2010年、バンクーバーに移住してまずこの街の中華料理の質に感激。さらに今までほとんど知らなかった世界「地域別の中国の料理」が体験できることにも気がついた。地域別の中華っていったいどんな料理があるんだ?調べれば調べるほど深みにはまっていく。多すぎ・・・。
ということで、調べつつ、実際に食べに行きつつ、ゆっくり学んでいくことに。ただし中国系住民約20%の街とはいえやはり中国から遠く離れた海の果て、「本場と同じ味」は期待しませんが。
昔々第2外国語で習った中国語(つまりほとんど基礎にもならない)を元に、メニューを読むための中国語も少しずつ学び始めました。そしていつかは中国長期食めぐり旅行がしたい。

ベトナム料理、韓国料理も行きます。日本料理?特に興味ないのよ。お上品すぎてパンチがないし、生の魚ってのが苦手で。
外食は週2くらい、しかも夫も私も小食なのでほんとにゆっくり少しづつしか進まないのが悩みの種です。

After I moved in Vancouver(2010), I was impressed from the quality of Chinese food in this city. And I realized that I can experience the world of "Chinese regional cuisine" that I knew very little about. What's Chinese regional cuisine actually? The more I search, the more I sink in the depth.Too much...
so I decided to learn slowly while I go and try the dish.
Of course, even though 20% of the population is the Chinese in this city, it's far away from china. So I don't expect them to be all "authentic".
I learned Mandarin far in the past as a general education subject (means doesn't be not even a base). Now I started to learn Mandarin to read menu. Someday, I have to travel all over China and eat their local foods all around!

I also go to Vietnamese restaurants and Korean. Japanese? Well, I'm not so interested in it because for me it tastes too delicate and has no "kick". And, also because I don't like raw fish!!
We dine out only about twice a week and the problem is that me and my husband don't eat so much so it doesn't progress very fast.

2011年04月29日

free food @Vaisakhi festival

free food @Vaisakhi festival

バンクーバー近郊の街Surreyでインドのお祭りがあるというので行ってきた。バイサキという祭りで、主にシク教が祝う、プンジャブ地方の祭りらしいが、ウィキによるとヒンドゥーもムスリムも参加するそうだ。Surreyはインド移民が集中して住んでいる市で、私はつねづねインド料理を食べにたずねたいと考えていたもののやや遠出になるのでためらっていた。祭りが行われた通りを今回チラッと見たところ本当にインド関連の店が軒を連ねてる感じだった。次は普通の日に来たい。
パレードの出発時間に合わせて出たつもりだが、着いてみたら最後尾を見送っただけであった。お年寄りを乗せた市バスが最後尾についてて、夫はあれに乗ろうと・・・いやそんな勇気はない。きょろきょろするうちに最後尾も見えなくなった。後は歩き回るしかすることはない。

2011 267.jpg

プンジャブのお祭りであるからか、女性はみんなプンジャビドレスで来てた。男性はみんなというほどではないがシクのターバンを巻いている。

インドに行ったとき、プンジャブには行かなかったけど下調べしてて知ったが、シク教のお寺では無料の食事と無料の宿泊が敵供される。これは異教徒でも、生活に困ってるわけではない人でも関係なく利用できるらしい。大変気前のいい宗教だ。
このお祭りでも下調べしているときにfree foodという言葉を見つけて、お寺あたりで配られるのかなと期待していた。

していたが・・・・・



まさかここまでとは!出ている屋台すべて無料なのである!しかも道の両端ずらっと食べ物屋台で埋まってる。
まったく予期していなかったため、最初もらえるものを手当たりしだいもらっていたらお腹がいっぱいになってしまった。大失敗だ。最初に食べたものにはイマイチなものもあった。次来るときは本当に食べたいものだけを慎重に吟味して、いただこうと思う。無料屋台はどこまでも続いていて、あまりに範囲が広いので引き返した。すごいことである。プンジャビの人々の寛大さに実に感銘を受けた。

2011 257.jpg

2011 246.jpg

最初は野菜のパコラ。ちょっとこれは終わりかけを集めたようなもので油っこく塩辛く、食べるのに苦労した。

2011 251.jpg

次はたぶん豆の粉を練って揚げたと思われるものと、薄味のピラフに黄色いカレー。カレーには同じ揚げ物が最初から入っていた。カレーソースは辛くなく、正直言ってあまり印象の残らない味。揚げ物も、ずっしりして油っぽいけど特にこれという味はない。仕方ないけどどれも大量に作られた給食的な味がする。

2011 256.jpg

ピザ。まさかピザがあるとは。夫はインド料理だと思って取ってきて齧ったら思いっきりピザだった。おいしかった。
これでいよいよお腹いっぱいになって、最後の1品だけは慎重に選ばなければということに気づく。

2011 261.jpg

そして見つけたヒヨコマメカレー(chana masala)と、揚げパン。揚げパンがふわっふわしてうまい!これはインドで食べなかったな。ナンのようなもっちりどっしり、チャパティのぺったり感とまた違った新しい発見。

ヒヨコマメは、ヒヨコマメ苦手な私も結構おいしいと思った。ソースばっかり狙って食べてたけど。夫は豆大好き人種なので喜んで食べてた。

ちなみに食べ物はベジタリアン食しかない。プンジャブは鶏肉やら羊肉料理で有名だが、シク寺や祭りではやはり菜食が奨励されている。無料でいただくものなので贅沢は言えない。ピザのチーズは?インドでは乳製品はベジタリアンフードなのだ。

お腹いっぱいになったけど、お腹いっぱいにならなくてもいいから最後のダールとパンだけでもよかったな〜。ちょっと意地汚かったかな〜と反省した。でもとりあえずなんでも味見してみたかったんだよな。

2011 272.jpg

プンジャビダンスも発見。ぴょんぴょんと動きが激しい。私がやったらすぐ息切れしそう。でも見てるほうまで楽しくなる。世界の伝統ダンスの中で一番陽気なんじゃないだろうか(対極は日本舞踊?)

私はパレードの先頭が帰ってくるところを見れるかなと思って、待っててもよかったんだけど、また夫が「帰りたい病」を発病。帰ろう帰ろうって、子供か〜!てなわけでパレードを見てないのでちょっと心残りだが帰った。それでも家を出てから6時間は経過していた。公共の交通を利用したのでちょっと不便で時間がかかったというのもある。
全体を見てないけど、あれだけ歩いてたくさん屋台があったのに、地図上ではまだほんのちょっと足を踏み入れただけ。とにかくすごい規模のお祭りだというのは感じられる。実際プンジャブ州外で行われる最大のバイサキ祭のひとつだそうだ。

2011 274.jpg

道路は何車線もある広い道路が歩行者天国になっているというのに、ところどころ人がぎゅうぎゅう詰まって流れない。つーか右側通行(カナダ)左側通行(インド)関係なしで、みんな歩きたいところ歩く!これぞインド。
おもしろすぎ。また行くぞ。Surreyプンジャビの皆さん、Dhanwaad


We went to Vaisakhi festival in Surrey.
Thank to the Sikh hospitality, the food from stand was all free in the festival. Like Sikh temples in India give free food to equally
everyone include non-Sikh.
I have read there's free food but I didn't expect like this! so many stands...all free! This is incredible.
We really didn't expect like this so at the beginning we was taking whatever we found, then got stuffed. After all, we realized that we could have chosen more carefully because there were so many stands.

First dish is deep fried...vegetable? Second is deep fried bean(maybe) flour ball and curry and pilaf. In the curry I found same fried bean ball. They did tasted like mass-product food... But it's understandable and I'm sorry to say...

Pizza was ...a pizza. My husband thought it's something Indian then found it an ordinal pizza. But was good.
Last one is masala chickpea with deep fried bread. This was really good, Even though I'm not keen on chickpeas, I enjoyed. Well.. I enjoyed more on the bread, my husband enjoyed more on the chickpeas. The bread was so fluffy and bouncy. The dough seems different from naan which is doughy.

It's all vegetarian food. Sikh is not vegetarian religion but in the temple or traditional festival, vegetarian is recommended. Ah, cheese on pizza? in India, dairy product is vegetarian food.
I got stuffed. That was not our goal. To taste many thing was. So I regret that I got stuffed. Then what really good at the end was only the last dish. But this is point of view from result of trying.

We found a dance booth too. I love punjabi dance. It's so cheerful and bright. I want to try but sure I'm gonna be out of breath badly.

We barely saw the parade because when we arrive, we caught just the end and it was gone. I could have wait for its returning but my husband become a kid "let's go back, mum!!". Anyway, when we came back home, it was 6 hour past from when we left, even because we used public transport.
Even though I've seen just a part, I can feel it was huge huge festival. It was packed with so many people and they walk where ever they want without rules like walking right side (Canada) or left side (India). It reminds me chaos in India. Nice, I want to come again.
Dhanwaad!
posted by バンクーバー三昧 at 12:37| Comment(1572) | TrackBack(0) | イベント・レジャー Events, leisures... | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

S&W Pepper House

S&W Pepper House

2011 189.jpg

四川料理店として人気がありかつオーセンティックと定評のあるレストラン。クリスタルモールの1階にある。
非常に小さく、ちょうど満席で10分ほど待った。表には待ち用にプラスチックのいす(アジアの屋台のやつ)が積んであったので使用。

SW.jpg

メニューはまあやはり四川料理一筋というわけでもない。しかしそれほど種類は多くない(店の規模にしては多いかもしれないが)。
待っている間に表の写真を見て蘇州料理の松鼠魚を発見、使う魚を聞いたらrock fishとのこと。表の写真には石班(ハタ)と書いてあった。夫は最後まで迷っていたが、「やっぱり魚は水槽のある店で食べる」と言って取らなかった。
よく考えたら水槽のある店って広東料理なので松鼠魚はないと思うし、普通は川魚を使うらしいけど・・・参考になるブログでは甘酢にケチャップが入ってるというのでちょっとそそられない料理でもあることだし、まあいいか。でも次また来たらケチャップ使ってるのかどうか聞いてみようかな。

で、選んだのは夫妻肺片(牛モツのピリ辛冷菜)と酸豆角炒肉(酸っぱい十六ささげと豚挽肉炒め)。どちらも前から食べてみたかった料理だ。

夫妻肺片

2011 192.jpg

モツは!?

2011 193.jpg

肉の下に隠れていた。

もっと臓物がいろいろ入ってる料理なはずだけど、よく見たら英語表記には「牛すね肉とハチノス(牛の胃)」と書いてる。
でもうまい。味がしみてる。香菜が重要な役割を果たしている。もともと好きだけど、こういう料理に入ってると輪をかけてうまいと思う。ピーナッツもうれしい。辛さは控えめ。熱くないからかもしれないけど、休みなく食べれるくらい。ほんとはもっと辛いのかな。調味料は多いはずなのに牛の香りが口に広がって、牛独特の甘みも感じられる。これは好きだ。

酸豆角の入った料理は一度試さなきゃと考えていた。酸豆角というのは豆角(或いは豇豆;日本語で十六ささげ。サヤインゲンを長くしたようなもの)を酸っぱくなるまで発酵させた漬物の類だ。

2011 190.jpg

この酸豆角炒肉。豆角がぽりぽりと噛み応えがよく、癖になる。辛味はやや辛い。甜麺醤かなにか入ってるのだろうか、ちょっと味噌っぽい味もした。
酸っぱさはというと、口に入れただけでは酸っぱさは感じない。しかし酸豆角を噛むと、噛めば噛むほど酸っぱい。ここが酢漬けとの違いだろう。酢臭さがなく柔らかな酸味だ。マイルドだけど、ご飯がなければ食べ続けるのは難しい(実は酸っぱいものは得意ではない)。茶碗1杯頼んだご飯はあっという間になくなってわれわれは満腹。この皿からは10分の1ほどしか減らなかった。持ち帰って消費を試みるも一向に減らず、4日目でチャーハンにしてやっと食べ終えた。うまいんだけどたくさんは食べられない類の食い物だ。


2011 195.jpg

今回発見したがクリスタルモールのそばには図書館があって、その前にはなかなか雰囲気のいい小さな公園がある。少し散歩したが、日がさしているのに空気が非常に冷たい(ほんの5日前のこと)。もっと暖かくなったら(というか夏になったら。夏が日本の初夏ぐらいの気候だから)フードコートでテイクアウトしてここで食べるのもいいかも。
今回はフードコートで熱い香港ミルクティーを買ってきて公園で飲んだが、寒いのでついたくさん飲んだら胸焼けした。むちゃくちゃ濃かったもの。インドのチャイ並みで。インドではチャイはおちょこみたいな器で飲むけど、やはりあれが適量なんだな。

It's popular and said to be authentic Sichuan restaurant. It's in the Crystal mall and really tiny. Before we went in, the seats were just got filled, so we had to wait about 10 minutes. Even while we were waiting, other customers were coming. We wait on the plastic stools like the ones used for street food in Asia.

The menu is not only Sichuan dishes. They have squirrel fish松鼠魚(deep fried whole fish with sweet and sour) which is from Jiangsu.
In Chinese, written it's "grouper"石班. The waitress said they use "rock fish"(I don't know what is it). My husband wanted to be more discreeet in having fish in a restaurant we come first time. We didn't take it. Also because I have read somewhere that generally 松鼠魚 contains ketchup. I'm not against ketchup but turns me off if I feel it too much in Asian dish.

We chose 夫妻肺片fuqi feipian, beef shank and tripe in chilli. I thought there were more organs, because this is organ dish in my knowledge. Instead, there was just a little bit of tripe hidden in lots of shank slices. Anyway, it was good. Its got beef fragrance and sweetness even with a lot of spices.

Also 酸豆角fermented green cowpeas(it's like long green beans) is what I was always thinking to try. It's sour by natural fermentation.
Hotness was quite strong to me. Then I felt also a bit of miso...must be tian mian jiang or something.
Green beans was nice and crunchy.

So, how sour is? It's not sour at all first in your mouth, but when you chew, you feel sour. More you chew, more it's sour. That is the difference from vinegar pickles I think. You feel mild sourness without smelling the vinegar. It's mild, but for me(not very tolerant to sourness), still difficult to keep eating without rice. It makes us eat rice. We had 1 small rice but it finished quickly and we got stuffed. Still the left over on this dish was like 90%.

So we took it home and tried to consume at home, but it took us 4 days. At the end, I put in the fried rice then finally finished.
It's kind of the food that although it's good, you can't eat a lot.

We found there's a public library with nice garden near by Cristal mall. It was really cold crisp air even though there was strong sun light (it was 5days ago from this post). Summer time it will be really nice if we take out food from crystal mall and eat on the green here.
This time, I took out a hot HK milk tea and drink in this park. The hot drink was so good in the cold weather so I drunk it too much. Then I had heart burn. Because that milk tea was really thick, concentrate drink. It was like chai. In India, they drink chai in very small cup...see, there was reason.
posted by バンクーバー三昧 at 14:25| Comment(1770) | TrackBack(0) | 四川系 Sichuan and around | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

Portuguese egg tart @Yaohan centre Osaka supermarket



またまたリッチモンド。リッチモンドはショッピングセンターの町だと思う。ヤオハンセンターに行ったことがなかったので行ってみた。
ヤオハンはショッピングセンターの名前としてしか残っていなくて、入っているスーパーは「大阪」というT&Tの系列。珍しくフードコートが1階にある。フードコートで軽く食べたけど目新しいものがなかったのでパス!

スーパーはまたちょっと微妙にT&Tと違う感じ。ベーカリー、惣菜がもっと充実しているかな。飯糰(台湾の巻きおにぎり)をその場で作って売ってた。もち米でどっしりと重そう(食べるにも、持ち歩くにも)だったのと、具を選ぶのが面倒そうでちょっと・・・と次の機会にする。

ベーカリーで見つけたのがポルトガル式エッグタルトPortugese egg tart! これ、上海の香港飲茶チェーン店(避风塘bi feng tang)で食べて病みつきになった。バンクーバーでは普通の飲茶ではお目にかからなかったが、とうとうここで再開を遂げた。
普通の香港式エッグタルトはタルト生地がクッキー、しかも中国のクッキーぽくってラードが使われていて、噛むとほろほろ崩れる感じ。それに対してポルトガル式は生地が層になっててコシがある、バターたっぷりのいわゆるパイ生地。
中身は香港式はしっとりと硬め、ポルトガル式はとろりとミルキー。
個人的にはポルトガル式が圧勝。中国ベーカリーで売ってる中国クッキーっていまいち好きじゃないし。

2011 135.jpg
2011 144.jpg
このスーパーのも期待通りだった。中身とろとろ。トースターであっためても、避风塘の出来立てのと比べるとぱりぱり感がないけど、そこまで期待してない。実は家で作るのも、冷凍パイ生地を使うと簡単なんだけど、やっぱり買ったほうがうまい。

Richmond is a city of shopping centres. This time we went to Yaohan in Richmond and ate in food court but I don't blog because nothing new. In the Osaka supermarket, we've seen they are making 飯糰fàntuán (Taiwanese rice roll)
but this glutinous rice big like a log looks heavy to eat here and heavy to take around. Next time...

I found Portuguese egg tart in the bakery corner! I became a fan ever since I had it in Shanghai, at HK dimsum chain restaurant(避风塘bi feng tang).I have never seen on the menu in dimsum restaurants in Vancouver, but finally I came across.

Normal HK egg tart has the cookie...Chinese cookie-ish shell which contains lard. It's flaky, powdery and fragile. Portuguese one's shell is so-called puff pastry which has layers. It's more tight and a little bit elastic and buttery.

HK one's filling is more firm compare that Portuguese is more melty and milky.
I personally give an award to Portuguese. I'm not fan of the Chinese cookies also.

Mmm....melty!
This supermarket's one satisfied my expectation. Even though I warm it up in the oven toaster, it doesn't be crispy as Bi feng tan's fresh one but I don't expect too much.
In fact, it's even easy to make it at home if I use frozen pie sheet, but not as good as the ones I liked.

posted by バンクーバー三昧 at 10:55| Comment(1223) | TrackBack(0) | 飲茶 Yam cha | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

pasta with rapini @home

今中華料理にはまってるのはなんか種類が多くて研究(?)しがいがありそうなのと、それが豊富な街に住んでるからなんだけど、実は一番好きな食べ物はトマトソースのパスタである。イタリアに7年住んで半分自分のソウルフードになってしまってるからかもしれないから、あと7年ここに住み続けたら、なんと答えるか楽しみでもある。

そんなわけで家で作るのはパスタが多い。
トマトソースは写真とってないのでまた別の機会に回すとして、今日はチーメ・ディ・ラーペのパスタ。チーメとは先端、つまりつぼみのことで、ラーペは蕪、しかしつぼみを食べるための品種の蕪なのだ。日本の菜の花によく似ているが、イタリアではつぼみだけではなく結構下のほうの葉っぱまで付いて売られている。

これが大好物で、カナダでも売ってたらいいなと思っていたんだけど、やはりカナダ!何でもあるカナダ万歳!

2011-photo 070rape.jpg

スーパーでラピーニという名で売られている。冬の安い時期では1ポンド(約450グラム)で2.5ドルほど。緑が濃く新鮮なものが手にはいるかは入荷状況によるから、新鮮なときに買う。

イタリアよりは結構高くつくけど、イタリアで売られているでっかいごつい葉っぱがワサワサ付いてるのより廃棄部分が少ないし、物価と比べても悪くはない。しかもイタリアのものよりほろ苦くて味が濃い。それにイタリアが冬だけなのに対してこちらでは年中売っている。

この野菜ほんとに味が濃くて旨みが強い。そしてアブラナ科の野菜特有の、かすかにカラシのような鼻に抜ける風味、そしてほろ苦さ、歯ざわり。イタリアでは主に家庭で食べられるのでレストランで見つけるのはすこし難しいかもしれないが、晩冬から春先にイタリアを訪れるなら探してでも食べてほしい。ただしイタリアでは火を通しすぎる感があるので一番なのは自分で買ってさっと湯がくことだけど。
私の中でこの野菜は最強であり、中国野菜にもつぼみを食べるものはいくつかあるけど、まだこれよりおいしいと思ったものはない。

下処理は、まずつぼみをその下に生えてる小さい葉っぱごと折って(5〜10センチ)、残った茎から葉っぱを除いて、茎の固い筋を切り目から引っ張って除く(大体で)。ものによって茎が硬くて下から何センチか捨てなければならないものもあるので、折りながら判断する。
葉っぱはざく切り、茎も5〜10センチくらいに切る。
塩水を入れて沸騰した鍋に葉っぱ、茎、つぼみの順に入れてゆがく。あっという間に火が通るのですぐにあげる。

このままオリーブオイルをかけて食べるのもうまいけど、フライパンににんにくと唐辛子を入れて熱したオリーブオイルたっぷりの中に、ゆでたパスタとともに投入してすばやくジャッとやって食べるのが最高。
イタリアでのラーぺのパスタの定番はオレキェッタという耳型のパスタだが、他の生パスタでもいい。オレキェッタは中力粉を使った卵無しの白いもちっとしたパスタなので、うどんによく似た触感だからよくうどんでも代用する。

オリーブオイルとにんにくの旨みも合わさってるので、旨すぎて飽きずに延々といくらでも食べれる。

2011-photo 067pasta.jpg

(写真のはにんにくを揚げた熱々のオリーブオイルを、ゆでたパスタとラーペを入れたボウルに直接かけまわしてよく和えるというもう一つの作り方でやったもの)

I used to eat CIME DI RAPE when I was living in Italy. I liked so much this vegetable. So I was wondering if there is even in Canada.... Thank Canada! There are everything! They are sold as "rapini"(cute naming!).
They are much expensive than in Italy, but the parts I have to throw away are much less. Anyway in Canada, many vegetables are more expensive than Italy. And they are sold all year round despite in Italy we could buy only in winter!

Typical pasta to make rapini pasta in Italy is ORECCHIETTA, the wheat flour short pasta without egg, shaped like ear. It has chewy texture like udon. So often I substitute orecchietta by udon.
Just fly garlic and chili in olive oil, add boiled udon and boiled rapini. Simple. This makes me eat forever without stopping.

(pasta bowl on the picture is made by the recipe that pouring hot olive oil with garlic into boiled pasta and rapini then stir well)
posted by バンクーバー三昧 at 12:45| Comment(1168) | TrackBack(0) | 洋食 Western | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

Mui Ngo Gai

Mui Ngo Gai


フォー以外にもいろいろある店というテーマで探し当てたベトナム料理店。
昼は麺とご飯ものが中心、夜はそれに加えて麺以外の料理がいろいろある。しかし麺でもほかでは置いてないようなのがある。
そのうちのひとつ、タニシと豆腐とトマトの乗った汁麺、ブンオックBun ocに決めた。それと前菜からバインボットロック、バナナで包んだタピオカ粉、エビと豚肉入り。

Banh bot loc

2011 103.jpg
2011 101.jpg

期待通りプルプルフルフルのモチモチ。戻した干しエビと豚肉のかけらもうまい。

Bun oc

2011 100.jpg
2011 104.jpg

タニシはちょっと硬い。が、かみ締めると味がある。臭みはまったくなく、ハーブ類で味付けされて煮込まれているのがまたよい。厚揚げ豆腐はまあこんなもんかという感じ。トマトがいい味を出す脇役。麺は有名なブンボーフエの麺と同じ。ここのはちゃんとコシがある。ハノイ料理だそうです。

また来て他の珍しいものを食べてみたいと思う店だ。


Banh bot loc (tapioca flour steamed in banana leaf)
It has a piece of pork and dried shrimp in. Slippery and glutinous. Nice.

Bun oc (snail noodles with tofu and tomato)

A Hanoi speciality. Snails were a bit too chewy. But tasty. Not fishy or muddy because were stewed long time with herbs. Fried tofu was so so. Tomato makes the soup tasty modestly from the side. Noodles were same as famous Bun bo hue. They cook it al dente in this restaurant.

We must come back.
posted by バンクーバー三昧 at 12:48| Comment(1131) | TrackBack(0) | ベトナム料理 Vietnamese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

飲茶@Dung sing chin seafood restaurant



Dung sing chin seafood restaurant

Golden starという広東料理店が、内装も料理系統もそっくりそのままで看板の名前だけ変えた。スタッフまで同じメンバーで、いったい何が変わったのか・・・。
ともあれ以前行ったことはあるがもういちど行ってみることに。

2011 077dungsing.jpg

green beans with minced pork & dried olive 欖角肉碎四季豆
サヤインゲンとひき肉とオリーブ*

細かくしたオリーブ*の実とひき肉はこげていた。中華でオリーブの実というのは初めて食べるが、味がわからなかった。塩辛いのと焦げの味だけ。サヤインゲンはうまかった。

*追記:本当は橄欖とオリーブは別物だそうです。この場合メニューの英語表記でオリーブ、中国語表記で橄欖の欖の字が使われていて、はたして出てきたのがどっちであったか・・・。まあこういう場合たいがい中国語のほうを信じればいいので、橄欖であった可能性が高いです。
今回は残念ながら焦げで味がわからなかったのですが、そのうちちゃんと橄欖を賞味してオリーブとの味の違いを知りたいです。


2011 079dungsing.jpg
2011 080dungsing.jpg

Beef meat balls with fresh bean sheets 山竹牛肉球
肉団子と湯葉

でかい肉団子がちっこい湯葉の上に載って来た。もうちょっと多めの湯葉を期待してたんだけど・・・肉団子を巻いてるとか・・・。ともあれ肉団子はふんわり柔らかい。

2011 089dungsing.jpg

steamed fish maws with shrimp paste 百花譲魚肚
魚の浮き袋とエビ団子
fish maw 浮き袋↓

2011 090dungsing.jpg

これも同じ類の料理。でかいエビ団子が浮き袋に乗ってきただけ。またしても凝ったものを期待していた。魚の浮き袋は初めて食べた。夫はいたく気に入って「(牛の胃の)ハチノスみたいだ」と言ってたが、私は苦手。癖がある。もしかしたら煮詰まった鶏だしをたっぷり吸わせたものだからなのかもしれないが、独特の胸焼けしそうな味がする。たぶん調理しだい、濃い調味料とかなら食べれそう。

2011 083dungsing.jpg

Taro with pumpkin dumplings 香芋南瓜餃
タロとかぼちゃ餃子
ふつーですね。皮は潮州餃子と同じ。

2011 085dungsing.jpg
2011 087dungsing.jpg

Spareribs with special rice noodle in hotpot 排骨陳村粉煲
土鍋入りスペアリブの陳村粉
陳村粉は米麺の生地を薄くしてくしゃくしゃにたたんで切ったもの。出てきたのは蒸した素の陳村粉に上からタレがかかってるもので、汁気がなくタレも十分にかかっていなかった。その上、麺は固まってて広がらなく、味が廻りきらない。いまいち。

以上、どの料理も同じ店では再挑戦しようと思わない・・・。



A restaurant called Golden star became this Dung sing chin. Nothing has changed except the name and sign. Same interior, same cuisine, even same staff.
We have been here when it was golden star but we gave another chance.

Dim sum(yum cha). Even this time we swore each other to pick always something new to us. So all below are the dishes we never had before.

green beans with minced pork & dried olive* 欖角肉碎四季豆
Minced pork and dried olive* was all burned. It's first time for us to have olive* in Chinese restaurant, but we couldn't taste it. Tasted just burned and salty. Green beans were good.

* A reader commented that 橄欖ganlan and olive are totally different plant. (olive in Chinese is 油橄欖) So this case, on their menu in English says olive, in Chinese says 橄欖(欖角), which one they serve...? In many cases like this, Chinese menu is more reliable, so it was probably 橄欖. But I couldn't taste because of the burn. I wish I'm going to taste 橄欖 someday, and tell the difference from olive.

Beef meat balls with fresh bean sheets 山竹牛肉球
It was huge meat ball and a little tofu skin sheet under. I expected more tofu skin, hoping maybe rapped around... Anyway, meat ball was tender and fluffy.

steamed fish maws with shrimp paste 百花譲魚肚
This is same type of food like the one above. huge shrimp ball with piece of fish maw under. Again, I was expecting something like rapped or stuffed.
It was first time we tried fish maw. My husband liked it very much, saying "like the tripe". Yeah, reminds me that, but fish maw has stronger taste. Not really fishy but something too strong. Could be that it sucked too much chicken stock. I didn't like much, or I have to try it seasoned strongly.

Taro with pumpkin dumplings 香芋南瓜餃
Rapping was like Chiuchow dumpling. Normal good.

Spareribs with special rice noodle in hotpot 排骨陳村粉煲(chen cun fen)
It's folded winkled rice sheet cut in wide size. It was kind of dry and sprinkled a little sauce. Noodles are firmed in the folded shape and never got loosen. Tasted dry and the sauce was not enough.

Almost all the dish we felt we don't want to try again in the same restaurant...

posted by バンクーバー三昧 at 09:28| Comment(910) | TrackBack(0) | 飲茶 Yam cha | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

Sun yee cafe (2nd)



Sun yee cafe について書くのはこれで2度目、だが食べるのは4度目になる。最近外食の予算削減を検討している私たち、この香港カフェに行けば安くて量が多くて(地雷を踏まない限り)うまいことはわかっている。そう、難点はメニューが多すぎるせいでたまにいまいち・・・な料理を選んでしまうこと。魯肉飯がいまいちだったのでとりあえず台湾料理は避けることにする。台湾料理を掲げているものの、店員は広東語をしゃべっていることに今回気がついたし。

ここで私は以前から食べてみたかったものを注文する時が来たと思った。チャウメン炒麺である。私は中華はおかず系が好きなのでまだこちらに来てチャウメン単品を注文したことがない。しかし広東料理の店では基本的にチャウメン、と言うとかたやきそば、つまりパリパリの麺にあんかけが載ったものが出てくる、と知って以来、一度食べてみたいと思っていた。私にとってかた焼きそばはやはり普通の焼きそばからグレードアップした、特別料理と言うイメージがある。

チャウメンと言えば全部かたやきそばというのではなくて、シーフードチャウメンとかハウススペシャルみたいなのが確実というのもどこかで目にしたので、通常メニューからハウスチャウメンというのを注文した。夫は冷蔵庫の掃除的なものを出されるのを危惧したけど。

2011 066sun.jpg

ごくまともな感じ。まあカニカマがやや品位を下げているが。9Cドル。
麺は揚げたのではなくて焼いてパリパリになったもの。端がちょっと焦げてる。鶏がすごくやわらかかった。重曹に漬けたのだろうか。あんはやや化調が入っているがジャンクフードほどでもない。

あんかけってやっぱ見た目が楽しい。味もよい。麺は固い部分と、あんに浸って柔らかくなったのと両方楽しめる。でもしばらくはもう食べたいと思わないかも。見た目と比べて意外と味は地味だった。意外感がないというか、基本的に日本のと同じかな。

夫はなんと前回食べた鱼扣煲が今日は何の魚か聞いていた。halibut(オヒョウ)らしい。即効でそれ、と決めていた。保守に走る夫にちょっと驚きつつ、この2日前に妙な魚を食べたせいで何か未練を残したのだろうと納得。

2011 070sun.jpg

2011 074sun.jpg

やっぱり今日もおいしかった。いや、あの魚のせいで数倍おいしいかも。同じ安飯屋なのにあちらは小汚くてこちらは清潔だし、素材を偽ることもないし、なんて話をしながら味を楽しんだ。
味はまたやや化調を感じる。気になる人は気になるかもしれない。私は残りを持ち帰った後、開けたときの匂いで気がついた。またこれも味付けは特に強いものはない。強いて言えば油が強いくらいか。塩加減はちょっと薄く、ご飯とともに食べるにはちょっと物足りない。とはいえ非常にうまく調理されていて少ない調味料でも印象に残る味だ。

4回目ともなると店員も覚えててくれて、びっくりするほどサービスがよい。平日の2時ごろで客が少なかったのもあるが、何度もテーブルに来てくれてVIP気分になった。

This is second time that I write about Sun yee cafe, but we have been there already 4 times. We are trying to low down the budget, so we head towards this Hongkong style cafe because we know this place serves cheap, good and big portion, unless you don't get wrong what to order. They have a big menu, too big. That's why some dishes are not really special.

I came up with the idea that I have to eat simple Cantonese "chow mein" because I have never tried in Canada. Yes, the crispy noodle with starchy sauce one. We have same dish in Chinese restaurant in Japan(kata-yakisoba). There's even Nagasaki "speciality" called Sara-udon. Nothing to do with udon, (I think they didn't know how to call "noodles" in the old days) but they use bit thicker noodles than Cantonese version.
For me, crispy chow mein with starchy sauce is something fancy, grade-up from just a fried noodle. Something I excite.

So I wanted to try in abroad at least once since I read somewhere that if you order chow mein in Cantonese restaurant, usually comes that crispy type, if it's house or seafood chow mein, it's sure.

I ordered "house chow mein" $9 from the normal menu. Here it came. The crispy one. It was crispy, especially on the edge. But was even burned a bit. The chicken leg chunk was so tender. There was a little bit of MSG in the sauce but I didn't feel it like junk food. But fake crab degrades the whole dish a bit.

I like starchy sauce, it looks nice and happy. You can enjoy this dish on the soaked part and crispy part.
But I don't think I want to eat this often. The taste was kind of modest and same like the one in Japan, not so exciting.

My husband asked what fish for "fish hot pot" today is. This is the clay pot fish we had last time. The server told us it's halibut. He ordered one. I surprised how conservative he is.
Anyway, even this time it was very good. Actually I felt even better because of the fish 2 days ago from this time. This place is clean and they are honest, with roughly same or even cheaper price.

What I notice was a bit of MSG. Who is sensitive may be bothered of.
Also this dish has no strong flavor. Strong oil and garlic, if I have to point something. There's very little salt which makes difficult to eat with rice. However, this tastes really well cooked food.

After visiting 4 times, they remembered us and gave us a great service. Even because it was 2pm on week day, there was only a few customers, we received a VIP treatment!
posted by バンクーバー三昧 at 08:22| Comment(1003) | TrackBack(0) | 中国南方料理 Southern Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

On lok


On Lok Restaurant & Won-Tun House

うちの近くだけど近所というほど近くない。何度も前を通って気になっていたワンタンと麺粥の店。
昔からある古い店らしい。内装も古そうな感じである。驚くのが白人率の高さ。歴史の長い中華レストランは白人が多い。

テーブルは全体に小汚く隅に食べ残しが残されていた。しばらくして来た食器が汚くて替えて貰ったものの、次に来たものも同じ・・・。
とりあえずワンタンを。

2011 044on.jpg

中身はエビと、ミンチではなく、小さく切った豚肉。豚の歯ごたえがはっきり感じられてなかなかよかった。しかしスープはなぜか微妙に苦く、あまりおいしくはなかった。

入るときに目に付いた張り出したメニューで、Cod fillet chop sueyというのがあったのでそれを頼んでみる。8ドルちょい。チョプスイというのは北米では定番の中華料理で、肉といろんな野菜を炒めてたっぷりとろみをつけたもの。あまり目新しいような料理ではないが、こちらに来て食べたことないので一度食べてみようと思った。

2011 045on.jpg

それと外食でも野菜を、と思っているところなので、ゆでレタスのオイスターソース。

2011 049on.jpg

稀有するまでもなくチョプスイに野菜がたっぷりはいってたけど。それとご飯も頼んだ。ご飯は香ばしいジャスミン米だった。

さて、チョプスイの「鱈の切り身」を食べ初めてすぐに、妙な泥臭さが口に広がった。野菜をあれこれ食べて口直ししてからもう一度挑戦してみるも、やはり魚を食べると泥臭さがする。これは、鱈ではない。こちらでよく売っている安い淡水魚、ティラピアかバーサだ。
まあ面倒なのでここで黙っていてもう二度と来なかったらいいじゃない・・・なんて言ってたけど、夫は一言言わなければ気がすまないらしく、ウェイトレスを捕まえてこれは何の魚かと聞いていた。
当然「タラです」という答えが返ってきたわけだが。(そりゃ料理名がタラのチョプスイなんだからそう答えるわな)

2011 048on.jpg

それで引き下がらずに「これはタラじゃないから厨房に聞いてきて」と頼んでいたが「タラって言ったでしょ」と怒ってしまって聞き入れてもらえない。アジアではよくあることだけど。
もう一度呼び止めると怒りながらようやくキッチンスタッフを呼んでくれた。料理人はタラだと主張しながら生の魚が入ったボウルを持ってきて見せてくれた。正直言って私には白身魚の切り身というだけで判別できない。

まあ取り替えろと要求したわけではないし、むこうはタラだといって引き下がらないので、「もういいよ、どっちにしてもおいしいから」とまとめた夫。普通に会計して(税込み22Cドル+チップ)帰った。出るときに2,3人のスタッフのそばを通っても無視されたよ。

夫は見せてくれた生のはタラではないと言う。過去にも夫はフィッシュ&チップスの店で(冷凍でないと事前に聞いて)出された魚を「冷凍だ」と言って店の人は「冷凍じゃない」と言ってお互い譲らなかったというトラブルを起こしている。その時は夫一人の意見だし、冷凍であろうとなかろうと同じ魚なんだし味は私レベル(魚の賞味レベルの低い日本人=一般カナダ人)ならわからないことなんだから細かいこと言わなくてもいいじゃないかと思って傍観していたのだが。
しかし泥臭さはさすがに私にもわかる。
なんにせよひどく白い目で見られたのでやっぱり黙ってたほうがよかったとは思うけどね。


Every time we pass by, we thought we have to try once On lok.
It's old wontun restaurant. When we walked in, were surprised how many westerns there were.

Interior was old and dirty-ish. Even the table was not cleaned properly. When the table wears came, were not washed well, so we asked to change it. But the replacement was almost same.

We ordered wontun soup because it's wontun house.
The filling was shrimp and pork, pork was not minced, was diced and quite chunky. I liked. But soup was not very tasty.

When we walked in, we saw the board for today's special. One of these was Cod fillet chop suey. Actually, we didn't know what to order in wontun restaurant other than wontun. And we have never ordered chop suey in Canada because we always went for something new. So I thought this is the chance. We ordered cod fillet chop suey. Was $8 and something.
And lettuce with oyster sauce for veggie. And rice. Rice was fragrant jasmine rice.

Soon after start eating chop suey, I felt muddy taste in my mouth. I thought my mouth was wrong. I ate some vegetable to fix my mouth, then tried again the fish. Muddy again. This is fresh water fish, tilapia or basa. My husband's opinion was same. We both don't like these muddy fish.
I said well... it's not something un-edible, I would not say anything and not gonna come to eat again. But my husband always "try"s.

He asked the staff what this fish is. Of course, she answered "cod". Naturally, all the serving staff would answer like her because its name is "cod fillet chop suey"LOL.
Then, he said "Ask to the chef because this is not cod". She didn't seem she wants to. My husband asked again, then she got upset. She kept doing her things. (This happens in Asia a lot)

After a bit, again, my husband caught her and asked to call the chef. Then finally she took the chef. The chef gave same answer; "this is cod". The nice thing is he went back to the kitchen and took the raw fish fillets in the bowl to show us. This is honest behavier, we appreciate. But it was not cod, according to my husband. Me, I cannot tell anything by the look, just it was white meat fish.

My husband was seafood chef long time in Italy. He says even though in Italy there aren't tilapia nor basa, nor even cod, now he knows them well after working in some restaurants in Canada; he can tell if it's cod or not, just by taking look at fillets.

But the chef didn't admit that was not cod. Finally my husband said, "OK,OK, anyway it's good dish. Thank you very much". Then the chef left. We paid with tip normally and went out. (22$ with tax before tip)
When we left, everyone ignored us.

That's why I didn't want to say anything.
In the past my husband has done similar fuss in a fish & chips. It was after few month we landed in Canada. He complained that they used frozen fish even though he made sure before ordering that is not frozen. And the restaurant didn't admit the complain. Now he realizes that in Canada, everywhere you go, they use frozen fish for the safety, even if it's fresh. But that time he was too strict.
I was watching it thinking this is just a no name fish & chips and no one cares if it's fresh or frozen. That was only his opinion from tasting, that fish was frozen. I wasn't bothered by the taste. If I (less fish eater Japanese) wasn't bothered, I think it's OK for almost everyone.

This case, even I felt the wrong taste. Was clear. But anyway, I still think it was better to don't say anything if I knew that they don't replace the dish nor compensate in any way, plus I had to go through their cold attitude.

posted by バンクーバー三昧 at 07:25| Comment(87) | TrackBack(0) | 中国南方料理 Southern Chinese | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。