2010年、バンクーバーに移住してまずこの街の中華料理の質に感激。さらに今までほとんど知らなかった世界「地域別の中国の料理」が体験できることにも気がついた。地域別の中華っていったいどんな料理があるんだ?調べれば調べるほど深みにはまっていく。多すぎ・・・。
ということで、調べつつ、実際に食べに行きつつ、ゆっくり学んでいくことに。ただし中国系住民約20%の街とはいえやはり中国から遠く離れた海の果て、「本場と同じ味」は期待しませんが。
昔々第2外国語で習った中国語(つまりほとんど基礎にもならない)を元に、メニューを読むための中国語も少しずつ学び始めました。そしていつかは中国長期食めぐり旅行がしたい。

ベトナム料理、韓国料理も行きます。日本料理?特に興味ないのよ。お上品すぎてパンチがないし、生の魚ってのが苦手で。
外食は週2くらい、しかも夫も私も小食なのでほんとにゆっくり少しづつしか進まないのが悩みの種です。

After I moved in Vancouver(2010), I was impressed from the quality of Chinese food in this city. And I realized that I can experience the world of "Chinese regional cuisine" that I knew very little about. What's Chinese regional cuisine actually? The more I search, the more I sink in the depth.Too much...
so I decided to learn slowly while I go and try the dish.
Of course, even though 20% of the population is the Chinese in this city, it's far away from china. So I don't expect them to be all "authentic".
I learned Mandarin far in the past as a general education subject (means doesn't be not even a base). Now I started to learn Mandarin to read menu. Someday, I have to travel all over China and eat their local foods all around!

I also go to Vietnamese restaurants and Korean. Japanese? Well, I'm not so interested in it because for me it tastes too delicate and has no "kick". And, also because I don't like raw fish!!
We dine out only about twice a week and the problem is that me and my husband don't eat so much so it doesn't progress very fast.

2011年04月23日

S&W Pepper House

S&W Pepper House

2011 189.jpg

四川料理店として人気がありかつオーセンティックと定評のあるレストラン。クリスタルモールの1階にある。
非常に小さく、ちょうど満席で10分ほど待った。表には待ち用にプラスチックのいす(アジアの屋台のやつ)が積んであったので使用。

SW.jpg

メニューはまあやはり四川料理一筋というわけでもない。しかしそれほど種類は多くない(店の規模にしては多いかもしれないが)。
待っている間に表の写真を見て蘇州料理の松鼠魚を発見、使う魚を聞いたらrock fishとのこと。表の写真には石班(ハタ)と書いてあった。夫は最後まで迷っていたが、「やっぱり魚は水槽のある店で食べる」と言って取らなかった。
よく考えたら水槽のある店って広東料理なので松鼠魚はないと思うし、普通は川魚を使うらしいけど・・・参考になるブログでは甘酢にケチャップが入ってるというのでちょっとそそられない料理でもあることだし、まあいいか。でも次また来たらケチャップ使ってるのかどうか聞いてみようかな。

で、選んだのは夫妻肺片(牛モツのピリ辛冷菜)と酸豆角炒肉(酸っぱい十六ささげと豚挽肉炒め)。どちらも前から食べてみたかった料理だ。

夫妻肺片

2011 192.jpg

モツは!?

2011 193.jpg

肉の下に隠れていた。

もっと臓物がいろいろ入ってる料理なはずだけど、よく見たら英語表記には「牛すね肉とハチノス(牛の胃)」と書いてる。
でもうまい。味がしみてる。香菜が重要な役割を果たしている。もともと好きだけど、こういう料理に入ってると輪をかけてうまいと思う。ピーナッツもうれしい。辛さは控えめ。熱くないからかもしれないけど、休みなく食べれるくらい。ほんとはもっと辛いのかな。調味料は多いはずなのに牛の香りが口に広がって、牛独特の甘みも感じられる。これは好きだ。

酸豆角の入った料理は一度試さなきゃと考えていた。酸豆角というのは豆角(或いは豇豆;日本語で十六ささげ。サヤインゲンを長くしたようなもの)を酸っぱくなるまで発酵させた漬物の類だ。

2011 190.jpg

この酸豆角炒肉。豆角がぽりぽりと噛み応えがよく、癖になる。辛味はやや辛い。甜麺醤かなにか入ってるのだろうか、ちょっと味噌っぽい味もした。
酸っぱさはというと、口に入れただけでは酸っぱさは感じない。しかし酸豆角を噛むと、噛めば噛むほど酸っぱい。ここが酢漬けとの違いだろう。酢臭さがなく柔らかな酸味だ。マイルドだけど、ご飯がなければ食べ続けるのは難しい(実は酸っぱいものは得意ではない)。茶碗1杯頼んだご飯はあっという間になくなってわれわれは満腹。この皿からは10分の1ほどしか減らなかった。持ち帰って消費を試みるも一向に減らず、4日目でチャーハンにしてやっと食べ終えた。うまいんだけどたくさんは食べられない類の食い物だ。


2011 195.jpg

今回発見したがクリスタルモールのそばには図書館があって、その前にはなかなか雰囲気のいい小さな公園がある。少し散歩したが、日がさしているのに空気が非常に冷たい(ほんの5日前のこと)。もっと暖かくなったら(というか夏になったら。夏が日本の初夏ぐらいの気候だから)フードコートでテイクアウトしてここで食べるのもいいかも。
今回はフードコートで熱い香港ミルクティーを買ってきて公園で飲んだが、寒いのでついたくさん飲んだら胸焼けした。むちゃくちゃ濃かったもの。インドのチャイ並みで。インドではチャイはおちょこみたいな器で飲むけど、やはりあれが適量なんだな。

It's popular and said to be authentic Sichuan restaurant. It's in the Crystal mall and really tiny. Before we went in, the seats were just got filled, so we had to wait about 10 minutes. Even while we were waiting, other customers were coming. We wait on the plastic stools like the ones used for street food in Asia.

The menu is not only Sichuan dishes. They have squirrel fish松鼠魚(deep fried whole fish with sweet and sour) which is from Jiangsu.
In Chinese, written it's "grouper"石班. The waitress said they use "rock fish"(I don't know what is it). My husband wanted to be more discreeet in having fish in a restaurant we come first time. We didn't take it. Also because I have read somewhere that generally 松鼠魚 contains ketchup. I'm not against ketchup but turns me off if I feel it too much in Asian dish.

We chose 夫妻肺片fuqi feipian, beef shank and tripe in chilli. I thought there were more organs, because this is organ dish in my knowledge. Instead, there was just a little bit of tripe hidden in lots of shank slices. Anyway, it was good. Its got beef fragrance and sweetness even with a lot of spices.

Also 酸豆角fermented green cowpeas(it's like long green beans) is what I was always thinking to try. It's sour by natural fermentation.
Hotness was quite strong to me. Then I felt also a bit of miso...must be tian mian jiang or something.
Green beans was nice and crunchy.

So, how sour is? It's not sour at all first in your mouth, but when you chew, you feel sour. More you chew, more it's sour. That is the difference from vinegar pickles I think. You feel mild sourness without smelling the vinegar. It's mild, but for me(not very tolerant to sourness), still difficult to keep eating without rice. It makes us eat rice. We had 1 small rice but it finished quickly and we got stuffed. Still the left over on this dish was like 90%.

So we took it home and tried to consume at home, but it took us 4 days. At the end, I put in the fried rice then finally finished.
It's kind of the food that although it's good, you can't eat a lot.

We found there's a public library with nice garden near by Cristal mall. It was really cold crisp air even though there was strong sun light (it was 5days ago from this post). Summer time it will be really nice if we take out food from crystal mall and eat on the green here.
This time, I took out a hot HK milk tea and drink in this park. The hot drink was so good in the cold weather so I drunk it too much. Then I had heart burn. Because that milk tea was really thick, concentrate drink. It was like chai. In India, they drink chai in very small cup...see, there was reason.
posted by バンクーバー三昧 at 14:25| Comment(1770) | TrackBack(0) | 四川系 Sichuan and around | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月06日

Szechuan boiled fish

(長くなったので日本語・英語に分けました。日本語バージョンはすぐ前の日記です)

Szechuan house restaurant in Burnaby

(For the picture, please see the report below this one.)

We tried "Szechuan boiled fish" for the first time. In the restaurant we went for the first time.
Hmm...I don't know what to say.
I couldn't enjoy it.
Is it because of restaurant food quality? Or problem of my tolerance to chili? Or to Szechuanese peppercorn? Is it trainable?

I'm not familiar with Szechuan cuisine.
I'm not even so tolerant to chili. Yes I can eat chili hot food, but not too much. I couldn't eat some dish in the past. For example, som tum in Isaan, samosa in north India.( but I was finishing most of the dishes I order in these countries)
My husband is a kind of person that bites whole fresh chili pepper.

This was not completely the first time I had real szechuan dish. In Shanghai we went for Szechuan hotpot. It was spicy from red chili and szechuan peppercorn. And oil!! There was thick layer of oil. I gave up and ate only from white part of "dual pot". My husband is much more chili person, but couldn't stand that much oil. So he scooped out and it filled up a grass and there was still more.
I did not enjoy that time too.
Also we experienced the muddy taste of the river fish in Shanghai. We couldn't like it.

Were we too optimistic that we tried authentic Szechuan boiled fish after this experience?
Chili's spiciness, peppercorn's anesthetic, amount of oil, fish's muddy taste and portion in the bucket-like bowl...all of them are what we experienced and puzzled in China.
Of course fish muddy taste was not much like in Shanghai and even the chili and peppercorn's amount could have been reduced since they have seen us "foreigner".
But for us, was a big hurdle.

Add to that, the fish was salty and it had particular texture. On the other hand, soy sprout was bland. We didn't know if we liked all those factors.
I was eating rice with a little bit of fish to get full, but after a bit I had enough. My husband as well. He can eat chili, but not so much used to Szechuan peppercorn. A level that adding the powder a bit to the Mapo tofu, not as a MAIN ingredient like this LOL!

But is it only our problem?
My husband said the fish is frozen, doesn't have depth in the taste. So could be the restaurant's problem too.
In addition, the toilet was dirty and messy, as well the kitchen we glanced partially. We haven't got very good impression from the restaurant.

Anyway, we are too "unmatured" to judge the Szechuan dish so quickly.

At this point, I started to think...how can I evaluate "authentic" cuisine while I have no experience about that cuisine before? We don't understand anything. And we are even in the country far away from. Could be nonsense?
Well...isn't it better to begin with general, popular, even "Cantonized" restaurants than going to authentic "hidden gems" that experts recommend?
Also it's important to try all the dish in one Cantonese restaurant. Whatever, we are just at the entrance.

So, we couldn't finish the dish and took away home (of course scooped only fish and sprouts from oil LOL). I enjoyed a bit better when it got cold at home because hotness got milder.
about $23 Incl. tax, one dish and one portion of rice.
We feel bad that we couldn't try more dishes.

The problem is, I liked their menu very much. As you can see on the review site, the menu has many things unusual. I want to try more. But I have just said that I have to go for more general restaurants, so I would say "someday".
posted by バンクーバー三昧 at 12:11| Comment(659) | TrackBack(0) | 四川系 Sichuan and around | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月05日

四川水煮魚に初挑戦 at Szechuan house


Szechuan house restaurant in Burnaby

初めて「水煮魚」を食べた。店も初めての店だ。オーセンティックな四川料理を出すと定評のある小さな家庭的な店である。
ううむ・・・何と言えばいいか・・・。
結論から言うとあまり楽しめなかった。店の腕のせいか、私の唐辛子への耐性か、それとも花椒への耐性か、それは鍛えられるものなのかそれとも相性か・・・。

そもそも四川料理に親しみがあるわけではない。
まず私は唐辛子にそれほど強いわけではない。日本人にしてはそれなりに食べるが、まったく平気と言うわけには行かない。とても食べられなかったものではイサーンで食べたソムタム、インドのサモサで1度づつ経験がある。
夫は生唐辛子をかじって食べる人間だから辛さは平気だ。

四川料理がまったく初めてなわけではない。上海で食べた火鍋の、二つに分けられたうちの赤い汁、あれが四川風だったに違いない。辛さにすぐにギブアップして、白いほうばかり食べた。さらに油の量!分厚い油の層が張っていて、辛味は平気でも油は気に入らない夫は油をくみ出していたが、コップ1杯使っても収まらなかった。このときも正直言って楽しんだとはいえない。

上海では魚の泥臭さにも閉口した。どんなに生姜と香菜を積んでも口に残る泥臭さ。私たち二人ともどうがんばっても泥臭さのよさを理解できないという結論に達した。
これらを踏まえながらあえて水煮魚に挑戦した私たちは甘かったのか。

boiled fish1.jpg

boiled fish2.jpg

唐辛子の辛さ、花椒のしびれ、魚の泥臭さ、洗面器大の鉢いっぱいの量、どこまで続いているのか見えないほどの油。すべてが中国で経験した戸惑いの再現だった。もちろん魚の泥臭さは上海と比べそれこそ雲泥の差で控えめだったし、多分唐辛子も花椒も外国人と見て手加減されていることだろう。
それでもハードルが高かった。
それらに加えて魚の塩辛さ、そして大豆もやしの味のなさと極端な噛み応え。
魚を少しとご飯のほうばかり食べておなかいっぱいにしたが正直途中でいやになった。

夫のほうも唐辛子は食べれても大量の花椒は慣れていない。麻婆豆腐に粉をぱらぱらかけて香りを楽しんでいた程度なのだ。
しかしこれは私たちの問題だけなのか?
夫はまず魚は冷凍だと判断した。味に深みがないとも言った。店側の問題もあるのではないかと。
ちなみにこの店は外観はいいのだが中は大変貧相な感じだ。しかも日曜の昼時に客はまばら。トイレに行った夫がこっそり「トイレは汚いしきちんとしてない。厨房もチラッと見えるけど同じ感じだ」と言った。厨房をきちんとしない店は味もいい加減だとは言うけれど・・・。

とにかく早急に判断するには私たちは四川料理に対して未経験すぎる。

ここで思ったんだが、ここがオーセンティックだあそこはオーセンティックではないと言ってレビューをチェックする私、本場のものを食べたこともないのにオーセンティックなものを追い求めていったい意味があるのか?外国にいる以上はまず偽者を知り、そして人が本物だと言っているほうを試して初めてああこれが本物かとわかるものではないのだろうか。
四川料理だけでなく、上海で1週間ほど過ごしたからって上海料理なんてさらっと触れただけだし、タイだって2ヶ月ほど旅行したがタイ料理の何がわかったわけでもない。
そして所詮は現地からかけ離れているのだからいくら「オーセンティック」であっても「本物」ではない。

私たちより通な人たちがオーセンティックだと噂する穴場を訪ねるより、まずは広東ナイズされた一般的なポピュラーな店に行ってみるべきか。
それにひとつの広東料理のレストランですべての料理を食べてみるというのも理解を深める上で重要だろう。まだまだ私たちは入り口に立ったばかりである。

というわけで半分ぐらい残して持ち帰りした(もちろん魚ともやしだけすくって)。ちなみに冷めたら辛味がマシになるため家では割と食べれた。
結局この1品しか食べられなかった。水煮魚とご飯一人分、税込み約C$23。小食で二人だけだから仕方ないけど初めていくレストランで1品しか食べずに帰るというのはなかなか悔しいものだ。

さらに困ったことにこのレストラン、メニューがとても興味深い。(リンク先のレビューサイトでメニューが見れます。)
ほかではないようなレアな四川料理(と見られる珍しい料理)が並んでいる。店の印象は消して良くなかったにかかわらずこれらを全部試してみたいのだが・・・・。まずは一般的な店からと言ったばかりなので、「そのうち」ということにしておこう。
posted by バンクーバー三昧 at 16:18| Comment(740) | TrackBack(0) | 四川系 Sichuan and around | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。