2010年、バンクーバーに移住してまずこの街の中華料理の質に感激。さらに今までほとんど知らなかった世界「地域別の中国の料理」が体験できることにも気がついた。地域別の中華っていったいどんな料理があるんだ?調べれば調べるほど深みにはまっていく。多すぎ・・・。
ということで、調べつつ、実際に食べに行きつつ、ゆっくり学んでいくことに。ただし中国系住民約20%の街とはいえやはり中国から遠く離れた海の果て、「本場と同じ味」は期待しませんが。
昔々第2外国語で習った中国語(つまりほとんど基礎にもならない)を元に、メニューを読むための中国語も少しずつ学び始めました。そしていつかは中国長期食めぐり旅行がしたい。

ベトナム料理、韓国料理も行きます。日本料理?特に興味ないのよ。お上品すぎてパンチがないし、生の魚ってのが苦手で。
外食は週2くらい、しかも夫も私も小食なのでほんとにゆっくり少しづつしか進まないのが悩みの種です。

After I moved in Vancouver(2010), I was impressed from the quality of Chinese food in this city. And I realized that I can experience the world of "Chinese regional cuisine" that I knew very little about. What's Chinese regional cuisine actually? The more I search, the more I sink in the depth.Too much...
so I decided to learn slowly while I go and try the dish.
Of course, even though 20% of the population is the Chinese in this city, it's far away from china. So I don't expect them to be all "authentic".
I learned Mandarin far in the past as a general education subject (means doesn't be not even a base). Now I started to learn Mandarin to read menu. Someday, I have to travel all over China and eat their local foods all around!

I also go to Vietnamese restaurants and Korean. Japanese? Well, I'm not so interested in it because for me it tastes too delicate and has no "kick". And, also because I don't like raw fish!!
We dine out only about twice a week and the problem is that me and my husband don't eat so much so it doesn't progress very fast.

2011年04月21日

Portuguese egg tart @Yaohan centre Osaka supermarket



またまたリッチモンド。リッチモンドはショッピングセンターの町だと思う。ヤオハンセンターに行ったことがなかったので行ってみた。
ヤオハンはショッピングセンターの名前としてしか残っていなくて、入っているスーパーは「大阪」というT&Tの系列。珍しくフードコートが1階にある。フードコートで軽く食べたけど目新しいものがなかったのでパス!

スーパーはまたちょっと微妙にT&Tと違う感じ。ベーカリー、惣菜がもっと充実しているかな。飯糰(台湾の巻きおにぎり)をその場で作って売ってた。もち米でどっしりと重そう(食べるにも、持ち歩くにも)だったのと、具を選ぶのが面倒そうでちょっと・・・と次の機会にする。

ベーカリーで見つけたのがポルトガル式エッグタルトPortugese egg tart! これ、上海の香港飲茶チェーン店(避风塘bi feng tang)で食べて病みつきになった。バンクーバーでは普通の飲茶ではお目にかからなかったが、とうとうここで再開を遂げた。
普通の香港式エッグタルトはタルト生地がクッキー、しかも中国のクッキーぽくってラードが使われていて、噛むとほろほろ崩れる感じ。それに対してポルトガル式は生地が層になっててコシがある、バターたっぷりのいわゆるパイ生地。
中身は香港式はしっとりと硬め、ポルトガル式はとろりとミルキー。
個人的にはポルトガル式が圧勝。中国ベーカリーで売ってる中国クッキーっていまいち好きじゃないし。

2011 135.jpg
2011 144.jpg
このスーパーのも期待通りだった。中身とろとろ。トースターであっためても、避风塘の出来立てのと比べるとぱりぱり感がないけど、そこまで期待してない。実は家で作るのも、冷凍パイ生地を使うと簡単なんだけど、やっぱり買ったほうがうまい。

Richmond is a city of shopping centres. This time we went to Yaohan in Richmond and ate in food court but I don't blog because nothing new. In the Osaka supermarket, we've seen they are making 飯糰fàntuán (Taiwanese rice roll)
but this glutinous rice big like a log looks heavy to eat here and heavy to take around. Next time...

I found Portuguese egg tart in the bakery corner! I became a fan ever since I had it in Shanghai, at HK dimsum chain restaurant(避风塘bi feng tang).I have never seen on the menu in dimsum restaurants in Vancouver, but finally I came across.

Normal HK egg tart has the cookie...Chinese cookie-ish shell which contains lard. It's flaky, powdery and fragile. Portuguese one's shell is so-called puff pastry which has layers. It's more tight and a little bit elastic and buttery.

HK one's filling is more firm compare that Portuguese is more melty and milky.
I personally give an award to Portuguese. I'm not fan of the Chinese cookies also.

Mmm....melty!
This supermarket's one satisfied my expectation. Even though I warm it up in the oven toaster, it doesn't be crispy as Bi feng tan's fresh one but I don't expect too much.
In fact, it's even easy to make it at home if I use frozen pie sheet, but not as good as the ones I liked.

posted by バンクーバー三昧 at 10:55| Comment(1223) | TrackBack(0) | 飲茶 Yam cha | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

飲茶@Dung sing chin seafood restaurant



Dung sing chin seafood restaurant

Golden starという広東料理店が、内装も料理系統もそっくりそのままで看板の名前だけ変えた。スタッフまで同じメンバーで、いったい何が変わったのか・・・。
ともあれ以前行ったことはあるがもういちど行ってみることに。

2011 077dungsing.jpg

green beans with minced pork & dried olive 欖角肉碎四季豆
サヤインゲンとひき肉とオリーブ*

細かくしたオリーブ*の実とひき肉はこげていた。中華でオリーブの実というのは初めて食べるが、味がわからなかった。塩辛いのと焦げの味だけ。サヤインゲンはうまかった。

*追記:本当は橄欖とオリーブは別物だそうです。この場合メニューの英語表記でオリーブ、中国語表記で橄欖の欖の字が使われていて、はたして出てきたのがどっちであったか・・・。まあこういう場合たいがい中国語のほうを信じればいいので、橄欖であった可能性が高いです。
今回は残念ながら焦げで味がわからなかったのですが、そのうちちゃんと橄欖を賞味してオリーブとの味の違いを知りたいです。


2011 079dungsing.jpg
2011 080dungsing.jpg

Beef meat balls with fresh bean sheets 山竹牛肉球
肉団子と湯葉

でかい肉団子がちっこい湯葉の上に載って来た。もうちょっと多めの湯葉を期待してたんだけど・・・肉団子を巻いてるとか・・・。ともあれ肉団子はふんわり柔らかい。

2011 089dungsing.jpg

steamed fish maws with shrimp paste 百花譲魚肚
魚の浮き袋とエビ団子
fish maw 浮き袋↓

2011 090dungsing.jpg

これも同じ類の料理。でかいエビ団子が浮き袋に乗ってきただけ。またしても凝ったものを期待していた。魚の浮き袋は初めて食べた。夫はいたく気に入って「(牛の胃の)ハチノスみたいだ」と言ってたが、私は苦手。癖がある。もしかしたら煮詰まった鶏だしをたっぷり吸わせたものだからなのかもしれないが、独特の胸焼けしそうな味がする。たぶん調理しだい、濃い調味料とかなら食べれそう。

2011 083dungsing.jpg

Taro with pumpkin dumplings 香芋南瓜餃
タロとかぼちゃ餃子
ふつーですね。皮は潮州餃子と同じ。

2011 085dungsing.jpg
2011 087dungsing.jpg

Spareribs with special rice noodle in hotpot 排骨陳村粉煲
土鍋入りスペアリブの陳村粉
陳村粉は米麺の生地を薄くしてくしゃくしゃにたたんで切ったもの。出てきたのは蒸した素の陳村粉に上からタレがかかってるもので、汁気がなくタレも十分にかかっていなかった。その上、麺は固まってて広がらなく、味が廻りきらない。いまいち。

以上、どの料理も同じ店では再挑戦しようと思わない・・・。



A restaurant called Golden star became this Dung sing chin. Nothing has changed except the name and sign. Same interior, same cuisine, even same staff.
We have been here when it was golden star but we gave another chance.

Dim sum(yum cha). Even this time we swore each other to pick always something new to us. So all below are the dishes we never had before.

green beans with minced pork & dried olive* 欖角肉碎四季豆
Minced pork and dried olive* was all burned. It's first time for us to have olive* in Chinese restaurant, but we couldn't taste it. Tasted just burned and salty. Green beans were good.

* A reader commented that 橄欖ganlan and olive are totally different plant. (olive in Chinese is 油橄欖) So this case, on their menu in English says olive, in Chinese says 橄欖(欖角), which one they serve...? In many cases like this, Chinese menu is more reliable, so it was probably 橄欖. But I couldn't taste because of the burn. I wish I'm going to taste 橄欖 someday, and tell the difference from olive.

Beef meat balls with fresh bean sheets 山竹牛肉球
It was huge meat ball and a little tofu skin sheet under. I expected more tofu skin, hoping maybe rapped around... Anyway, meat ball was tender and fluffy.

steamed fish maws with shrimp paste 百花譲魚肚
This is same type of food like the one above. huge shrimp ball with piece of fish maw under. Again, I was expecting something like rapped or stuffed.
It was first time we tried fish maw. My husband liked it very much, saying "like the tripe". Yeah, reminds me that, but fish maw has stronger taste. Not really fishy but something too strong. Could be that it sucked too much chicken stock. I didn't like much, or I have to try it seasoned strongly.

Taro with pumpkin dumplings 香芋南瓜餃
Rapping was like Chiuchow dumpling. Normal good.

Spareribs with special rice noodle in hotpot 排骨陳村粉煲(chen cun fen)
It's folded winkled rice sheet cut in wide size. It was kind of dry and sprinkled a little sauce. Noodles are firmed in the folded shape and never got loosen. Tasted dry and the sauce was not enough.

Almost all the dish we felt we don't want to try again in the same restaurant...

posted by バンクーバー三昧 at 09:28| Comment(910) | TrackBack(0) | 飲茶 Yam cha | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

糯米鶏Lou mai kai at Kam wai dim sum


Kam wai dim sum

連日チャイナタウンに行く合間に食べたもの。ちょっとしたスナックを、と思って以前から調べていた点心屋を訪ねた。ここは以前とても安く食べれる飲茶レストランで、いつも行きたいと思っていたのだが、とうとう行く前にレストランは閉じられてしまって、冷凍庫で冷凍点心を売る横でわずかな種類の暖かい蒸し点心を売る店と言う形に縮小されてしまった。その情報はレビューサイトで得ていたので軽く食べれるスナックのつもりで行った。

なるほど店はカフェテリア形式になってレジで保温器の中の蒸し物を取ってもらってお金を払ってから自分でテーブルに運ぶ。お茶も水も出ない。うーん、店にとっては非常に楽だ。レストラン経営に疲れてしまったのだろうか(笑)、つい1年前まで同じ身の上だったのでいろいろ勘ぐる夫。ガラスの保温器には蒸し餃子、シュウマイ、ブタマン類が並べられている、その下に糯米鶏/ローマイカイ(蓮の葉で糯米と鶏を包んで蒸したもの)を見つけてあ、これ食べた事ないや、と即決。夫はシュウマイ(どうせシェアするけど)。

kam-wai loumaikai.jpg

でかい。これでなんと2.5ドル(210円くらい)(税別だったっけ?)である。
シュウマイは4個で2ドル。
kam-wai suimai.jpg

私たちはもちろんおなかいっぱいになった。多分若い人でも一人で糯米鶏ひとつは食べられないんじゃないか、もち米はお腹にたまるから。もしかしてこれは私たちがバンクーバーで食べた中でもっとも、量に対して価格の安い外食の中のひとつ!?味も合格である。
しかしやはり安いだけあって糯米鶏の具は鶏肉の小さなかけらひとつと中華ソーセージのかけら、かろうじてひき肉がまあまあ大目に入ってるだけ。シュウマイも作りおきして長く置いていたのだろうか、皮がすぐはがれてきた。それにしても味は十分おいしい。

同じく安食堂でも栄養バランス(ちょっとカロリーオーバーだけど)を考えると同じチャイナタウンのKent's kitchenのオカズ2種類+チャウメンのほうがよい。(5ドルで2食分はある)

でも点心は点心、飲茶でなくてもちょっと蒸し点心を(フトコロをまったく傷めず)つまみたいってときにお勧めです。
バンクーバーではわざわざ中華街まで行かないと食べれないものなんてないけど、安い食事はもっと発掘できそうかも。

Kam wai dim sum used to be a popular cheap yum cha restaurant. I've never been here when they were a restaurant and always wanted to. And once I thought to come...too late! Now it became a frozen dim sum shop with a cafeteria that you can buy some already steamed hot dim sum and eat-in. Thank to one reviewer's post on restaurants review site, I found this information before I go with an expectation.

So I went there to just pick some snacks while we were in Chinatown.
I never had lo mai kai before so as soon as I found, I went for it. My husband chose siu mai. But anyway, we share.
This is big for $2.5! So big that we got full with this and siumai because glutinous rice makes you feel stuffed. 4 siu mai was $2. Well, as the cheapness, in the lou mai kai there was only one little piece of chicken, one little piece of Chinese sausage and so-so amount of minced meat. The siu mai skin was almost falling off because it could be already cooked long time ago. But the taste was good enough!

For equal cheapness, I prefer the balanced nutrition food( with a bit of over-calorie) in Kent's kitchen in same Chinatown. It offers 2 types of food and chow mein for $5, big portion of almost for 2 person.

But when you want to pick some little dim sum quickly, without service and without hurting your wallet, I would recommend this Kam wai. I feel that in Chinatown, there could be more cheap foods if I dig out.
posted by バンクーバー三昧 at 09:56| Comment(72) | TrackBack(0) | 飲茶 Yam cha | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

Western Lake

第1回目は広東料理、飲茶。

すでに述べたようにバンクーバーの大多数のレストランが香港系、広東料理。その中でも大きいレストランは昼食時(朝10〜午後3時くらい)に飲茶をやっている。店内で押して廻ってるカートから料理を選ぶスタイルはもう絶滅寸前なのではないだろうか。ほとんどがオーダーシートにチェックをつけて渡す注文スタイルだ。
種類はそんな多くないと思う。メニューはどこも似たり寄ったりだが、有名なダウンタウンの(やや)高級店KIRINではちょっと変わった物が多かった。

今回のレストランの情報
Western Lake Chinese Seafood 西湖海鮮酒家


行列ができているという評判だし、レビューの評価が高かったので選んだ。行ったのは1月初旬の日曜日。
ここもメニューはほかと大体同じ。値段は中くらい。

行列というか受付に人だかりと言う感じで、手書き数字チケットを渡されて「30分待ち」と言われた。外に出て時間をつぶしたがそろそろ時間になると中に入って待ってなければいけない。人だかりは順番が近くなって呼び声が聞こえる受付前で待ってる人たちってわけだ。それにしてもほとんど通路分のスペースしかないからぎゅうぎゅうである。

まずオーダーシートをもらって待ち時間のうちに決めてしまった。今まで毎回夫は鶏の足かアヒルの水かきを必ずオーダーしてたんだけど、いい加減毎回で飽きてきたので今回は遠慮してもらった。ゼラチン質しかなくて私は一本でもう飽きるのに結構な本数が積み重なってて意外と腹にたまってしまうからだ。

その代わりとでも言うのか夫は今日は唐突にクラゲを食いたいと言い出した。

jellfish.JPG
Marinated pork hock cold cuts with jelly fish
クラゲと豚膝の冷菜
冷菜なので最初に来た。クラゲは切り幅がやたらでかかった。クラゲもこんな大量に食べたいものではない。

他の店と同じくオーダーシートの表は点心もの、裏は麺、料理ものになっている。料理ものはこの店は汁物が多いのでひとつ頼んでみた。

clam.JPG
Clams in spicy Chinese wine sauce
アサリの紹興酒蒸し
結構紹興酒がきついけど、まあおいしい。

chiuchow.JPG
Steamed meat rissoles Chiu Chow style
潮州蒸し餃子(4個でした)
いろんな食感の野菜が刻まれて入ってて、透けて見える、代表的な点心です。皮はもっちりと粘りがある。初めて食べたけど、結構うまかった。皮ファンの私は満足。

shumai.JPG
Steamed prawn shiu-mai with dried scallops
干し貝柱入りエビシュウマイ(4個でした)
裂いた貝柱とトビッコが乗ってる。むっちりでかくて、エビが何匹もぶりぶり入ってる。なんかレビュー見るとここのは何でもエビがぶりぶり入ってて、それが人気なんじゃないかと。皮好きな私としては、ちょっと皮の存在感がないのが残念。

xo.JPG
XO sauce
XO醤
they charged $2.5 for this but it worth. Full of dried shrimp and scallops.
実は飲茶の蒸し餃子やシュウマイは本場では何もつけずに食べる。ちゃんと味がついてるからいらないんだそうだけど、うーんちょっとまだ慣れないかな。やっぱ小麦粉の生地のぺとっとした表面がまず舌に触れると、あ、醤油ほしいって思ってしまう。この店のXO醤がうまいという情報を仕入れてきたので今日はそれを頼んでみた。2.5ドルする。
金取るだけあってさすがうまい。干しエビとか干しホタテがざっくり入ってる。


yam ball.JPG
Deep fried yam balls topped with syrup
This was the best today. I think it contains a lot of glutinous rice flour and makes this what Japanese call "mochi mochi"(or QQ in Chinese?) which means sticky and elastic texture. Flavorful with clashed peanuts and sesame.
They call "yam" refer to orange sweet potato , wiki says. This ball is orange so also this case "yam" must be sweet potato. Though it was a bit pity that there was no potato-ish flavor.

揚げたヤム団子の糖蜜がけ
デザートです。今までデザートに胃袋の要領を裂くのがもったいなくて避けてたけど、これはちょっと珍しい品だったんで持ち帰り覚悟で頼んでみた。
あたりだった!うまい。白玉粉を混ぜてるのかもっちもち、いりゴマと砕いたピーナツとココナッツの香りが効いて、蜜は多すぎず少なすぎず。モチモチ好きなので今回で一番印象に残った品だった。ウィキを見ると北米では(間違って)オレンジ色のサツマイモをヤムと呼ぶらしい。オレンジ色がついてるからここでもサツマイモ団子と言いたかったのかな。どちらにしろ色はたぶん着色で、芋の味がしなかったのがちょっと残念。
今後はデザートも必ず一品トライしたい。

$29.50 (incl. tea $1.20. incl. tax) + tip 約2500円+チップ
包んでもらった残り物はクラゲがほとんどと、シュウマイ1個、餃子1個、ヤム団子もほとんど。

感想は、まあシュウマイのエビが多いというのが特筆できるくらいで、確かにXO醤とヤム団子もおいしかったけど、近所ならともかくわざわざ行って並ぶ(あるいは予約する)ほどのものかと。飲茶はまだこちらに来て5、6回目、まだ店比べをするほど舌が超えてない。しかし今のところ飲茶というのは店によってすごい変わるものではないなと思う。

参考までに、飲茶のオーダーシート
westernlake dimsum1.jpg
westernlake dimsum2.jpg
posted by バンクーバー三昧 at 12:23| Comment(320) | TrackBack(0) | 飲茶 Yam cha | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。