2010年、バンクーバーに移住してまずこの街の中華料理の質に感激。さらに今までほとんど知らなかった世界「地域別の中国の料理」が体験できることにも気がついた。地域別の中華っていったいどんな料理があるんだ?調べれば調べるほど深みにはまっていく。多すぎ・・・。
ということで、調べつつ、実際に食べに行きつつ、ゆっくり学んでいくことに。ただし中国系住民約20%の街とはいえやはり中国から遠く離れた海の果て、「本場と同じ味」は期待しませんが。
昔々第2外国語で習った中国語(つまりほとんど基礎にもならない)を元に、メニューを読むための中国語も少しずつ学び始めました。そしていつかは中国長期食めぐり旅行がしたい。

ベトナム料理、韓国料理も行きます。日本料理?特に興味ないのよ。お上品すぎてパンチがないし、生の魚ってのが苦手で。
外食は週2くらい、しかも夫も私も小食なのでほんとにゆっくり少しづつしか進まないのが悩みの種です。

After I moved in Vancouver(2010), I was impressed from the quality of Chinese food in this city. And I realized that I can experience the world of "Chinese regional cuisine" that I knew very little about. What's Chinese regional cuisine actually? The more I search, the more I sink in the depth.Too much...
so I decided to learn slowly while I go and try the dish.
Of course, even though 20% of the population is the Chinese in this city, it's far away from china. So I don't expect them to be all "authentic".
I learned Mandarin far in the past as a general education subject (means doesn't be not even a base). Now I started to learn Mandarin to read menu. Someday, I have to travel all over China and eat their local foods all around!

I also go to Vietnamese restaurants and Korean. Japanese? Well, I'm not so interested in it because for me it tastes too delicate and has no "kick". And, also because I don't like raw fish!!
We dine out only about twice a week and the problem is that me and my husband don't eat so much so it doesn't progress very fast.

2011年02月20日

El Pulgarcito


前日のタコスでいまいち腑に落ちなかった、&メキシカンの勢い(?)が付いた私たちは、以前から気になっていたちょっと入りにくい雰囲気の近所のメキシカンに思い切って行ってみた。

El Pulgarcito

内装は実に飾り気がなく「ボロ食堂」と言う言葉がぴったり。お客はほかに1カップル、スペイン語を話している。うーん私はこういうの大好きだ。熱帯の国を旅行しているような気分になる。
まあこの常連だけっぽい雰囲気が入りにくかったんだろうな。

ところでこの店は「メキシコ料理とエルサルバドル料理」とうたっている。ということはエルサルバドル人が調理してるんだろうな。メキシコ料理は良くメキシコ以外のラテンアメリカ人がやっているとどこかで読んだ。
ここでもメニューを見ても何もわからない(メキシコに行ったことあってもだいぶ昔なので料理名は全部忘れたという夫は当てにならない)。
そんなわたしたちが助かることに、日替わり特価メニューがあって、日曜日はtostadaとあるのでよくわからんがこれに決めた。その下にはたしかおすすめエルサルバドル料理とか書いてあってpupusaのcurtido添え、pupusaはトウモロコシ粉の生地に肉とチーズと何たらかんたらが詰めてあって、curtidoはキャベツをわずかに発酵させたピクルスで・・・もうこれでいいです!なんか中身の選択肢があって、たしか「肉と豆」ってのを選んだような気が・・・。

pupusa

pupusa.jpgpupusa2.jpg

tostada

tostada.jpg

おおー!tostada、うまそうだー!!pupusa地味だ! ということで地味なほうから・・・。
おいしいけど、中身も地味に豆・・・。豆ペースト(ピューレ?)の味だけで、肉やチーズはいったいいずこ・・・。うーん、豆ペーストにとうもろこし粉ねぇ、好みによるけど、ちょっとホクホク感が過剰かも。私はあまり豆の大ファンではないので、公正な感想は出てこない。皮はトウモロコシと言ってもあまりそんな味はしなく、普通におやきみたいな感じ。
curtidoはあっさりしてマイルドな酸っぱさで、きつい味の酢漬けが苦手な私もおいしく食べれた。とはいえ味はふつーにキャベツで、特にすごいものではない。

そしてtostada。これはもう見た瞬間から脳内モルヒネが漏れてくる。こういう、ぐちゃっと肉と野菜がのってソースまでかかったうまい食べ物を食べると私の脳は脳内モルヒネが働いてとろけてしまう。他にはピビンパ、ドネルケバブがライスの上にのったものなど。
しかしtostada、ようは平たいタコスなのかなとふと思った。
皮はぱりっと硬いトウモロコシ粉の生地。これぞトウモロコシ!という香ばしい風味がする。食べにくくてかぶりつくと鼻の頭にべちゃっと付いてしまうのだがもう脳内モルヒネが出ているのでかまってられない。レタスの下に肉があって何が入ってるのか良くわからなかったけど堪能させてもらった。このトウモロコシの香りが私がタコスに求めていたものだ!

pupusaとtostada、それぞれ一皿約5ドルちょいだった。なるほどtostadaは確かにお値打ちだ。

ところで夫はtostadaの肉が(調理されてからが)古くて、胃にもたれたと言ってたけど・・・。私は何も感じなかった。まあ気にしないで今後も行きたいと思うが、夫は嫌がるかも。

Because I was not convinced about the tacos I had, I decided to go to another Mexican in neighborhood that we have noticed but had been feeling hesitation to go in.

The ambience is no-frill. It reminds me a diner or coffee shop in tropical countries, which I like. The restaurant declares that they serve Mexican and Salvadoran. So I guess they are Salvadoran.
But I didn't have any idea what to pick on the menu. Not even my husband who has been to Mexico but forgot everything because was long time ago.

Thankfully, there was a "daily special" on the menu, says that Sundays special is "Tostada". We still didn't know anything, but decided to get it. Under the daily special, there says "Salvadoran speciality" pupusa (made from corn and stuffed with beans and cheese)with curtido(slightly fermented cabbage) on the side.

Wow! tostada looks gorgeous! Pupusa looks....sober! So I would start from the sober one.
Well, it looks sober and tastes sober. Tastes of beans which is I'm not a big fan of. So I cannot say something very fair but cornmeal and beans combination makes dry and mushy bite....The taste didn't have corn flavor at all.
Curtido was like very mild sauerkraut. I liked it.

Then, tostada. This kind of food makes my brain produce endorphin, this kind like pibimbap, kebab on the rice and all those which is mixed of everything and topped with sauce.
I got impression that tostada is sort of tacos.
The shell was crispy hard and had wonderful corn flavor.This is what I was expecting for tacos!

These were about $5 each dish. I felt tostada had excellent value.

My husband felt tostada's meat was old and heavy on the stomach but I didn't feel anything..... Would he agree if I say we eat again there? Well, I'll try.
posted by バンクーバー三昧 at 11:47| Comment(35) | TrackBack(0) | その他、エスニック等 others, ethenic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

タコスTacos at La Taqueria Taco Shop


La Taqueria Taco Shop


レビューサイトでタコスで探すと必ずここの名前が挙がる。評価が高い店だ。
タコス4つで10ドル。好きなものを選べるのだが、わからないので「それぞれ違うのを4つ」と言って選んでもらった。

taqueria.JPG

すみません、何が何か覚えてません。牛肉と豚肉とヤギと・・・タンもあったっけなぁ・・・。左奥のはパイナップル入り、左手前は赤たまねぎの酢漬けのせ。セルフでソースをかける。ソースはワカモレとチポトル、ハラペーニョ。
メキシコ料理もまったくの初心者なので評価はできない。しかしなんか違和感を感じた。それぞれの具がすべて完成された料理でありこれはこれでこの店の特製なんだろうけど・・・ちょっとソースをかけまくって味をわからなくするのがもったいないような、味が濃く肉気のある具なのでパンかご飯で食べたいような・・・(だからトルティーヤ2枚重ねなのか)。
夫に言うと、案の定、メキシコの屋台で売っているやつはもっと単純な料理を具にするということだ。

もうひとつ、私の中のメキシコ料理としてのイメージと違うところがあった。その話は次に続く。

I don't know anything about Mexican food but... I felt in this taco shop, each fillings itselves are like very completed main courses. I felt a bit "mottainai", it's a Japanese word to say "feeling sin to don't use up" ( there's more detail on wikipedia. ) In this case, I mean like "it's too good to add so many sauces". Well...sauces are self service so I can even avoid but...It's another "mottainai"!
I talked this doubt to my husband, and he confirmed that the taco vendors on the streets in Mexico use less seasoned meat so you add tastes with sauces.

Each tacos had double tortilla. I think it's to don't waste the thick taste of meat. They know what customers want.
There was another thing that I felt something missing from what I was imaging as Mexican food. Continues to next post....
posted by バンクーバー三昧 at 11:15| Comment(23) | TrackBack(0) | その他、エスニック等 others, ethenic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。