国語(つまりほとんど基礎にもならない)を元に、メニューを読むための中国語も少しずつ学び始めました。そしていつかは中国長期食めぐり旅行がしたい。

ベトナム料理、韓国料理も行きます。日本料理?特に興味ないのよ。お上品すぎてパンチがないし、生の魚ってのが苦手で。
外食は週2くらい、しかも夫も私も小食なのでほんとにゆっくり少しづつしか進まないのが悩みの種です。

After I moved in Vancouver(2010), I was impressed from the quality of Chinese food in this city. And I realized that I can experience the world of "Chinese regional cuisine" that I knew very little about. What's Chinese regional cuisine actually? The more I search, the more I sink in the depth.Too much...
so I decided to learn slowly while I go and try the dish.
Of course, even though 20% of the population is the Chinese in this city, it's far away from china. So I don't expect them to be all "authentic".
I learned Mandarin far in the past as a general education subject (means doesn't be not even a base). Now I started to learn Mandarin to read menu. Someday, I have to travel all over China and eat their local foods all around!

I also go to Vietnamese restaurants and Korean. Japanese? Well, I'm not so interested in it because for me it tastes too delicate and has no "kick". And, also because I don't like raw fish!!
We dine out only about twice a week and the problem is that me and my husband don't eat so much so it doesn't progress very fast.

2011年05月04日

Xinjiang chicken noodle @Peaceful restaurant


Peaceful restaurant
過去のPeaceful restaurantブログ


2度目の訪問である。今度こそ手打ち麺職人の写真を撮ろうと意気込んでいったら、昼3時ごろだったせいで手打ちショーはやってなかった。(昼三時に行くという時点で意気込んでない)。 混雑時にだけ見せる、まさにショーだったのね。
でもまあ作りおきにしても数時間だろうから、構わず麺を頼んだ。今回は新疆チキンヌードル(すいません中国語表記見忘れた)。持ち歩きたくなかったので、二人で1品のみにして食べれそうならもう一品・・・と・・・

2011 278.jpg

・・・・でた。
はい、これ1品でいいです。

味は、前回と同じで微妙に塩分が濃い。もちろん許容範囲で、おいしく食べれるんだけど、もうちょっと薄くてもまだおいしいよ、という感じ。調味料もまた前回のジャージャン麺とよく似た、味噌味。今回もなんとなく味噌煮込みうどんを感じながらおいしく食べた。でもこっちは八角が入って香しい感じになってる。麺は期待通り作り立てと変わらず、ほのかに小麦粉のいいにおいを感じる。
具は一口大骨付き鶏モモとじゃが芋。
注文するときに「辛くしますか」と聞かれたので、基準がわからないまま「はい」と言ったが、正解、結構辛かったけどおいしく食べれる程度。

ちょうど完食できたけど、お腹いっぱいになった。

でも調べたら新疆の麺料理って、トマトが入ってるみたいなんだけど・・・これには全然姿も形もなかった。トマトの入ったバージョン食べたいよ〜。

Second time in Peaceful restaurant. I wanted to take photo of the pulled noodle master, but because it was like 3pm, there was no show. Yeah, it was show only when it's busy.
But 2,3 hours left over won't be so bad. We orderd Xinjiang chicken noodle. We didn't want to take around so ordered only one dish and we'll see.....


see....
OK, this is it. Enough.

Taste was like the other time, slightly too salty. It's tolerable. It's good actually, but I can enjoy even if it's less salty. Like ja jiang mian the other time, condiment was fermented bean, but this one has star anise that gives aroma. Like I expected, the noodles was no different from freshly done. It had peaces of chicken thigh with bones and potatoes.
The waitress asked me if I want it hot. Wondering what's the standard, I said yes. It was good. Came very hot but enjoyable for me.

We finished all but got stuffed.

I researched at home, Xinjiang speciality noodle has tomato in. Ours had nothing of those. Now I want to try tomato one badly...

posted by バンクーバー三昧 at 13:49| Comment(743) | TrackBack(0) | 華北、西北の料理 Northern and Western Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

Peaceful restaurant

Peaceful restaurant 和平飯店

刀削麺と拉麺が売りの店である。日曜のランチタイム、狭い店内は満席で、私たちより後から来た客は待たされていた。客層は80%非・東アジア人(見た感じ)。
厨房はガラスで仕切られていて職人が麺を伸ばしてるのが見える。職人はムスリム帽をかぶっている。同じ厨房では豚肉も調理されているのに心情は如何に・・・。彼は夫がじーっと見てるとわざわざ見えやすいように向いてくれたり、カメラを取り出したらカメラに向かって麺を伸ばした状態で止まってくれたりして非常に協力的だった。

peaceful.jpg

と、ここでカメラのバッテリー切れ!!せっかくいい写真を撮らせてくれそうだったのに!
すみません、料理の写真無しです。

Northern Chineseと表に掲げられているものの、メニューは例のごとくごたまぜの風呂敷広げすぎ。Northern Chinese=南方系以外の料理と思わなければいけないらしい。
前回の魯肉飯からも思うんだけど、全般に中華料理はメニュー多すぎ。得意料理だけにもっと絞ってくれれば地雷踏むこともないのに・・・。
とりあえずまあなんとなくだけどここは北方系と西安方面の品が多いかなと見当がついた。とりあえずまだ海外で食べたことないし、北京料理の麺といえば、ということで安易だが炸醤麺にしておく。それと事前調査ではbeef roll牛肉をクレープで巻いたようなものが一番人気があるということでそれを頼んだ。

まず牛肉巻きがきた。生地はさくさくしたパイ系で、わずかにコシもある。細切れの牛肉とねぎを甜麺醤のようなもので和えて生地ではさんで巻いている。後から店のメニューを見たらHoisin sauceとある。しかし食べてるときは甜麺醤としか思えなかった。
なるほどうまい。が、もう少し甘さ控えめでもいいかも。

店はさっきからずっと満席なせいか炸醤麺はかなり待たされてから来た。肉味噌と葱ときゅうりの細切りの乗った中華版ミートソース。ところでメニューには刀削麺か拉麺が選べると書いてあったが注文のときうっかり指定し忘れていた。といっても考えてなかったので聞かれてもかなり迷ったと思うのだが。そしたら拉麺になっていた。さっきから職人は拉麺しか作ってないから、これが主力製品ということか。
店の人が麺を切りましょうかと聞いてきた。夫は麺の長さを自分で確かめたかったのか、即座にいいですと断っていた。店の人は「では良く混ぜて食べてください」と言って去った。そこは心得ているので夫は混ぜに混ぜていたが、小皿に取り分けてくれるときに麺が長すぎて終わりがない。結局フォークかなんかで切った(フォークで食べてたんだっけ、それともスプーンが付いてたのか・・・覚えてない)。

麺は非常に弾力があり茹で加減もいい。もちっとしたかみごたえ。夫は「ほらー、中国人は麺をくたくたにゆでるなんて誰が言った」とか言ってたけど。そりゃ私が言ったけど、麺が売りの店はちゃんとアルデンテに茹でるんだね。
肉味噌との絡み具合もいい・・・けど、微妙に濃いかな。混ぜる前にひとさじ分よけてたらぴったしちょうどいいかなと言う感じ。でもこれもこれで味噌が効いていていい。なんだか名古屋の味噌煮込みうどんを思い出させる味だなぁ。

微妙に失敗だったのはこの組み合わせ、どちらもみそと肉と葱で、同じ味付けだった・・・あれだけ多いメニューの中からなぜよりによって同じ味のものを選んでしまったのか・・・。ちょっとショック。

会計約C$15。全部食べようと思えば食べれたかもしれないけど無理せず持ち帰りに。(食べ切れなくて微妙に残るのが嫌。)

麺は満足度が高かったし、メニューにはまだ面白そうなものがラインアップされているのでまた来る。北方餃子も食べたいし、麺類だけでなくおかずも試したい。

ちなみにバンクーバーにはもうひとつ同じ趣向の店があってこちらも刀削麺と拉麺を店内で見せて作っている。
Legendary noodle house 
この店も一度行ったけどこれまたおいしい。どちらも一度だけしか行ったことがないのでどちらが上と言うことは私にはできない。両方とも再訪したい。ちなみにPeaceful restaurantは牛肉巻きで、Legendary noodle houseは羊肉スープ麺でHSBCのChinese Restaurant Awardsを受賞している。
posted by バンクーバー三昧 at 12:02| Comment(1032) | TrackBack(0) | 華北、西北の料理 Northern and Western Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。