2010年、バンクーバーに移住してまずこの街の中華料理の質に感激。さらに今までほとんど知らなかった世界「地域別の中国の料理」が体験できることにも気がついた。地域別の中華っていったいどんな料理があるんだ?調べれば調べるほど深みにはまっていく。多すぎ・・・。
ということで、調べつつ、実際に食べに行きつつ、ゆっくり学んでいくことに。ただし中国系住民約20%の街とはいえやはり中国から遠く離れた海の果て、「本場と同じ味」は期待しませんが。
昔々第2外国語で習った中国語(つまりほとんど基礎にもならない)を元に、メニューを読むための中国語も少しずつ学び始めました。そしていつかは中国長期食めぐり旅行がしたい。

ベトナム料理、韓国料理も行きます。日本料理?特に興味ないのよ。お上品すぎてパンチがないし、生の魚ってのが苦手で。
外食は週2くらい、しかも夫も私も小食なのでほんとにゆっくり少しづつしか進まないのが悩みの種です。

After I moved in Vancouver(2010), I was impressed from the quality of Chinese food in this city. And I realized that I can experience the world of "Chinese regional cuisine" that I knew very little about. What's Chinese regional cuisine actually? The more I search, the more I sink in the depth.Too much...
so I decided to learn slowly while I go and try the dish.
Of course, even though 20% of the population is the Chinese in this city, it's far away from china. So I don't expect them to be all "authentic".
I learned Mandarin far in the past as a general education subject (means doesn't be not even a base). Now I started to learn Mandarin to read menu. Someday, I have to travel all over China and eat their local foods all around!

I also go to Vietnamese restaurants and Korean. Japanese? Well, I'm not so interested in it because for me it tastes too delicate and has no "kick". And, also because I don't like raw fish!!
We dine out only about twice a week and the problem is that me and my husband don't eat so much so it doesn't progress very fast.

2011年05月06日

Portuguese chicken @Maxim's


Maxim's

日本で言ういわゆる「洋食」と似た感覚か、香港やマカオから入ってきた西洋料理、或いはアレンジされた西洋風の料理があって、茶餐廳(香港カフェ)で食べられる。その代表がポルトガルソースのチキン、または豚肉じゃないだろうか。
いつもみてるブログでこのポルトガルソースがあまりにおいしそうだったのでずっと食べてみたかった。ブログではチキンの裏メニューでポークだったけど、ソースが一緒ならチキンでも別にいいと思ってチキンにした。今回も余らせて持ち歩きたくなかったので、一品のみ。

焗葡国鶏飯 Baked Portuguese chicken with rice

2011 297.jpg

2011 301.jpg

うあぁ・・・きたよ。でか・・・ご飯もでかっ

2011 303.jpg

一口食べた瞬間、思ったのは「ルー」。そう、日本のカレーとかビーフシチューとかホワイトシチューの、市販のルー。なんというか、カレーからカレー粉を抜いたような、ホワイトシチューから牛乳を抜いたような、どっちつかずの不思議な味。たぶんサフランで色付けしてある。そしてルーを作るバターと小麦粉。それ以外は何が入ってるのかわからない。でもまあ慣れたらおいしい。しかし「ルー」が頭から離れないぐらい、なんと言うか懐かしいと言うか、日本的というか、日本的ジャンクっぽいと言うか・・・西洋料理がアジアで受け入れられると同じような変化を起こすのだろうか・・・。確かにご飯に合う。ところでご飯は長米で、硬めで、パラパラして粘りがまったくなく、湯取り式で炊いた(蒸した)ような感じ。

頭の中で賛否両論の食べ物だったが、「ルー」系の食べ物が苦手な人にはあまりお勧めできない。私はまあどっちかって言うと日本の市販のルーは苦手かな。モノによっては化調の塊みたいな味がするから。カレーはたまに少量作るときに使うか、自作カレーに混ぜ込むけど。
これはそこまで化調の味はしなかったので結構おいしく食べれたけど、うーん、わざわざこれを目当てにひとつのレストランに行くというほどでもない。他の店でもこのくらい、あるいはもっと旨く作るだろうと思う。しかし食べてみてなんとなく正体がわかったのでしばらくはもういい。


On the blog I always refer to, the Baked Portuguese pork in this HK cafe looks so good. Portuguese Chicken is on the menu and pork version is a hidden menu. I just need to taste that sauce, so I ordered chicken.
Even this time we didn't want any left over, we ordered only this.

Huge. Even the rice, big portion.
What came up to my mind on the first bite was "roux". In Japan, they sell all sorts of those for saucey "western" dish. Curry, cream stew, beef stew etc... It's concentrate cube and you put in the water that you already cooked meat and vegetable in, become starchy stew. Usually tastes fully loaded MSG.

This one didn't taste so much MSG, but reminded me... those Japanese junk. Adopted western food in Asian countries makes same reaction? Goes well with rice. Even though it didn't taste curry or cream stew...
Actually, I couldn't tell what flavor it had. I could see saffron from the colour. Butter and flour which makes roux. That's all I could tell.

By the way the rice was very al dente and dry. Perhaps it was cooked in the water and steamed or something. Not cooked in the rice cooker all the way.

It was good. We ate it all. But not worth to come to one restaurant for this. I think all the HK cafes can make like this or maybe some makes better. But now that I know roughly what is it, no need to try any more for a while.

posted by バンクーバー三昧 at 10:32| Comment(1177) | TrackBack(0) | 中国南方料理 Southern Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

Sun yee cafe (2nd)



Sun yee cafe について書くのはこれで2度目、だが食べるのは4度目になる。最近外食の予算削減を検討している私たち、この香港カフェに行けば安くて量が多くて(地雷を踏まない限り)うまいことはわかっている。そう、難点はメニューが多すぎるせいでたまにいまいち・・・な料理を選んでしまうこと。魯肉飯がいまいちだったのでとりあえず台湾料理は避けることにする。台湾料理を掲げているものの、店員は広東語をしゃべっていることに今回気がついたし。

ここで私は以前から食べてみたかったものを注文する時が来たと思った。チャウメン炒麺である。私は中華はおかず系が好きなのでまだこちらに来てチャウメン単品を注文したことがない。しかし広東料理の店では基本的にチャウメン、と言うとかたやきそば、つまりパリパリの麺にあんかけが載ったものが出てくる、と知って以来、一度食べてみたいと思っていた。私にとってかた焼きそばはやはり普通の焼きそばからグレードアップした、特別料理と言うイメージがある。

チャウメンと言えば全部かたやきそばというのではなくて、シーフードチャウメンとかハウススペシャルみたいなのが確実というのもどこかで目にしたので、通常メニューからハウスチャウメンというのを注文した。夫は冷蔵庫の掃除的なものを出されるのを危惧したけど。

2011 066sun.jpg

ごくまともな感じ。まあカニカマがやや品位を下げているが。9Cドル。
麺は揚げたのではなくて焼いてパリパリになったもの。端がちょっと焦げてる。鶏がすごくやわらかかった。重曹に漬けたのだろうか。あんはやや化調が入っているがジャンクフードほどでもない。

あんかけってやっぱ見た目が楽しい。味もよい。麺は固い部分と、あんに浸って柔らかくなったのと両方楽しめる。でもしばらくはもう食べたいと思わないかも。見た目と比べて意外と味は地味だった。意外感がないというか、基本的に日本のと同じかな。

夫はなんと前回食べた鱼扣煲が今日は何の魚か聞いていた。halibut(オヒョウ)らしい。即効でそれ、と決めていた。保守に走る夫にちょっと驚きつつ、この2日前に妙な魚を食べたせいで何か未練を残したのだろうと納得。

2011 070sun.jpg

2011 074sun.jpg

やっぱり今日もおいしかった。いや、あの魚のせいで数倍おいしいかも。同じ安飯屋なのにあちらは小汚くてこちらは清潔だし、素材を偽ることもないし、なんて話をしながら味を楽しんだ。
味はまたやや化調を感じる。気になる人は気になるかもしれない。私は残りを持ち帰った後、開けたときの匂いで気がついた。またこれも味付けは特に強いものはない。強いて言えば油が強いくらいか。塩加減はちょっと薄く、ご飯とともに食べるにはちょっと物足りない。とはいえ非常にうまく調理されていて少ない調味料でも印象に残る味だ。

4回目ともなると店員も覚えててくれて、びっくりするほどサービスがよい。平日の2時ごろで客が少なかったのもあるが、何度もテーブルに来てくれてVIP気分になった。

This is second time that I write about Sun yee cafe, but we have been there already 4 times. We are trying to low down the budget, so we head towards this Hongkong style cafe because we know this place serves cheap, good and big portion, unless you don't get wrong what to order. They have a big menu, too big. That's why some dishes are not really special.

I came up with the idea that I have to eat simple Cantonese "chow mein" because I have never tried in Canada. Yes, the crispy noodle with starchy sauce one. We have same dish in Chinese restaurant in Japan(kata-yakisoba). There's even Nagasaki "speciality" called Sara-udon. Nothing to do with udon, (I think they didn't know how to call "noodles" in the old days) but they use bit thicker noodles than Cantonese version.
For me, crispy chow mein with starchy sauce is something fancy, grade-up from just a fried noodle. Something I excite.

So I wanted to try in abroad at least once since I read somewhere that if you order chow mein in Cantonese restaurant, usually comes that crispy type, if it's house or seafood chow mein, it's sure.

I ordered "house chow mein" $9 from the normal menu. Here it came. The crispy one. It was crispy, especially on the edge. But was even burned a bit. The chicken leg chunk was so tender. There was a little bit of MSG in the sauce but I didn't feel it like junk food. But fake crab degrades the whole dish a bit.

I like starchy sauce, it looks nice and happy. You can enjoy this dish on the soaked part and crispy part.
But I don't think I want to eat this often. The taste was kind of modest and same like the one in Japan, not so exciting.

My husband asked what fish for "fish hot pot" today is. This is the clay pot fish we had last time. The server told us it's halibut. He ordered one. I surprised how conservative he is.
Anyway, even this time it was very good. Actually I felt even better because of the fish 2 days ago from this time. This place is clean and they are honest, with roughly same or even cheaper price.

What I notice was a bit of MSG. Who is sensitive may be bothered of.
Also this dish has no strong flavor. Strong oil and garlic, if I have to point something. There's very little salt which makes difficult to eat with rice. However, this tastes really well cooked food.

After visiting 4 times, they remembered us and gave us a great service. Even because it was 2pm on week day, there was only a few customers, we received a VIP treatment!
posted by バンクーバー三昧 at 08:22| Comment(1003) | TrackBack(0) | 中国南方料理 Southern Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

On lok


On Lok Restaurant & Won-Tun House

うちの近くだけど近所というほど近くない。何度も前を通って気になっていたワンタンと麺粥の店。
昔からある古い店らしい。内装も古そうな感じである。驚くのが白人率の高さ。歴史の長い中華レストランは白人が多い。

テーブルは全体に小汚く隅に食べ残しが残されていた。しばらくして来た食器が汚くて替えて貰ったものの、次に来たものも同じ・・・。
とりあえずワンタンを。

2011 044on.jpg

中身はエビと、ミンチではなく、小さく切った豚肉。豚の歯ごたえがはっきり感じられてなかなかよかった。しかしスープはなぜか微妙に苦く、あまりおいしくはなかった。

入るときに目に付いた張り出したメニューで、Cod fillet chop sueyというのがあったのでそれを頼んでみる。8ドルちょい。チョプスイというのは北米では定番の中華料理で、肉といろんな野菜を炒めてたっぷりとろみをつけたもの。あまり目新しいような料理ではないが、こちらに来て食べたことないので一度食べてみようと思った。

2011 045on.jpg

それと外食でも野菜を、と思っているところなので、ゆでレタスのオイスターソース。

2011 049on.jpg

稀有するまでもなくチョプスイに野菜がたっぷりはいってたけど。それとご飯も頼んだ。ご飯は香ばしいジャスミン米だった。

さて、チョプスイの「鱈の切り身」を食べ初めてすぐに、妙な泥臭さが口に広がった。野菜をあれこれ食べて口直ししてからもう一度挑戦してみるも、やはり魚を食べると泥臭さがする。これは、鱈ではない。こちらでよく売っている安い淡水魚、ティラピアかバーサだ。
まあ面倒なのでここで黙っていてもう二度と来なかったらいいじゃない・・・なんて言ってたけど、夫は一言言わなければ気がすまないらしく、ウェイトレスを捕まえてこれは何の魚かと聞いていた。
当然「タラです」という答えが返ってきたわけだが。(そりゃ料理名がタラのチョプスイなんだからそう答えるわな)

2011 048on.jpg

それで引き下がらずに「これはタラじゃないから厨房に聞いてきて」と頼んでいたが「タラって言ったでしょ」と怒ってしまって聞き入れてもらえない。アジアではよくあることだけど。
もう一度呼び止めると怒りながらようやくキッチンスタッフを呼んでくれた。料理人はタラだと主張しながら生の魚が入ったボウルを持ってきて見せてくれた。正直言って私には白身魚の切り身というだけで判別できない。

まあ取り替えろと要求したわけではないし、むこうはタラだといって引き下がらないので、「もういいよ、どっちにしてもおいしいから」とまとめた夫。普通に会計して(税込み22Cドル+チップ)帰った。出るときに2,3人のスタッフのそばを通っても無視されたよ。

夫は見せてくれた生のはタラではないと言う。過去にも夫はフィッシュ&チップスの店で(冷凍でないと事前に聞いて)出された魚を「冷凍だ」と言って店の人は「冷凍じゃない」と言ってお互い譲らなかったというトラブルを起こしている。その時は夫一人の意見だし、冷凍であろうとなかろうと同じ魚なんだし味は私レベル(魚の賞味レベルの低い日本人=一般カナダ人)ならわからないことなんだから細かいこと言わなくてもいいじゃないかと思って傍観していたのだが。
しかし泥臭さはさすがに私にもわかる。
なんにせよひどく白い目で見られたのでやっぱり黙ってたほうがよかったとは思うけどね。


Every time we pass by, we thought we have to try once On lok.
It's old wontun restaurant. When we walked in, were surprised how many westerns there were.

Interior was old and dirty-ish. Even the table was not cleaned properly. When the table wears came, were not washed well, so we asked to change it. But the replacement was almost same.

We ordered wontun soup because it's wontun house.
The filling was shrimp and pork, pork was not minced, was diced and quite chunky. I liked. But soup was not very tasty.

When we walked in, we saw the board for today's special. One of these was Cod fillet chop suey. Actually, we didn't know what to order in wontun restaurant other than wontun. And we have never ordered chop suey in Canada because we always went for something new. So I thought this is the chance. We ordered cod fillet chop suey. Was $8 and something.
And lettuce with oyster sauce for veggie. And rice. Rice was fragrant jasmine rice.

Soon after start eating chop suey, I felt muddy taste in my mouth. I thought my mouth was wrong. I ate some vegetable to fix my mouth, then tried again the fish. Muddy again. This is fresh water fish, tilapia or basa. My husband's opinion was same. We both don't like these muddy fish.
I said well... it's not something un-edible, I would not say anything and not gonna come to eat again. But my husband always "try"s.

He asked the staff what this fish is. Of course, she answered "cod". Naturally, all the serving staff would answer like her because its name is "cod fillet chop suey"LOL.
Then, he said "Ask to the chef because this is not cod". She didn't seem she wants to. My husband asked again, then she got upset. She kept doing her things. (This happens in Asia a lot)

After a bit, again, my husband caught her and asked to call the chef. Then finally she took the chef. The chef gave same answer; "this is cod". The nice thing is he went back to the kitchen and took the raw fish fillets in the bowl to show us. This is honest behavier, we appreciate. But it was not cod, according to my husband. Me, I cannot tell anything by the look, just it was white meat fish.

My husband was seafood chef long time in Italy. He says even though in Italy there aren't tilapia nor basa, nor even cod, now he knows them well after working in some restaurants in Canada; he can tell if it's cod or not, just by taking look at fillets.

But the chef didn't admit that was not cod. Finally my husband said, "OK,OK, anyway it's good dish. Thank you very much". Then the chef left. We paid with tip normally and went out. (22$ with tax before tip)
When we left, everyone ignored us.

That's why I didn't want to say anything.
In the past my husband has done similar fuss in a fish & chips. It was after few month we landed in Canada. He complained that they used frozen fish even though he made sure before ordering that is not frozen. And the restaurant didn't admit the complain. Now he realizes that in Canada, everywhere you go, they use frozen fish for the safety, even if it's fresh. But that time he was too strict.
I was watching it thinking this is just a no name fish & chips and no one cares if it's fresh or frozen. That was only his opinion from tasting, that fish was frozen. I wasn't bothered by the taste. If I (less fish eater Japanese) wasn't bothered, I think it's OK for almost everyone.

This case, even I felt the wrong taste. Was clear. But anyway, I still think it was better to don't say anything if I knew that they don't replace the dish nor compensate in any way, plus I had to go through their cold attitude.

posted by バンクーバー三昧 at 07:25| Comment(87) | TrackBack(0) | 中国南方料理 Southern Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

siu yuk @Parker place



さてこのParker placeにある焼臘店(チャーシューとかの中華のロースト肉をいろいろ売っているところ)でローストポーク(焼肉:シウユック)を買うのを最初から計画していた。これもいつも見ているブログで見ていたから・・・。

2011-photo 235siumei.jpg
Parker place焼臘店

2011-photo 238rostpork.jpg
siu yuk

中華のローストポークは皮をぱりぱりになるまで揚げ焼きにしたものだ。ねっとりしたタレをつけて焼くチャーシューとは好対照だ。初めてシウユックを食べたのは去年バンクーバーでだが、あまりのおいしさに「ポルケッタなんかメじゃないだろぉー」と叫んだ。

ポルケッタというのはイタリアの食べ物で似たような方法で丸焼きにされた豚だが、シウユックほど丹念に油をかけないのか皮はいまいちサクサクしておらず噛み千切れないし、身も硬くパサパサして味がない。シウユックは皮は完全にサクサクとなっていて食べれる。身はもっちりして味がしっかりついてる。イタリアのポルケッタにさんざん失望した後に出会ったシウユックにはちょっと東洋の優越性を感じてうれしかった。イタリア人の夫も同意。

さて肝心のこの店の味はというと・・・以前チャイナタウンで買ったと同レベルかなと思う。わざわざリッチモンドまで来て買って帰るものでもないかと。そのときの味に感激した印象が強いので今回はちょっと普通に感じた。皮はパリパリで身はまあ普通。硬くもないけどジューシーでもない。何ポンド買ったか覚えてないけど、これで6Cドルくらい。
もうひとつリッチモンドには人気のある焼臘店があって、そちらではばら肉のみでシュウヨックを作っているという話なので次はそちらを試したい。


Parker place has the famous Chinese roast shop. Popular for roasted pork. Again, Chowtimes reccomendation. When I ate first time Chinese roasted pork (siu yuk) in Vancouver last year, I was very impressed and claimed "This is superior to PORCHETTA!!". My Italian husband agreed. There are differences. Porchetta has very hard skin that you can't bite off, maybe because Italian work less on the pouring oil over the pig. Porchetta's meat is hard and dry compare to siu yuk. This is considering from all porchetta I had in Italy from 5,6 different vendors.

However, parker place sui yuk didn't impressed me as my first experience of sui yuk (was from Lee Loy in Chinatown). Maybe was too strong impression on the first time. The skin was very crispy, the meat was not hard but not so juicy.
I would expect more "pork belly roast" from HK BBQ master for the next visit.
posted by バンクーバー三昧 at 09:52| Comment(1349) | TrackBack(0) | 中国南方料理 Southern Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月26日

車仔麺cart noodle @Curry kitchen


リッチモンドというのはバンクーバー市の隣の市であるが、さらに移民の多い町であり、特に中国系住民は実に人口の40%を占める。街の印象は道が広くロードサイド店舗、巨大ショッピングセンターが立ち並び、非常にアメリカ的な光景なのに、看板はほとんどすべて中国語併記・・・。不思議な光景である。

もちろん中華料理も激戦区でHSBC Chinese restaurant awardsを取ったのもほとんどがリッチモンドのレストランである。つまりいい中華はリッチモンドにあるという話だ。もちろんうちからはやや遠いので、なるべくバンクーバー内のレストランから選んで行っているのだが、もしリッチモンドに住んでいたらアジア食めぐりではリッチモンドを出なくても済んでしまうだろう。

もちろん行きたいレストランもたくさんあるのだが、フードコートも見逃せない。屋台はアジア料理の醍醐味ではあるがここカナダでは屋台は非常に限られている。そのかわりアジア系のフードコートがところどころにあるが、とくにリッチモンドは10ヶ所近くの中華フードコートがあるという。まあ本当の屋台のように出す料理が細分化されたものではなく、ひとつの店舗でもレストランのようにいろんな料理を出しているのだが、少なくとも庶民的な雰囲気は味わえる。

ということで今日はダイソー(カナダでは2Cドル(泣)。でも品揃えは日本のダイソーといっしょ。つまり日本の日用品が欲しくなったらここへ)に行くついでにフードコートめぐり。ダイソーのあるショッピングセンターから徒歩圏内にすでに5つほどのフードコートがある。つまりフードコートのあるショッピングセンターがほぼ隣同士で建っているのだ。
比較的小さいものだがそのうち3つのフードコートへ。

Empire centre
非常に小さいフードコートで、店舗は6,7店程度か。この中にフードコート賞をとった煲仔飯の専門店があるという情報で来たのだが・・・なんと、フードコートなんてどーせ週7営業だとたかをくくって営業日を確認してこなかったら・・・見事に閉まっていた。あとで確認したら日曜休業でした。フードコート、あなどれないな!!

その中で食事の店は2店舗ほど開いていたのだが1店舗がえらい人気。看板には「牛什」「蛇羹」とあるが海南チキンを食べてる人も多い。うーん、蛇のスープ、気になる・・・積極的に食べたいとは思わないけど一度も食べたことないし、一応ブログで「食べました」と買いとけばカッコつくかも(不純だ)。フードコートで蛇っていうとこがバンクーバーの中華ワールドをあらわしていて面白いし。夫も蛇か〜、食べようかな〜って感じ。

踏ん切りがつかず隣のモールのフードコートも見てみるってことに。

Parker place
ここもそんな大きくない。ここでも他ブログに載ってたおいしいという店発見。車仔麺の店。夫がショーケースのおいしそうなモツに惹かれて結局ここにした。
Curry kitchen

カレーやさんじゃないんだけど・・・と思ってみてたら車仔麺のうえからカレーソースをかけてるバージョンも売られていた。
うちらはオーソドックスに・・・

2011-photo 233organs.jpg

細麺の上に牛筋、ハチノス(牛の胃)、小腸の3種類トッピング。選ぶ具の数が多くなるにつれて値段も上がる仕組み。これは6Cドルくらい。具は他にはすり身団子系が多い。おっちゃんは豚の皮と大根もおまけしてくれた。
どれも味がしみてうまい!ダシがよく出ていて八角やシナモンが効いた醤油ベースの汁が香しい。二人で汁まで全部食べて大満足〜。
で、これにカレーかけたらモツカレーになるんだろうか、カレーもやっぱり麺入りなんだろうか・・・。

夫はこのあと「蛇も食うぞ」とか言ってたけど、モールを出たころには満腹神経がやっと伝わってきたようで、「やっぱり食えん・・・」と断念していた。

We went to Richmond for daiso and to eat in "James snack" which specialize on clay pot rice. I didn't check the open time and day because I thought "food court, huh...they open 7days a week". Instead, it was shut. On Sunday!? You can't make light of the food courts!!

In front of James snack, there was another vendor, which people were lining up. On the sign, it says beef and snake soup. But many people had Hainanese chicken. For me snake was more worth to pay attention. Snake in the food court!
Anyway, we decided to see also next building's food court, Parker place.

My husband was attracted by the show case of organs at Curry kitchen. This vendor also I have seen on Chowtimes, seems good.
This vendor makes 車仔麺 cart noodles, various noodles with various toppings. There were many types of meat balls but we like more organs. So we chose tendon, tripe and intestine. 3 types of toppings costs around $6, more toppings you choose, more price goes up. generous vendor man gave us a big piece of daikon and pork skin too.

It was really good. Stock was boiled long time, soy sauce based and had accent of star anise, cinnamon and other spices. We enjoyed till the last drop of soup in the bottom.

My husband was saying "I can eat more. Let's go for the snake soup!", but when we came out of food court, his repletion nerve started to transmit finally. Then he gave up.

posted by バンクーバー三昧 at 11:04| Comment(163) | TrackBack(0) | 中国南方料理 Southern Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

Sun yee cafe

sun yee cafe新恰餐廳

近所の典型的な香港カフェ(茶餐廳;WIKI)。
(近所といっても徒歩20分くらい。)

カフェといっても麺類や普通の一品料理や西洋料理やトーストなどの普通のカフェメニュー等など何でもあり。日式ラーメン、うなぎの蒲焼まである。カフェのクセに朝11時からの営業で、朝食はない。
今まで2回ほど行った。中華のゆで鶏やホイコーローや麺類など試してみたがどれもなかなかいい線行ってた。人気があって昼食時はいつも満員である。客層は98%(←見た感じ)東アジア系。
それでまあメニューがやたらと多いのでお持ち帰り用メニューを家に帰ってじっくり読んでいた(趣味です)。
で気がついたのだが香港カフェとはいってもメニューの表紙に「台式簡餐」とある。そしてメニューには「台式小食」「台式小火鍋」というカテゴリーもある。なので実はこれ台湾系なのではないかと思ったのだ。

これは台湾料理を試してみなければ、と、息巻いてある日の昼食に再訪。事前に台湾の小吃を調べていてお目当ては決まっている。
魯肉飯と煮卵だ。調べたところでは「醤油と砂糖で柔らかく煮込んで味がしみたぶつ切り肉のご飯のせ」と「肉を煮込んだ同じ汁で煮込んだこれまた味がしみた煮卵」を煮汁ごとご飯に載せたものということ。写真をみてなんとなく味を想像する。

魯肉飯+鹵卵
Taiwanese meat sauce and marinated egg on steamed rice
luroufan.jpg

と・・・きてみたら想像と大違い、飯がやたら多い。肉をつまんで食べてみると・・・薄い。味が異様に薄い。上品というのでもなくただ薄い。ちゃんと五香の香りはするが決定的に醤油、砂糖が足らない。ちっともおかずにならない。ご飯がアマル君である。卵はというとごらんのとおり真っ白のただのゆで卵。煮汁は大量のご飯にしみこんですっかり薄められているのでもう味はないのと同じ。魯肉飯食べたことのある人、普通この料理ってちゃんとご飯に合うように味付けされたものですよね?
結局ご飯が食べれずに肉だけ食べた。

その横で夫は入ってきたときによその人が食べていたものに一目ぼれして頼んだ料理が大当たり。

鱼扣煲
fish hot pot
braised fish.jpg

魚は鱈でした。
この、中国語の「煲」、普通、土鍋で煮込んだ煮物料理だけど、多くの訳がいい加減な店ではHOTPOTと表記されてるけど、HOTPOTって火鍋の訳なんだよね。火鍋と一緒にしたら中国語が読めない客は混乱するじゃないかと思う。braised in clay pot が正確な訳と思うけど、お構いなしなのかねぇ。これだけでなく全般に中華料理店のメニューは説明が少なくて、来てのお楽しみ的な要素が濃い。これはもともと中国語でもそうなのかもしれない。

この料理に戻るけど、「煲」って煮物かと思ってたけどこの料理はなんと煮汁がまったくなく、炒めた様なかんじ。というか揚げてから味をつけて土鍋に入れて炒め煮したのか・・・こういうバージョンもあるのか。
扣というのは碗に入れて蒸すという意味らしいから関係ないような・・・。

とにかくうまかった。手がかかっている感じで味の濃さもちょうど、ご飯を食べようと思ったら食べれるけどそのままでもおいしいって感じ。ただ量はさすがに魚を使ってるだけあって控えめ。(9ドルくらいだった。)多く見えるけど丸揚げしたにんにくとか魚の骨とかぶつ切りショウガを積み上げていくと土鍋の半分ぐらい満たす。
というわけで今日はお持ち帰りなし。でもお腹はいっぱいになった。合計15.35ドル+チップ。

この店はどうもhit and missだな・・・まあしかし打撃的な失敗作は今回だけだったので、今後もこの店でのメニュー冒険は続く。もちろん台湾料理は避けとこう・・・。いや、確かに台湾カフェなのかもしれないが、魯肉飯は屋台料理なので茶餐廳に期待するものではないのかも。

On their menu, it's written "台式簡餐" which I guess it means "Taiwanese light meal". And their menu has Taiwanese category. So I thought this is Taiwanese cafe. And I went for representative Taiwanese snack luroufan.

Their luroufan was disappointing. No taste.No soy sauce. Can you see the egg? Not marinated at all. Too much rice. The sauce which has no taste went into this rice mountain and disappeared totally!
I've never been to Taiwan but I think real Taiwanese luroufan has to be more tasty and in thick sauce to mach with rice. Isn't it?

Fish hot pot was very good. They used cod.
By the way, they translated 煲 "hot pot".I think they should say it's "braised in clay pot" because "hotpot" is the word for 火鍋. It confuses the customer who doesn't read Chinese. But many Chinese restaurants do like this.They explain the dish in English as simple as possible! You surprise when the dish comes. But maybe this is Chinese way.

In this cafe, it seem to be hit and miss. But till this luroufan, we had 4 dishes in the past and they've never been failed. So I'll keep going back.
I still believe this is Taiwanese cafe because of the sign "台式簡餐" and the menu. But luroufan is kind of street food in Taiwan, only luroufan-specialized joints make good luroufan. So maybe this is not the dish I should order in a Taiwanese cafe.

posted by バンクーバー三昧 at 13:45| Comment(1445) | TrackBack(0) | 中国南方料理 Southern Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。