2010年、バンクーバーに移住してまずこの街の中華料理の質に感激。さらに今までほとんど知らなかった世界「地域別の中国の料理」が体験できることにも気がついた。地域別の中華っていったいどんな料理があるんだ?調べれば調べるほど深みにはまっていく。多すぎ・・・。
ということで、調べつつ、実際に食べに行きつつ、ゆっくり学んでいくことに。ただし中国系住民約20%の街とはいえやはり中国から遠く離れた海の果て、「本場と同じ味」は期待しませんが。
昔々第2外国語で習った中国語(つまりほとんど基礎にもならない)を元に、メニューを読むための中国語も少しずつ学び始めました。そしていつかは中国長期食めぐり旅行がしたい。

ベトナム料理、韓国料理も行きます。日本料理?特に興味ないのよ。お上品すぎてパンチがないし、生の魚ってのが苦手で。
外食は週2くらい、しかも夫も私も小食なのでほんとにゆっくり少しづつしか進まないのが悩みの種です。

After I moved in Vancouver(2010), I was impressed from the quality of Chinese food in this city. And I realized that I can experience the world of "Chinese regional cuisine" that I knew very little about. What's Chinese regional cuisine actually? The more I search, the more I sink in the depth.Too much...
so I decided to learn slowly while I go and try the dish.
Of course, even though 20% of the population is the Chinese in this city, it's far away from china. So I don't expect them to be all "authentic".
I learned Mandarin far in the past as a general education subject (means doesn't be not even a base). Now I started to learn Mandarin to read menu. Someday, I have to travel all over China and eat their local foods all around!

I also go to Vietnamese restaurants and Korean. Japanese? Well, I'm not so interested in it because for me it tastes too delicate and has no "kick". And, also because I don't like raw fish!!
We dine out only about twice a week and the problem is that me and my husband don't eat so much so it doesn't progress very fast.

2011年03月01日

甜酒湯丸sweet rice wine @President plaza food court



ダイソーで買い物を終えた後向かったのはさらに隣の建物、President plaza。ここは1階にT&Tと専門店街があってその上にフードコートがある。ここのフードコートも5,6軒ほど、こじんまりしたものだ。またまたおなじみのブログで見た「台湾シャオピン(焼餅)の店」と、「天津巻きの店」が目的。が、シャオピンの店は朝昼のみの営業(これはすでに知っていたけど)で、着いた3時ごろにはもう店じまいしていた。惜しい。で、天津の店へ。

O’Tray
2011-photo 241tianjinroll.jpg
2011-photo 242tianjin.jpg

煎餅果子 Tian jin wrap $3.75

ラップというよりクレープか。正直言って、小麦粉を水で溶いたクレープに卵を載せてくるっと平たくしてチリソースかけて、パリパリの何かをのせて、ネギをのせて畳んだだけのもので、味も特に驚くほどのものではなかった。ちょっとパサ着いた感じだった。パリパリのものも多分小麦粉の生地を揚げたものだが、多分これがなければあまりにつまらなすぎて食べにくいものになっていただろう。ていうかおばちゃんの手さばきを見るために$3.75払ったといっても差し支えない。

この天津巻きを食べている間に、なんとなく甘いものが欲しいなと思いながら目に止まったこれ。

Red Lantern

2011-photo 244red lantern.jpg

正月十五 桂花甜酒湯丸

ふむふむ、正月十五日に食べる甘酒の団子?おなかはいっぱいだったけどちょっと面白そう、と思って持ち帰りで注文してみた。3.5ドル。
この前の湯圓同様、結構待たされる。

2011-photo 247keika.jpg

それでも熱々で来たのでやっぱりできたてを一口・・・おおー、甘酒のいい香り! どぶろくを作ったことがあるけど、仕込んで2,3日後に出てくる麹の甘い香りだ。ご飯の粒が見えるがそれはバーチャルご飯、中身は完全に発酵して分解されているので抜け殻のようなもの。食べてもご飯の味はしない。

ちいさな白玉団子が入って、溶き卵も混ざっている。汁はやはりやや激甘ぎみだが湯圓と違い甘い餡がない分食べやすい。そういえばこれって、まだ食べたことないけど四川料理の「醪糟圓子」と同じもの?
甘いシロップの中に溶き卵って、最初ちょっと変に思ったけど、少ないせいか卵の味はしなかったので大丈夫だった。そもそも菓子ケーキ類はみんな卵が使われてるんだし、フレンチトーストなんて卵と砂糖の味がモロにするものまであるじゃないか。

そしてこのとき気がつかなかったのだが持ち帰って底をすくっていたら・・・名前どおり、桂花(きんもくせい)登場! 

2011-photo 255keika.jpg

確かに麹以外の甘い香りはしていたのだが。少しアルコールのにおいがしたのは甘酒からかと思ったが、桂花陳酒からだったのかも。
非常に満足、「あたり」の一品だった。どこの料理かと聞いたら「サンハイの南のほう」と上海なまりの英語で答えてくれました(笑)

中国のいろんな地方の料理を一箇所で味わえる、中華系フードコート。今回も収穫は多かったです。ああこれが近くにあったら毎日来て全部食べたい・・・。



After shopping in Aberdeen centre, we went to the next. President plaza.
I wanted to try Taiwanese shaobing if it were open. This one I knew it opens only for morning and lunch time, so I tried. It was around 3PM. Sadly, was shut. Well, this time I was not so disapointed because I knew.

So I went to O'Tray for another snack.
Tian jin wrap was more like crepe. Was just a crepe of flour and water, put egg over and spread, spread chili sauce, something crispy and green onions. Tastes nothing special. A bit dry-ish. But I think $3.75 was worth to see the woman's great hand work.

I wanted something sweet...
And I found a sign hand written in Chinese "15th day of new year. Sweet osmanthus, sweet rice wine and rice balls $3.5" on the counter of the vendor called Red lantern.
So I went for it.

We have sweet rice wine in Japan too, also we drink on new year. Do you know how SAKE is made? Sake is made by function of fungus called "koji (Aspergillus oryzae)". This fungus eat the starch of the rice, and produce sugar, yeast eats this sugar and produce alcohol. But this case, for the sweet wine, before the alcohol fermentation starts, human stop it by heat to kill those microorganism. Then only sugar remains.
This is traditional non alcohol drink. It has really nice sweet smell and taste like light yogurt. But now people don't drink often. I know this smell because I have experienced making sake(doburoku) at home in Italy.

So I was curious how's Chinese version. It came very hot and had smell of really nice sweet rice wine. There was glutinous rice balls without filling, egg seems cooked by dropping in the syrup, osmanthus I found at the bottom, and rice. The rice is virtual rice. It's fermented totally and melt in the syrup as sugar, so it's like an empty skin. It doesn't taste of rice.
I felt they add more sugar. Was too sweet to be only natural sugar from rice fermentation. But because rice balls didn't have sweet filling, total dish didn't be over sweet.

The egg in the sweet syrup looks a bit wired to me at the beginning, but I got used to it soon because it was little, so didn't taste of anything. In the first place, we use the egg in the sweets, all the cakes, biscuits, crepes...there's french toast which you even FEEL the egg and sugar! So, why not in the syrup!

I felt a bit of alcohol and I thought was from rice wine, but it could be from osmanthus flower liquor.
This was a "hit". Very satisfying sweet hot dish.
So I asked where this dish came from, woman answered "south of Sanghai" which is Shanghai in Shanghainese pronunciation sh becomes s. ...Lovely.

Oh I would eat everyday and try all dishes in Chinese food court like this only if I live closer....
posted by バンクーバー三昧 at 11:14| Comment(222) | TrackBack(6) | 上海料理 Shanghai cuisine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

瓦罐煨湯crock soup at Shanghai village


Shanghai village憶江南

バンクーバーの上海料理を検索していたときに見つけて気になっていた店。なんかこのスープが名物らしいな、食べてみたいな、と思ってたので行ってみた。
入り口に見本(?)がおいてある。タンドールのような大きな窯にスープの壷を置いて煮るという事。

2011-photo 169tandor2.jpg2011-photo 168tandor.jpg

このスープはいくつも種類があってメニューにはその中の4種を日替わりで用意している、それ以外は予約のみ受け付ける、という説明書きがあって、それは知っていたので予約よりも4種類のほうが選びやすいかな、と思って来たのでウェイトレスに聞いてみた。(ここのスタッフは今まで行った中華料理のなかで一番捕まえにくかった。満席というわけではないのに。中国旅行も含めワーストサービス)

ところがところが!聞いてみると厨房に戻って聞いてくると言うではないか。なに?名物料理じゃないのか?それで戻ってきて4種類をちゃんとメモして教えてくれたので、そのなかから一番興味深い「ハトの薬膳スープpigeon with herbal」というのを選んだ。それで待っていたらなんとまた戻ってきて「できない」というではないか。できるのは最初のから2種類減らした2種類のみだと。うーん、こういう理不尽、アジア旅行では良く味わうけどなぁ。
ここで「このcrock soupというのはどうみても人気メニューではない。何か違うものを選ぶべきでは」とは思ったものの、次この店に来るときは暖かい季節になっているかもしれない。やはり寒いときに食べておきたい。一度スープを食べたら気が済むんだ。そう思って選びなおした。ribs with mushroomだ。
その前にこんなものを注文した。

2011-photo 164 beans.jpg

前菜のソラマメの雪菜(高菜のような中国の漬物)和え(すみません、英語、中国語名忘れた。写真が載ってて即決したので)。

写真ではソラマメの比率がもっと多かったような・・・。でもおいしい。ごま油で和えてある。雪菜はスーパーで買うやつより何倍もおいしかった。漬物のよい香りがすごくするのに塩味は控えめ。あまりにうまみが強いので化学調味料も入ってるかなと思うが、味を阻害するほどではない。もしかしたら店の手作りかもしれない。
ところで皿の左側に注目!この料理には唐辛子は一切入ってません、それなのにこの赤い跡は何か・・・きっと他の料理を運んでるときに手について、その手でこの皿を持ったのだろう。まあ気にしない気にしない。

そしてこの店では会計が20ドルを超えるごとにサービスでシャオロンパオが付いてくる。(最初にソラマメとハトのスープを注文した時点で持ってきたもの。後で豚のスープになって会計が減って20セントほど20ドルに足りなかったんだけど、タダには変わりなかった。まあ当然だけど)

汁たっぷりのシャオロンパオはもうすでにクリスタルモールのフードコートで経験済みなので、とくに欲しいとは思わなかったけど・・・

2011-photo 165 xiaolog.jpg2011-photo 167xiaolong2.jpg

ここのもなかなか。7つのうち二つほど、持ち上げるときに底が破れてしまった。惜しい。しかしサービスにしてはええもんもってくるのう。

そして思ったより早く、スペアリブスープが来た。
しまった、マッシュルームって、いろんな種類のきのこかと勝手に思ってたけど、メニューの中国語をよく見てみるとしいたけって明記してるわ。ほんとにしいたけのみ。しかも干ししいたけ。ちょっとがっくり。これだから英語と中国語って常に両方チェックすべきなんだよな。

2011-photo 170 soup.jpg2011-photo 172soup2.jpg

スープの味は・・・、もう純っ粋な豚骨ダシ。家で豚骨ダシを作ったことはないけど、家で作ったらこんな風になるだろうなという味。中国調味料は生姜以外何も入っていない。万国共通でありそうな豚のスープ。中華らしさがなくてちょっと物足りない。最初ハトの薬膳が食べれると思っただけによけいに。しかしほっとする味ではある。
イタリア人の夫は子供時代に食べたおばあちゃんが作る豚のスープにそっくりだと言っていた。昔イタリアでは年に1,2度、各家庭で豚を1匹つぶしては、ソーセージなどの保存品を作ったり、食べれるところは余すことなく消費していた。その骨の利用法がこの豚骨スープだったのだ。最近このおばあちゃんがなくなったばかりで、おばあちゃんの思い出話でなんとなくこのスープも味わい深く思える。

スペアリブは、脂の乗っている部分はいいけど、脂身のない部分もあってひどくパサ付いて飲み込むにも苦労した。これはかなり煮込んである。注文してから来るまでの時間でできるものではない。そういえば、スープ壷はまったく煤などは付いていなく、ほんとに窯で煮たのかどうか怪しい。スープはすでに大きな鍋で煮込まれてあって、それを壷に取り分けたにすぎないに違いない。

まあ全体に味は悪くなかった。夫はかなりハトに心を奪われていたみたいで、心残りだったかもしれない。メニューに載っていたハトの燻製とかもかなり気になった。まあバンクーバーにはほかにも行くべき上海料理店はあるので、この店にまた戻るかどうかはわからない。
それから夫よ、ハトは広東料理で食べようね。

税込みチップ込みで約25Cドル(約2200円)。大量のスープとソラマメが少し余って持ち帰り。スープは家でラーメンにして楽しませてもらった。

I thought this restaurant's speciality is this crock soup because they display this sort of tandor to cook the crock soup. But when we asked the waitress what 4 soups they have today, she didn't know. She came back and gave us 4 name of the soups. We picked pigeon herbal soup, then she came back again telling us they can't make pigeon soup and the dish you can choose was reduced to 2 types! Should have turned down the soup and order something else, but I wanted to try once and this is the season to enjoy soup! So I picked "pork rib and mushroom crock soup"

Service was very slow and it took so long to catch staffs. Oh, I never mentioned about restaurant's services on my blog because me and my husband both don't care. But this place was worst of all the restaurants include our trip to China.

Before that, we orderd broad beans with xuěcài(pickled mustard green). This was very good. Tossed with sesame oil. Seems that broad beans ratio is a bit less than the picture on the menu, but it's alright. Xuecai had nice fragrance of pickled vegetable (familiar to me because Japanese have same type of pickles). Very mildly salted. I think they make this xuecai, because it's much better than the ones we buy at shop.
By the way, look at the left side of the dish. This dish does not contain any chili. So what's that red trace? Probably he/she didn't wipe the thumb when hold something red food, the waitress or the chef. Well, let's don't guess too much LOL

This restaurant gives free xiaolongbao every $20 order. We already found very good xiaolongbao in the crystal mall so were not very interested in but....Also they make quite good ones. Very good treat.

Soup came quicker than we thought. There were only shiitake mushrooms, shiitake was mentioned in on the menu, only in Chinese. (I didn't check and was expecting like...many mushrooms.) And it was dried shiitake.
Soup was 100% pure thick pork born stock. Nothing Chinese seasonings. I was a little bit disappointed even though the soup tastes very good. Maybe it was influenced from "herbal soup" mind which we had to change order.

Anyway, it was gentle heart-warming simple home cooking taste. Actually my husband said it is exactly same as his grandma's pork soup he had in his childhood in Italy. As you know, old days in Italy (or still now but diminished), each family kill one pig per year or half, make sausages and many things using up every parts. Pork born soup was the way to use bones.

Spare rib seems cooked long time so was dried and tough on the lean side. Fatty part was melty and good. So this is already prepared before order. And the soup pot was not dirtied by wood or charcoal. So I think it was just cooked on the burner and poured in the pot and took to our table.

Whatever, all the food we had was good. But we have to try many other Shanghai restaurants around Vancouver.
Total was about $25 incl. tax and tip. We had so much left overs to take back and at home I enjoyed ramen in this stock!!

posted by バンクーバー三昧 at 13:18| Comment(32) | TrackBack(0) | 上海料理 Shanghai cuisine | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。