2010年、バンクーバーに移住してまずこの街の中華料理の質に感激。さらに今までほとんど知らなかった世界「地域別の中国の料理」が体験できることにも気がついた。地域別の中華っていったいどんな料理があるんだ?調べれば調べるほど深みにはまっていく。多すぎ・・・。
ということで、調べつつ、実際に食べに行きつつ、ゆっくり学んでいくことに。ただし中国系住民約20%の街とはいえやはり中国から遠く離れた海の果て、「本場と同じ味」は期待しませんが。
昔々第2外国語で習った中国語(つまりほとんど基礎にもならない)を元に、メニューを読むための中国語も少しずつ学び始めました。そしていつかは中国長期食めぐり旅行がしたい。

ベトナム料理、韓国料理も行きます。日本料理?特に興味ないのよ。お上品すぎてパンチがないし、生の魚ってのが苦手で。
外食は週2くらい、しかも夫も私も小食なのでほんとにゆっくり少しづつしか進まないのが悩みの種です。

After I moved in Vancouver(2010), I was impressed from the quality of Chinese food in this city. And I realized that I can experience the world of "Chinese regional cuisine" that I knew very little about. What's Chinese regional cuisine actually? The more I search, the more I sink in the depth.Too much...
so I decided to learn slowly while I go and try the dish.
Of course, even though 20% of the population is the Chinese in this city, it's far away from china. So I don't expect them to be all "authentic".
I learned Mandarin far in the past as a general education subject (means doesn't be not even a base). Now I started to learn Mandarin to read menu. Someday, I have to travel all over China and eat their local foods all around!

I also go to Vietnamese restaurants and Korean. Japanese? Well, I'm not so interested in it because for me it tastes too delicate and has no "kick". And, also because I don't like raw fish!!
We dine out only about twice a week and the problem is that me and my husband don't eat so much so it doesn't progress very fast.

2011年04月29日

free food @Vaisakhi festival

free food @Vaisakhi festival

バンクーバー近郊の街Surreyでインドのお祭りがあるというので行ってきた。バイサキという祭りで、主にシク教が祝う、プンジャブ地方の祭りらしいが、ウィキによるとヒンドゥーもムスリムも参加するそうだ。Surreyはインド移民が集中して住んでいる市で、私はつねづねインド料理を食べにたずねたいと考えていたもののやや遠出になるのでためらっていた。祭りが行われた通りを今回チラッと見たところ本当にインド関連の店が軒を連ねてる感じだった。次は普通の日に来たい。
パレードの出発時間に合わせて出たつもりだが、着いてみたら最後尾を見送っただけであった。お年寄りを乗せた市バスが最後尾についてて、夫はあれに乗ろうと・・・いやそんな勇気はない。きょろきょろするうちに最後尾も見えなくなった。後は歩き回るしかすることはない。

2011 267.jpg

プンジャブのお祭りであるからか、女性はみんなプンジャビドレスで来てた。男性はみんなというほどではないがシクのターバンを巻いている。

インドに行ったとき、プンジャブには行かなかったけど下調べしてて知ったが、シク教のお寺では無料の食事と無料の宿泊が敵供される。これは異教徒でも、生活に困ってるわけではない人でも関係なく利用できるらしい。大変気前のいい宗教だ。
このお祭りでも下調べしているときにfree foodという言葉を見つけて、お寺あたりで配られるのかなと期待していた。

していたが・・・・・



まさかここまでとは!出ている屋台すべて無料なのである!しかも道の両端ずらっと食べ物屋台で埋まってる。
まったく予期していなかったため、最初もらえるものを手当たりしだいもらっていたらお腹がいっぱいになってしまった。大失敗だ。最初に食べたものにはイマイチなものもあった。次来るときは本当に食べたいものだけを慎重に吟味して、いただこうと思う。無料屋台はどこまでも続いていて、あまりに範囲が広いので引き返した。すごいことである。プンジャビの人々の寛大さに実に感銘を受けた。

2011 257.jpg

2011 246.jpg

最初は野菜のパコラ。ちょっとこれは終わりかけを集めたようなもので油っこく塩辛く、食べるのに苦労した。

2011 251.jpg

次はたぶん豆の粉を練って揚げたと思われるものと、薄味のピラフに黄色いカレー。カレーには同じ揚げ物が最初から入っていた。カレーソースは辛くなく、正直言ってあまり印象の残らない味。揚げ物も、ずっしりして油っぽいけど特にこれという味はない。仕方ないけどどれも大量に作られた給食的な味がする。

2011 256.jpg

ピザ。まさかピザがあるとは。夫はインド料理だと思って取ってきて齧ったら思いっきりピザだった。おいしかった。
これでいよいよお腹いっぱいになって、最後の1品だけは慎重に選ばなければということに気づく。

2011 261.jpg

そして見つけたヒヨコマメカレー(chana masala)と、揚げパン。揚げパンがふわっふわしてうまい!これはインドで食べなかったな。ナンのようなもっちりどっしり、チャパティのぺったり感とまた違った新しい発見。

ヒヨコマメは、ヒヨコマメ苦手な私も結構おいしいと思った。ソースばっかり狙って食べてたけど。夫は豆大好き人種なので喜んで食べてた。

ちなみに食べ物はベジタリアン食しかない。プンジャブは鶏肉やら羊肉料理で有名だが、シク寺や祭りではやはり菜食が奨励されている。無料でいただくものなので贅沢は言えない。ピザのチーズは?インドでは乳製品はベジタリアンフードなのだ。

お腹いっぱいになったけど、お腹いっぱいにならなくてもいいから最後のダールとパンだけでもよかったな〜。ちょっと意地汚かったかな〜と反省した。でもとりあえずなんでも味見してみたかったんだよな。

2011 272.jpg

プンジャビダンスも発見。ぴょんぴょんと動きが激しい。私がやったらすぐ息切れしそう。でも見てるほうまで楽しくなる。世界の伝統ダンスの中で一番陽気なんじゃないだろうか(対極は日本舞踊?)

私はパレードの先頭が帰ってくるところを見れるかなと思って、待っててもよかったんだけど、また夫が「帰りたい病」を発病。帰ろう帰ろうって、子供か〜!てなわけでパレードを見てないのでちょっと心残りだが帰った。それでも家を出てから6時間は経過していた。公共の交通を利用したのでちょっと不便で時間がかかったというのもある。
全体を見てないけど、あれだけ歩いてたくさん屋台があったのに、地図上ではまだほんのちょっと足を踏み入れただけ。とにかくすごい規模のお祭りだというのは感じられる。実際プンジャブ州外で行われる最大のバイサキ祭のひとつだそうだ。

2011 274.jpg

道路は何車線もある広い道路が歩行者天国になっているというのに、ところどころ人がぎゅうぎゅう詰まって流れない。つーか右側通行(カナダ)左側通行(インド)関係なしで、みんな歩きたいところ歩く!これぞインド。
おもしろすぎ。また行くぞ。Surreyプンジャビの皆さん、Dhanwaad


We went to Vaisakhi festival in Surrey.
Thank to the Sikh hospitality, the food from stand was all free in the festival. Like Sikh temples in India give free food to equally
everyone include non-Sikh.
I have read there's free food but I didn't expect like this! so many stands...all free! This is incredible.
We really didn't expect like this so at the beginning we was taking whatever we found, then got stuffed. After all, we realized that we could have chosen more carefully because there were so many stands.

First dish is deep fried...vegetable? Second is deep fried bean(maybe) flour ball and curry and pilaf. In the curry I found same fried bean ball. They did tasted like mass-product food... But it's understandable and I'm sorry to say...

Pizza was ...a pizza. My husband thought it's something Indian then found it an ordinal pizza. But was good.
Last one is masala chickpea with deep fried bread. This was really good, Even though I'm not keen on chickpeas, I enjoyed. Well.. I enjoyed more on the bread, my husband enjoyed more on the chickpeas. The bread was so fluffy and bouncy. The dough seems different from naan which is doughy.

It's all vegetarian food. Sikh is not vegetarian religion but in the temple or traditional festival, vegetarian is recommended. Ah, cheese on pizza? in India, dairy product is vegetarian food.
I got stuffed. That was not our goal. To taste many thing was. So I regret that I got stuffed. Then what really good at the end was only the last dish. But this is point of view from result of trying.

We found a dance booth too. I love punjabi dance. It's so cheerful and bright. I want to try but sure I'm gonna be out of breath badly.

We barely saw the parade because when we arrive, we caught just the end and it was gone. I could have wait for its returning but my husband become a kid "let's go back, mum!!". Anyway, when we came back home, it was 6 hour past from when we left, even because we used public transport.
Even though I've seen just a part, I can feel it was huge huge festival. It was packed with so many people and they walk where ever they want without rules like walking right side (Canada) or left side (India). It reminds me chaos in India. Nice, I want to come again.
Dhanwaad!
posted by バンクーバー三昧 at 12:37| Comment(1572) | TrackBack(0) | イベント・レジャー Events, leisures... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

春節Chinese new year


バンクーバーでは中華街で春節のパレードが毎年行われるが、正確な旧暦の元旦があった次の日曜日にすることになっているらしい。さすがに旧正月は公共の祝日にはならないか(笑)いまのところ。
パレードの2日前から中華街のショッピングセンターInternational Villegeではステージが設けられ、さまざまな出し物が催される。というわけで3日間ちょっとずつのぞいてきた。出し物はタップダンスとかモダンダンスとか関係ないもの多数あったためアジアっぽいものに絞って行った。

1日目Chinese Dance by Senior Chinese Society of Vancouver
dance1.jpg

dance3.jpg

dance2.jpg

dance4.jpg

dance5.jpg

2日目Chinese Instrumental Performance by Yang Ling Chinese Music School

biwa.jpg

koto.jpg

3日目Thai dance by Vancouver Thai Dance Club

thai dance.jpg

thai dance2.jpg

この後太極拳があったけど夫が飽きてきたのでパス。(子供みたいだな)
中国のダンスはたくさんのバージョンと衣装が見れてよかった。素人目にも習い事の先生と生徒さんだなというのがわかってしまう。楽器もお琴で結構ダイナミックな演奏をしてたお嬢さん一人を除いて生徒さんというかんじだった。

そしてパレード。なんか想像では大きい獅子が一匹練り歩くだけって思ってたけどなんと長い長いパレードだった。バンクーバー警察とか政治団体とか全然関係ないやん!ってグループがたくさん混ざってるからだった。その合間に華僑会とか越僑会とかもでてきて、合間合間に小さめの獅子がたくさんうろうろしてた。ずっと見てたわけでなく出し物を見に行ってたりしたので大きい獅子はもしかして見逃したのか?

parade.jpg
posted by バンクーバー三昧 at 15:29| Comment(8) | TrackBack(0) | イベント・レジャー Events, leisures... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。