2010年、バンクーバーに移住してまずこの街の中華料理の質に感激。さらに今までほとんど知らなかった世界「地域別の中国の料理」が体験できることにも気がついた。地域別の中華っていったいどんな料理があるんだ?調べれば調べるほど深みにはまっていく。多すぎ・・・。
ということで、調べつつ、実際に食べに行きつつ、ゆっくり学んでいくことに。ただし中国系住民約20%の街とはいえやはり中国から遠く離れた海の果て、「本場と同じ味」は期待しませんが。
昔々第2外国語で習った中国語(つまりほとんど基礎にもならない)を元に、メニューを読むための中国語も少しずつ学び始めました。そしていつかは中国長期食めぐり旅行がしたい。

ベトナム料理、韓国料理も行きます。日本料理?特に興味ないのよ。お上品すぎてパンチがないし、生の魚ってのが苦手で。
外食は週2くらい、しかも夫も私も小食なのでほんとにゆっくり少しづつしか進まないのが悩みの種です。

After I moved in Vancouver(2010), I was impressed from the quality of Chinese food in this city. And I realized that I can experience the world of "Chinese regional cuisine" that I knew very little about. What's Chinese regional cuisine actually? The more I search, the more I sink in the depth.Too much...
so I decided to learn slowly while I go and try the dish.
Of course, even though 20% of the population is the Chinese in this city, it's far away from china. So I don't expect them to be all "authentic".
I learned Mandarin far in the past as a general education subject (means doesn't be not even a base). Now I started to learn Mandarin to read menu. Someday, I have to travel all over China and eat their local foods all around!

I also go to Vietnamese restaurants and Korean. Japanese? Well, I'm not so interested in it because for me it tastes too delicate and has no "kick". And, also because I don't like raw fish!!
We dine out only about twice a week and the problem is that me and my husband don't eat so much so it doesn't progress very fast.

2011年05月06日

Portuguese chicken @Maxim's


Maxim's

日本で言ういわゆる「洋食」と似た感覚か、香港やマカオから入ってきた西洋料理、或いはアレンジされた西洋風の料理があって、茶餐廳(香港カフェ)で食べられる。その代表がポルトガルソースのチキン、または豚肉じゃないだろうか。
いつもみてるブログでこのポルトガルソースがあまりにおいしそうだったのでずっと食べてみたかった。ブログではチキンの裏メニューでポークだったけど、ソースが一緒ならチキンでも別にいいと思ってチキンにした。今回も余らせて持ち歩きたくなかったので、一品のみ。

焗葡国鶏飯 Baked Portuguese chicken with rice

2011 297.jpg

2011 301.jpg

うあぁ・・・きたよ。でか・・・ご飯もでかっ

2011 303.jpg

一口食べた瞬間、思ったのは「ルー」。そう、日本のカレーとかビーフシチューとかホワイトシチューの、市販のルー。なんというか、カレーからカレー粉を抜いたような、ホワイトシチューから牛乳を抜いたような、どっちつかずの不思議な味。たぶんサフランで色付けしてある。そしてルーを作るバターと小麦粉。それ以外は何が入ってるのかわからない。でもまあ慣れたらおいしい。しかし「ルー」が頭から離れないぐらい、なんと言うか懐かしいと言うか、日本的というか、日本的ジャンクっぽいと言うか・・・西洋料理がアジアで受け入れられると同じような変化を起こすのだろうか・・・。確かにご飯に合う。ところでご飯は長米で、硬めで、パラパラして粘りがまったくなく、湯取り式で炊いた(蒸した)ような感じ。

頭の中で賛否両論の食べ物だったが、「ルー」系の食べ物が苦手な人にはあまりお勧めできない。私はまあどっちかって言うと日本の市販のルーは苦手かな。モノによっては化調の塊みたいな味がするから。カレーはたまに少量作るときに使うか、自作カレーに混ぜ込むけど。
これはそこまで化調の味はしなかったので結構おいしく食べれたけど、うーん、わざわざこれを目当てにひとつのレストランに行くというほどでもない。他の店でもこのくらい、あるいはもっと旨く作るだろうと思う。しかし食べてみてなんとなく正体がわかったのでしばらくはもういい。


On the blog I always refer to, the Baked Portuguese pork in this HK cafe looks so good. Portuguese Chicken is on the menu and pork version is a hidden menu. I just need to taste that sauce, so I ordered chicken.
Even this time we didn't want any left over, we ordered only this.

Huge. Even the rice, big portion.
What came up to my mind on the first bite was "roux". In Japan, they sell all sorts of those for saucey "western" dish. Curry, cream stew, beef stew etc... It's concentrate cube and you put in the water that you already cooked meat and vegetable in, become starchy stew. Usually tastes fully loaded MSG.

This one didn't taste so much MSG, but reminded me... those Japanese junk. Adopted western food in Asian countries makes same reaction? Goes well with rice. Even though it didn't taste curry or cream stew...
Actually, I couldn't tell what flavor it had. I could see saffron from the colour. Butter and flour which makes roux. That's all I could tell.

By the way the rice was very al dente and dry. Perhaps it was cooked in the water and steamed or something. Not cooked in the rice cooker all the way.

It was good. We ate it all. But not worth to come to one restaurant for this. I think all the HK cafes can make like this or maybe some makes better. But now that I know roughly what is it, no need to try any more for a while.

posted by バンクーバー三昧 at 10:32| Comment(1177) | TrackBack(0) | 中国南方料理 Southern Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。